ビットコインキャッシュ(BCH)ウォレットならこれ!おすすめウォレットを紹介

▼おすすめの取引所ランキング

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインからのハードフォークで2017年8月1日に生まれた通貨になります。本記事ではそのビットコインキャッシュのおすすめのウォレットについて書いていきます。

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい方はこちらで

本記事では仮想通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)についてご紹介します。 ビットコインとの関係や、ビットコインキャッシュが生まれた

「ビットコインキャッシュを買ってみたけど、購入してから取引所にそのまま…」

そんなこと、ありませんか?

購入したビットコインキャッシュは取引所ではなくウォレットに保管しておくことがおすすめです。
「どうして取引所保管ではだめなの?」という方から、
「ウォレットに移したいけど、なにがおすすめ?」という方まで
今回はビットコインキャッシュの保管方法を一からご紹介します。

そもそも「ウォレット」ってなに?

ウォレットは日本語で「財布」。
その名の通り、各自で仮想通貨を保管する財布の役割を果たします。
仮想通貨の銘柄ごとのウォレット(ビットコインにはビットコイン専用、リップルにはリップル専用のウォレット)と、複数銘柄を保管できるものが存在します。

仮想通貨は購入した取引所に置いておくこともできますが、なぜウォレットに移しておく必要があるのか。
次項でより詳しくご説明します。

どうしてウォレットで保管するの?

「大手の取引所を使えば、取引所に置いておけば安心じゃない?」

そんなあなたは危険かも…。
ここではまず取引所保管のリスクを確認していきましょう。

ハッキングの可能性

現在ビットコインキャッシュをはじめとする仮想通貨の市場は大きくなり、多くの人が多額の仮想通貨を取引所で売買する時代となりました。
しかしそれを言い換えれば、取引所はお金が一番集まる場所であるということです。

ハッキングで狙われるのはやはりお金の一番集まる取引所。
お金の集まる場所=ハッキングのリスクの高い場所 と言えます。

実際にコインチェックやマウントゴックスのように数多くの取引所がハッカーたちに狙われています。

対してウォレットは個人のお財布であるため、
狙われる確率は取引所よりも低いと言えるでしょう。

コインチェック社は1月26日、不正アクセスにより580億円相当の仮想通貨が外部に送信・盗まれていたことを発表した。

https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/coincheck-cryptocurrency-theft-japan?utm_term=.heKM08g2W#.aqJmNBA3z

取引所の破綻

2014年3月に起こった仮想通貨史上最大の事件と言われる「マウントゴックス事件
大手取引所マウントゴックスが当時115億円相当にあたる巨額のビットコインを消失し、取引所は65億の負債を抱えて破綻。
その後の調査でコインの消失は内部に精通した人間が不正操作によって流入したとされ、またマウントゴックス元CEOも水増ししたビットコインの販売・2.3億円着服の疑いで逮捕されています。

破綻当時マウントゴックス側は「ハッキングである可能性が高い」との表明を発表、元CEOも容疑を否認しており、現在も真実の追及がなされています。

ビットコイン消失、カルプレス被告「私は無罪」 起訴内容を全面否認

http://www.sankei.com/affairs/news/170711/afr1707110015-n1.html

以上を踏まえると、なんだか取引所で多額の資産を保有しておくのは不安になってきませんか?
取引所が必ずしも安全な場所ではないようです。

大事な資産を守るために、次項で実際にウォレットの種類と、
具体的なビットコインキャッシュのためのウォレットについて学んでいきましょう。

仮想通貨を始めると必ず聞く、「マウントゴックス」「ゴックス」という言葉。 意味はご存知ですか? マウントゴックスとはなにか?

