DMMBitcoin(DMMビットコイン)の手数料って?他社と徹底比較

▼おすすめの取引所ランキング

本記事ではDMM Bitcoinの各種手数料について書いていきたいと思います。

DMM Bitcoinは手数料が高い? 安い? 他社と比較してどうなの?

そんな疑問を解決できるように各種手数料の詳細をまとめていきます。

DMM Bitcoinの詳細が知りたい方は下記の記事へどうぞ。

仮想通貨取引所である「 」を徹底解説します! DMM Bitcoinのメリットから登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。

概要

DMM Bitcoin
取引時間24時間365日対応(取引における1日の区切り(計算区域)は午前7:00~翌午前6:59)

*ただし、毎週水曜日正午1200~午後600はメンテナンスで取引できないそうです。

 注文方法 現物取引:BTC、ETH / レバレッジ:BTCETHXEMXRPLTCETCBCH
信用取引(レバレッジ)有り(DMM Bitcoin対応通貨全て)
取引ツールPC用アプリ、iOS/androidのネイティブアプリ
 公式サイト DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは取引所

一般的に仮想通貨取引所と呼ばれるものには「販売所」「取引所」の2種類があり、DMM Bitcoinは販売所のみを運営しています。

▼取引所と販売所の違い

初心者の方必見です! 仮想通貨を売買する場として仮想通貨販売所と仮想通貨取引所の二種類があります。 本記事では、「販売所」と「取引所」の違い

DMM Bitcoinは販売所であるため手数料にスプレッド(売値と買値の価格乖離)が発生しています(FXにおけるレバレッジ手数料を除く)
販売所は取引所よりも、実質的な手数料が高くなっていると考えましょう。

手数料が無料!?

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ手数料を除けば、各種手数料が無料ということで話題を集めています。

しかしそれは、販売所形式及び、FX取引形式のみで運営しているためになります。

実際にはスプレッドという価格乖離がありますので、ほかの取引所と比べると買うときは高値、売るときは安値がつく傾向があります。

各種手数料が無料といっても、スプレッドにも気をつけて判断する必要があります。

 DMM Bitcoinの手数料一覧

仮想通貨取引所には以下のような手数料が存在します。

  1. 入出金手数料
  2. 仮想通貨送金手数料
  3. 売買手数料
  4. レバレッジ手数料

それぞれの手数料について、他社と比較しつつまとめていきます

入出金手数料

入出金手数料は、仮想通貨取引所に銀行などから日本円を入金・出金する際の手数料です。

基本的に入金手数料は、別途銀行入金の手数料が必要になりますが、多くの取引所で無料です。一方出金手数料は多くの取引所でかかります。また、クイック入金という急いで入金が可能なサービスにも手数料がかかります。

DMM Bitcoinに関してはこの入出金手数料が無料となっています。

入出金手数料からクイック入金手数料まで全て無料なのはDMM BitcoinかGMOコインしかないので、仮想通貨の出し入れが多い方には魅力的な部分であると思います。

こちらが他社の仮想通貨取引所と比較した入出金手数料の一覧になります。

取引所名入金手数料出金手数料クイック入金手数料
DMM Bitcoin無料(振込手数料負担)無料無料
ビットフライヤー無料(振込手数料負担)216円 〜 756円324円
ビットバンク無料(振込手数料負担)無料(振込手数料負担) −
zaif無料(振込手数料負担)350円 〜 756円486 ~ 594円
GMOコイン無料(振込手数料負担)無料無料
QUOINEX無料(振込手数料負担)出金手数料あり(振込手数料負担) −

やはり、入金手数料に関してはDMM Bitcoinは手数料が安い(というか無料)仮想通貨取引所であり、高評価のポイントではあります。

仮想通貨送金手数料

送金手数料とは仮想通貨をウォレットや他のアドレスに送る際の手数料で、仮想通貨出金手数料と同義になります。DMM Bitcoinのビットコインの送金手数料を例に出すと、送金手数料は無料となっています。

