Zaif(ザイフ)の手数料って?マイナス手数料等をまとめてみた!!

▼おすすめの取引所ランキング

本記事ではZaif(ザイフ)の各種手数料について書いていきたいと思います。

Zaif(ザイフ)は手数料が高いと言われていますが、実際どうなんでしょうか。

Zaif(ザイフ)の詳細が知りたい方は下記の記事へどうぞ。

『』は、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロ社は、実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するためのICOプラットフ

概要

Zaif
取引時間24時間365日対応
 売買形式 取引所/販売所
信用取引(レバレッジ)無し
取引ツールPC用アプリ、iOS/androidのネイティブアプリ
 公式サイトzaif公式へ

 Zaifの手数料一覧

Zaif取引所には以下のような手数料が存在します。

  • 売買手数料
  • 入出金手数料
  • 仮想通貨送金手数料

それぞれの手数料について、他社と比較しつつまとめていきます

取引所って?販売所って?

まず仮想通貨取引所を使うにあたって、売買形式が2種類あることを知っておくべきです。

それは「販売所」、「取引所」の2つとなります。

購入方法としては、

  • 販売所:販売元から直接買う
  • 取引所:「板」で、他のユーザーから買う

詳しくは取引所と販売所の違い」の記事に書いてあるので、是非。

昨年から話題のビットコイン。 あなたはもう入手しましたか? 「買ったことあるけど、買うときの手数料が高い・・・」 そんな風に思ったこと

Zaifに関しては売買形式として

「取引所」「販売所」の両方を運営しています。

を取り扱っています。

 マイナス手数料って?

zaifはビットコインの取引手数料が脅威のマイナス0.05%です。他の大手取引所でも、ビットコインの取引手数料が0の所はありますが、マイナスの所は他に存在しません。

少額ではありますが、取引すればするほど手数料としてお金をもらうことができるため、取引頻度の多い人はzaifを積極的に利用することをオススメします。

短期トレードをするならzaifを使っていくのがオススメと思います。

マイナス手数料で取引を始める

取引手数料

Zaifは取引所形式、販売所形式の2種類で売買を行っています。

そのため、取引所での「取引手数料」、販売所での「スプレッド手数料」が発生してきます。

取引所での取引手数料は上記したとおり、Zaifはマイナス手数料となっており、

取引すればするほど、むしろお金が入ってくるような形

となっています。

販売所形式でのスプレッド手数料は他社の販売所のスプレッド手数料と比べ、高い数値が出ていますが、基本的にZaifでは販売所は使わず取引所での売買を行うと思うので、気にしなくて良い数値だと考えられます。

こちらが、他社と比較した取引手数料、スプレッド手数料の一覧になります。
*1月30日現在の数値であるため、現在の正確な状況は各自ご確認ください。
取引所名ビットコイン取引手数料アルトコイン取引手数料 ビットコイン販売所スプレッドアルトコイン販売所スプレッド
zaif-0.01%
(キャンペーンによりmaker手数料は-0.05%)
 NEM、MONA
maker手数料0%
taker手数料 0.1%
約3~4%MONA
5%
DMM Bitcoin販売所のみ販売所のみ約2%ETH
約2% ~ 3%
ビットバンク 0%
〜2018年3月31日の無料キャンペーン
XRP、ETH、LTC、MONASTERY、BCH
0%〜2018年3月31日の無料キャンペーン
取引所のみ取引所のみ
ビットフライヤー bitflyer LightningによるBTCトレード
0.01%~0.015%
(ただし、1/16 ~ 1/31まで無料キャンペーン中)
bitflyer LightningによるETH/BCHトレード

0.2%

約1%ETH、ETC、LTC、BCH、MONA

約3% ~ 5%前後

GMOコイン販売所のみ販売所のみ約1% ~ 2%ETH、BCH、LTC、XRP
約2 ~ 3%
QUOINEX0%ETH、BCH、QASH
0%
取引所のみ 取引所のみ

こうして他社と比較してみても、Zaifのマイナス手数料が驚異的なことだとわかります。

zaifに 登録してみる

入出金手数料

入出金手数料は、仮想通貨取引所に銀行などから日本円を入金・出金する際の手数料です。

基本的に入金手数料は、別途銀行入金の手数料が必要になりますが、多くの取引所で無料です。一方出金手数料は多くの取引所でかかります。また、クイック入金という急いで入金が可能なサービスにも手数料がかかります。

Zaifは出金手数料が、高い値段になっています。

これは取引手数料がマイナスな分、Zaif内で取引し続けてもらうことが狙いでこのような形になっているのだと思います。

こちらが他社の仮想通貨取引所と比較した入出金手数料の一覧になります。

取引所名入金手数料出金手数料クイック入金手数料
zaif無料(振込手数料負担)350円 〜 756円486 ~ 594円
ビットフライヤー無料(振込手数料負担)216円 〜 756円324円
ビットバンク無料(振込手数料負担)無料(振込手数料負担) −
DMM Bitcoin無料(振込手数料負担)無料 無料
GMOコイン無料(振込手数料負担)無料無料
QUOINEX無料(振込手数料負担)出金手数料あり(振込手数料負担) −

やはり、他社と比べても高い数値になっていますね。

入出金を頻繁に行うのならば、Zaifでなく他社を検討してみても良いかもしれません。

しかしZaifは取引手数料がマイナスなので、1つの取引所で取引をし続けるならば、Zaifをオススメします。

zaifに登録してみる

仮想通貨送金手数料

送金手数料とは仮想通貨をウォレットや他のアドレスに送る際の手数料で、仮想通貨出金手数料と同義になります。

Zaifのビットコインの送金手数料は、0.0010 BTCとなっています。

それでは他社とのビットコインの送金手数料を比較してみましょう。

取引所名送金手数料
zaif0.0010 BTC
ビットフライヤー0.0008 BTC
ビットバンク0.001 BTC
DMM Bitcoin無料(マイナーへの手数料負担)
GMOコイン無料
QUOINEX無料

無料の他社と比べると高いですが、手数料が発生する他社とはあまり数値は変わらない感じですね。

まとめ

本記事ではZaifの手数料についてまとめてきました。

Zaifの手数料をまとめると、

  • Zaifの取引手数料は脅威のマイナス手数料
  • 販売所のスプレッドは広いので、取引所を使うべき
  • 出金手数料は高い
  • Zaifは短期トレードに向いている

となっています。

このような手数料の特徴がZaifにはあることがわかりました。

良い部分、悪い部分を他社と比較して、仮想通貨の取引を始めてみましょう!

zaifに登録する

こちらは取引所の手数料ランキング、

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の手数料ランキング! 【1位】bitbank(ビットバンク) イーサリアム、リップル、MONAなどの厳

こちらは取引所の総合ランキングになります。これを見て自分に合った取引所を見つけましょう。

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の総合ランキング! 【1位】GMOコイン 下げ相場でも利益を出せるビットコインFX、今の相場環境なら最適!


zaif 仮想通貨取引所