仮想通貨ICON(ICX)アイコンとは?|徹底解説|特徴、将来性、チャート等まとめ!

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨ICON(ICX)アイコンを解説していきたいと思います。
特徴から将来性、チャート、口コミまでまとめていきます。

ICON(アイコン)とは?

ICON(ICX)は2017年に公開された韓国発の仮想通貨になります。

イーサリアム同様、ICONもスマートコントラクトを搭載し、ICOプラットフォームとして機能します。

2017年の9月に公開されたばかりで、ICO時にはなんと一日で発行分のコインは完売してしまいました。

ICONはICONプロジェクトというものを掲げ、現在ではまだ利用がごく一部である仮想通貨を、社会と連携させることを目的としてしています。

ICONは、韓国国内で、銀行、証券、保険、病院、大学、E-Commerceなど多様なコミュニティとつながっており、ブロックチェーンID、決済及び取引などの分散型アプリケーション(DAPPs)サービスを使うことを目指しているそうです。

次の章ではICONの特徴について書いていきたいと思います。

概要

ICON(アイコン)
通貨名ICON
通貨タイプICX
総発行枚数400,230,000 ICX
現在供給枚数381,245,004 ICX
時価総額3143億円程度
リリース2017年9月
公式サイトhttps://www.icon.foundation/en/
公式twitterhttps://twitter.com/helloiconworld
ホワイトペーパーhttp://docs.icon.foundation/ICON-Whitepaper-EN-Draft.pdf

特徴

ICONには産業界毎(銀行、保険、学校、政府etc)にコミュニティと呼ばれる階層構造が存在します。

そのコミュニティに所属している、ノードをC-Nodeと呼んでいます。このC-Nodeは、信頼のおけるノードで誰でも参加できるものではありません。C-Nodeがコミュニティ単位のブロックチェーンの運営を行います。

そしてそのコミュニティ毎にC-repと呼ばれる代表者が存在します。C-repは、C-Nodeが投票をして決められます。投票の結果変更されることもあります。

そしてこのC-repはコミュニティの上位組織であるICON Republicの統治に参加します。具体的にはICON Republicの運営の為投の投票権を持ちます。

ICON Republic:様々なコミュニティをつなぐためのプラットフォームになります。このプラットフォームはC-repとCitizen Nodeによって階層的に構成されています。

以上がICONのネットワーク構成ですが、一般参加者(Citizen Node)も存在します。

Citizen NodeはICON RepublicにDappsによって参加するノードになります。Citizen NodeはICON Republicでの投票券を持ちません。しかし、特定の条件を満たせばC-repになることも可能だそうです。

以降では、以下の代表的な特徴に関して詳しく説明していきます。

  • ICONの発行は毎年C−repの協議によって決まる
  • LFTを採用
  • SCOREという独自のスマートコントラクト

ICONの発行は毎年C−repの協議によって決まる

ICONのマイニングは不可能です。

ICONの新規発行は毎年C-repの協議で決まっていきます。

C-rep(Community Representative):ICONコミュニティ(財務機関や政府、学校、eコマースプラットフォームなど)の代表者となります。このC-repは各コミュニティのノードが選択決定し、変更を行うことも可能です。

コンセンサスアルゴリズムにLFTを採用

「theloop」という韓国に本社をおいている、ブロックチェーンエンジン開発エンジン会社が、ICONの開発に携わっています。

コンセンサスアルゴリズムに、この会社が開発したLFT(Loop Fault Tolerance)という独自のものを使用しています。LFTはBFT (Byzantine Fault Tolerance)をベースにしたアルゴリズムとなっています。

SCOREという独自のスマートコントラクト

SCOREは、Smart Contract On Reliable Environmentの略となります。

SCOREは、VM(仮想マシン)なしのノード操作環境で直接実行ができます。ネットワーク運営に信頼できるノードしか参加できないことによって実現されています。これによりさまざまなアプリケーションに容易に展開のできる設計になっています。

過去のチャート

こちらがICONの過去のチャートになります。


将来性

ICOプラットフォームとして

ICONはイーサリアムやNEO同様、ICOプラットフォームとして利用されていきます。

そのため、今後もそれらのICO案件と合わせて話題となったり、ICON自体の価値が上昇する可能性も大いにありえます。

NEOから

ICONと同じようにイーサリアムと似た、開発プラットフォームを提供しているNEOは1年間で40倍以上の上昇を見せました。それはNEO上で様々なDaapsが開発されたことに関係があります。同じように、ICON上でも多くのDaapsが開発されれば同じように価格は高騰していくことと考えられます。

ICONを買える取引所

現在ICONが取引されている取引所は国内ではありません。

なので海外の取引所を利用することをオススメします。海外の取引所だと以下で取引が可能です。

NEOは海外の取引所での取引のほうが多いため、海外の取引所を利用した方が通貨の流動性を考えると良いと言えます。

ただし、海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に解説が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「bitbank」をおすすめしています。

ビットバンク公式へ

*bitbankの詳細についてはこの記事をご覧ください。

本記事は仮想通貨取引所である「 」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

まとめ

本記事では、仮想通貨であるICON内のについて解説してきました。

本記事の内容をまとめると、、、

  • ブロックチェーンと現実世界をつなげることがビジョン
  • コミュニティ制となっている
  • スマートコントラクトを搭載している
  • ICOプラットフォームとして機能する

このように、他のアルトコインとは違った特徴があることがわかりました。

今後もICO等によって、ICONが話題に上がっていくことは多いかもしれません・

注目し続けるべき通貨だと考えられます。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