トークン(token)とは?仮想通貨との違いを徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨トークンの違いについて徹底解説します。

仮想通貨に触れているとトークンという言葉が頻繁に登場しますが、両者の違いってご存知ですか?

誰もが一度は出会うその疑問を解決するため、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

<本記事の要約>
  • トークンとは目に見えない価値を貨幣として可視化する代替貨幣
  • それ自身が母体である「仮想通貨」はトークンと呼ばないが、プラットフォーム上で生み出された仮想通貨は「トークン」と呼ばれる
  • 「株式」と同義の使い方がされる

トークンとは?

トークンとは、一言で言えば「代替貨幣」

「代替貨幣」というと難しいですが、言い換えると目に見えない価値あるものを貨幣のように価値を可視化し分かりやすくしたものです。

例をひとつだすと、企業の価値を可視化した株式もトークンです。

一般的にビットコインやイーサリアムのような、それ自身が母体である「仮想通貨」はトークンと呼びませんが、イーサリアムなどプラットフォーム上で生み出された仮想通貨は「トークン」と呼ばれます。

現在仮想通貨の周りで使われている「トークン」という言葉は広義的になっていて明確な線引きはありませんが、次項ではこの言葉がどのようなケースで使われるかをもっと具体的に見ていきます。

トークンが使われるケース

仮想通貨には2種類に分けることができます。それは「カレンシータイプ」「アセットタイプ」です。

この中でもアセットタイプトークンと呼ぶ場合が多いです。

カレンシータイプ

カレンシータイプの仮想通貨は非中央集権的に運営されていて、採掘作業(マイニング)されることによって発行、配布されます。

このタイプの仮想通貨は決められた仕組みに基づいて供給量が増えていくようにあらかじめプログラミングされていて、人間の力でそれを操作することはできないようになっています。

このようにあらかじめ通貨の総量が決められていて、人間の意志によって発行枚数を増減させることができないことが最大の特徴です。

ビットコインなどの仮想通貨はこのカレンシータイプに属します

(代表的なカレンシータイプの仮想通貨)

・ビットコイン(Bitcoin)

・イーサリアム(Ethereum)

・リップル(Ripple)

アセットタイプ

アセットタイプは発行者がいて中央集権的で発行枚数などを自由に決めることができるのが特徴です。

そのため仮想通貨というより「株式」のような性質を持ちます。

株式は会社が株券を発行し、発行された株券を株主に売り資金調達をします。株券を購入した人は様々な状況を考えながら取引をしていきます。

この基本的な考え方を仮想通貨の世界でも応用させたのがアセットタイプです。

現在、トークンと呼ばれているものはアセットタイプに属するものです。

(代表的なアセットタイプの仮想通貨)

・イーオス(EOS)

・クォンタム(Qtum)

・ゴーレム(Golem)

・オーガー(Auger)

トークンの利用例

「トークン」が効果的に利用される代表的な例を二つご紹介します。

ICO

トークンとは前述のように「代替貨幣」で、価値を可視化するということでと同じ性質です。

そのため仮想通貨では、株式による資金調達のようなICO(Initial Coin Offering)と呼ばれる資金調達が行われます。

ICOとは新規仮想通貨公開のことであり、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが独自のトークンを発行、販売をし資金を調達します。

投資家はこのトークンを購入しますが基本的に対価が支払われることはありません。

しかし、投資家にも企業側にも大きなメリットがあります。

・集めた資金は配当を支払わなくて良い

・利子の支払いがない

・投資家は少額での投資が可能

・会社が小さくても利用が可能

・集めた資金に株式を発行しなくて良い

IPOという手段もある中でなぜICOを選ぶのには上記のようなメリットが双方にとって非常に大きいのです。

しかし、デメリットもあります。

・ICOを実施してそのまま資金を持ち逃げされてしまう。

・法規制等が整備されていないため利益が分配されない可能性がある。

・投資家が思っていたような利益をあげない可能性がある

▼ICOとは

ICOという言葉を聞いたことがあるでしょうか? ICOとは”インターネットを使って国境を超えて自由に送金可能”という仮想通貨の性質

データ管理

もうひとつ代表的な例として挙げられるのはデータ管理です。

トークンはそれ自身で所有権を可視化して証明できるため、特にゲームのデータ管理と非常に相性が良いと言えます。

例えば、画像とトークンを紐づけることにより自身の所有権を証明する事ができるというものです。

実際にSpells of Genesisと呼ばれるカードゲームはトークンと紐づけられれていて実際にカードゲームとしても多くのユーザーにプレイされています。

代表的なトークン銘柄紹介

トークンをここまで様々な面から紹介しましたが、現在知られている代表的なトークンを紹介したいと思います。

1.BitCrystals(BCY)

このトークンは先ほど紹介したゲームの「Spell of Genesis」内で使用されているゲーム内で使用可能な通貨です。

このゲーム自体がブロックチェーン技術を使用していて、ブロックチェーンによりアイテムの価値を担保できる、ゲーム内通貨が現金に換金できるなど、他に類を見ないゲームです。

トークンBitCrystals(BCY)はゲーム内でしか使用できませんが、ゲーム自体が非常に盛り上がっており今後のBitCrystalsの市場価値に注目が集まっています。

▼BitCrystals(BCY)とゲーム「Spell of Genesis」とは?

本記事では仮想通貨取引所Zaifにも上場している仮想通貨Bitcrystals(ビットクリスタル/BCY)をご紹介します。 オリジナルのカードゲーム内で使

2.Zaifトークン

Zaifトークンは仮想通貨取引所「Zaif」が運営している独自のトークンです。仮想通貨取引所Zaifでのみ取り扱っています。

Zaifトークンは一時期0.1円から4円まで値上がりしたことで話題になりました。

まだ具体的な使い道などはありませんが、これからの使用用途拡大に期待されます。

▼Zaifトークンとは?

"トークン"とは? トークンという言葉は証拠、記念品、引換券、商品券、代用貨幣などの意味を持ちます。 では、仮想通貨におけるトークンはどのような意味

3.FTCトークン

Fountain Connectは寄付活動に「透明性」を持たせるためのプロジェクトです。寄付における不正を根絶し資金の流れを透明かさせ新しい寄付文化を根付かせる事が会社のミッションです。

寄付されたお金の流れはただ人間が見ているだけではなくAIプラットフォームを使用し監視しています。さらに様々な斬新なシステムを使用していて注目のトークンです。

まとめ

要約するとトークンとはこのようになります。

  • 目に見えない価値を貨幣として可視化する代替貨幣
  • それ自身が母体である「仮想通貨」はトークンと呼ばないが、プラットフォーム上で生み出された仮想通貨は「トークン」と呼ばれる
  • 「株式」と同義の使い方がされる
  • 代表的なトークンはBitCrystalsやZaifトークンなどが挙げられる

仮想通貨とトークンの違い、すっきりしたでしょうか?

明確な定義がないことが理解を難しくさせますが、「中央集権的」「株式と同義の使い方」というキーワードを覚えておけばうまく使い分けができるのではないかなと思います。


用語解説