ですが、マイナーへの手数料負担と言うものがあります。下記が参考にして下さい。

入庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はお客様負担) 出庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はお客様負担) ※BTCのマイナーへの手数料は0.0008以上で出庫予約時にご指定ください。 ※ETHのマイナーへの手数料は0.001固定となります。

それでは他社とのビットコインの送金手数料を比較してみましょう。

取引所名送金手数料
DMM Bitcoin無料(マイナーへの手数料負担)
ビットフライヤー0.0008 BTC
ビットバンク0.001 BTC
zaif0.0010 BTC
GMOコイン無料
QUOINEX無料

マイナーへの手数料は負担しますが、送金手数料のかかる他社よりも、低い送金手数料となりますね

売買手数料

スプレッド手数料

スプレッド手数料を%化してみると、

((購入価格) – (売却価格)) / (現在価格) * 100 / 2で計算できます。

そうするとDMM Bitcoinのビットコインの販売所スプレッドは約2%

DMM Bitcoinのアルトコインの販売所スプレッドは約2%~3%となっています。

以下が他社と比較したスプレッド手数料の一覧になります。

*1月30日現在の数値であるため、現在の正確な状況は各自ご確認ください。

取引所名ビットコイン販売所スプレッドアルトコイン販売所スプレッド
 DMM Bitcoin約2%ETH
約2% ~ 3%
ビットフライヤー約1%ETH、ETC、LTC、BCH、MONA

約3% ~ 5%前後

ビットバンク取引所のみ 取引所のみ
zaif約3~4%MONA
5%
GMOコイン約1% ~ 2%ETH、BCH、LTC、XRP
約2 ~ 3%
QUOINEX取引所のみ 取引所のみ

DMM Bitcoinのスプレッドは以前はもっと広かったのですが、徐々に狭くなってきています。ですが、やはりまだまだ他の仮想通貨取引所に比べると、広い部分もあるように思われますね。

スプレッドはよく変わりますので、頻繁に確認してみるのも良いかもしれません。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは、FX取引の際に発生する手数料となります。

レバレッジ手数料はスワップ手数料とも言われ、DMM Bitcoinにも存在します。

DMM Bitcoinのレバレッジ手数料は

建玉金額の0.04% / 日
のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生

となっています。その他国内取引所もビットフライヤー以外は同程度のレバレッジ手数料なので、アルトコインのFXが豊富なDMM Bitcoinはその分一歩リードしているように思われます。

他社と比較してみた表を見てみましょう。

取引所名ビットコイン|レバレッジ手数料アルトコイン|レバレッジ手数料
DMM Bitcoin0.04/日0.04/日
ビットフライヤー無料
ビットバンク
zaif
GMOコイン0.05/日
QUOINEX0.05/日0.05/日

レバレッジ手数料に関しては、この表を見るとビットコインのFXをするならビットフライヤーとなりますが、アルトコインのFXをするならDMM Bitcoinが最も安いということがわかります。レバレッジが5倍固定という部分はありますが、種類も豊富ですので、アルトコインのFX取引をするならオススメのように思います。

まとめ

本記事ではDMM Bitcoinの手数料についてまとめてきました。

DMM Bitcoinの手数料をまとめると、

  • DMM Bitcoinには手数料は存在する
  • スプレッド手数料は高い
  • レバレッジ手数料は平均的
  • 入出金手数料は無料となっている
  • 送金手数料も無料(マイナーへの負担あり)

となっています。

このような手数料の特徴がDMM Bitcoinにはあることがわかりました。

良い部分、悪い部分を他社と比較して、仮想通貨の取引を始めてみましょう!

こちらは取引所の総合ランキングになります。これを見て自分に合った取引所を見つけましょう。

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の総合ランキング! 【1位】GMOコイン 下げ相場でも利益を出せるビットコインFX、今の相場環境なら最適!

DMM Bitcoin 仮想通貨取引所