ウォレットの種類

ウォレットの種類は大きく分けて3つあります。

  • オンラインウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット

それぞれについて説明していきます。

オンラインウォレット

「秘密鍵をサービスに預けて管理する方法です。」

インターネットに接続すれば機器・端末問わず使用可。

登録するだけで使え、簡単にコインの送受信ができるため初心者にも利用しやすいタイプと言えます。
しかし秘密鍵(コインを動かすのに必要なパスワード)は自分ではなく管理人が管理するため情報流出のリスクがあります。

・仮想通貨取引所

セキュリティー:△
手軽さ:◎◎
仮想通貨取引所もウォレットの1つとなります。購入と管理が同じ場所で出来るため最も楽な方法ではあります。

しかしコインチェックやマウントゴックスのように取引所自体がハッキングされる可能性はあるので、注意は必要です。

・Webウォレット

セキュリティー:△
手軽さ:◎

Web上に存在するウォレットとなります。こちらも秘密鍵を管理側に預けることにより管理をします。しかしblockchain.infoのように秘密鍵を暗号化して預けられるような形もあり、この場合はWebウォレット側がハッキングされても自分の秘密鍵は守れるような仕組みとなっています。

ソフトウェアウォレット

「秘密鍵を自分で電子機器上において管理する方法です。」

ウォレットをダウンロードしてローカルで保管できるタイプ。
こちらはオンラインウォレットと違い秘密鍵を自分で管理します。
しかしPCやスマホアプリがオンラインの場合ウイルスなどのリスクもあります。

・デスクトップアプリ(PCアプリ)

セキュリティー:〇
手軽さ:◎

PCにウォレットをダウンロードして使用します。
しかしPCがオンラインの場合ウイルスなどのリスクもあります。

・モバイルウォレット(スマホアプリ)

セキュリティー:〇
手軽さ:◎
iphoneやandroidでダウンロードして使えるウォレットアプリを指します。
こちらもデスクトップアプリ同様、ウイルス感染のリスクは存在します。

ハードウェアウォレット

「秘密鍵を自分で物理的に管理する方法です。」

オンラインウォレットとソフトウェアウォレットとの違いは完全なオフラインで管理している点です。物理的に管理している分、物理的な盗難、紛失のリスクはあります。

・ハードウェア端末

セキュリティー:◎
手軽さ:〇
USBなどのハードウェア端末で保管できるタイプ。
オフラインでの保管、またパスワードもかけられるためセキュリティーが高い方法です。
デメリットとしては高額であること、そして端末自体の故障・紛失リスクがあります。

・ペーパーウォレット

セキュリティー:◎
手軽さ:△
アドレスや秘密鍵を紙に印刷して保管する方法です。
オフラインで保管できるためセキュリティーは高いです。
高額・長期投資にはおすすめですが、もちろん燃えたり、紛失するリスクもあり。

選ぶポイント

ウォレットにたくさんの種類がありますが
種類がたくさんありすぎて、どれがいいのかわからない!

そんな方に簡単な選ぶポイントを伝授。
一番のポイントはビットコインキャッシュの保有額です。

例えば現金の預金方法を考えてみましょう。
高額な財産をタンス貯金するのはセキュリティが心配ですよね。窃盗犯に盗られてしまうリスクが充分にあります。

そういう場合は家よりもセキュリティの高いとされる銀行に預けるのが一般的です。
しかしすぐに使う予定のあるものは手持ちの財布に入れて持ち歩いたり、或いはある程度の額は自宅で保管することもあります。

そのようにイメージしてみると自分の投資額に見合ったウォレットがどのタイプなのか考えやすいのではないでしょうか。

莫大な額であればセキュリティが劣るオンラインウォレットなどは心配。逆に少額を手軽に保管・手軽に送受信するのであればオンラインウォレットやデスクトップウォレットはぴったりの保管方法です。

あなたの投資規模はどのくらい?
これからどのくらいの期間の投資を考えてる?

そんな事を参考にしつつ、あなたに合ったウォレットを選んでみましょう!

ビットコインキャッシュのおすすめウォレット!

・仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー公式へ

取引所でライトコイン(Litecoin/LTC)を管理するならば、ビットフライヤーがおすすめになります。セキュリティ面でも国内のその他取引所と比較して、しっかりと整備されているように思えます

ビットフライヤーでは、コールドウォレットやマルチシグのような暗号通貨特有のセキュリティ施策だけでなく、インターネット通信等のセキュリティ対策、また会社の従業員の情報管理や運用面でのセキュリティ対策も徹底して行っていると明記しています。さらに先日、squeen社より世界最高ランクのセキュリティ評価も獲得しています。

詳しくはこちらの記事に記述してあるのでそちらをご覧ください。

先日、コインチェックから約580億円のNEMが流出した事件が起き、大きく世間を騒がせました。 取引所を利用されている方も、今回の事件を機に
・Webウォレット

Blockchain.info

先ほどの紹介でオンラインウォレットは秘密鍵を自分で管理できないとご紹介しましたが、

こちらのBlockchain.infoが提供するのは自分で秘密鍵の保管ができるタイプのウォレットです。Webウォレットの中で最大手で最も利用者多いと言われており、日本語対応も行っています。

ビットコインキャッシュだけでなく、ビットコインやイーサリアムも対応しています。Webウォレットを使う際はこちらがオススメです。

・デスクトップウォレット

BitcoinABC

こちらもビットコインキャッシュに対応しているデスクトップウォレットになります。

ブロックチェーンすべてをダウンロードするBTCのBitcoin Coreにあたるウォレットです。必要容量が100GBを超えPCスペック等によっては同期に数日以上かかることもあります。

・モバイルウォレット

Bitcoin.com(iOS版)

Bitcoin.com(google play版)

ios、android共に対応しており、ビットコイン同様に、ビットコインキャッシュのウォレットとしても利用可能です。

ビットコインキャッシュ対応かつ日本語対応も行っている貴重なモバイルウォレットです。

UIも非常によくシンプルなデザインなので操作しやすいです。

また、ビットコインにも対応しているので、すでに使っている方や両方管理を行いたい方におススメです。

BitPay(iOS版)

BitPay(Android版)

2017年12月15日、アメリカで多くの人に親しまれているBitPayがビットコインキャッシュのウォレット対応を始めました。

注目するべき点として、アメリカ最大の取引所であるcoinbaseとの連携機能が挙げられます。

coinbaseでもビットコインキャッシュは上場しています。coinbaseも利用されている方には非常におススメです。

日本語対応も行っているのも安心できるポイントです。

・ハードウェア端末

・Ledger Nano S

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

USB接続で使用可。ビットコイン、イーサリアムをはじめとした複数の銘柄のコインも保有できるということで多くの人に支持されているハードウェアウォレットです。

真偽は定かではありませんが、楽天での購入は非正規品もまじっているとのうわさもありますので購入は公式サイトがおすすめ。

TREZOR(トレザー)

TOREZORはビットコインキャッシュに対応しているハードウェア端末になります。

小型で充電も不要なので持ち運ぶ際に便利です。

USBでPC接続を行うことで、ブラウザからウォレット管理を行うことができます。使用する際も、2つのボタンを利用するだけで操作ができるので、非常に簡単です。

日本語対応している点も安心して利用できるポイントです。

・ペーパーウォレット

BitcoinCash Paper Wallet Generator

簡単にペーパーウォレットを作成してくれるサイトになります。

全て英語ですが、作りがシンプルでどなたでも簡単に使用できると思います。

ビットコインキャッシュウォレットのまとめ

  1. 「ウォレット」とは仮想通貨を保管する財布の役割を果たす
  2. 取引所にはハッキングや破綻などのリスクがあるためウォレットを使うのがベター
  3. ウォレットの種類は大きく3種類(細かくは6種類)
  4. 選ぶポイントは保有額

ウォレットで安全に保管して、たのしい投資生活を送りましょう!

ビットコインキャッシュの購入については、ビットフライヤーかビットバンクがおすすめです!詳しくは下記の記事をご参照ください!

▼忙しい人向けにまとめ!ビットコインキャッシュが欲しいあなたに最適な取引所! 【1位】GMOコイン 現物の購入からスマホでビットコインFXまで

ビットフライヤー公式へ


アルトコイン ウォレット ビットコインキャッシュ 仮想通貨