ハードフォーク・ソフトフォークの違い!|徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

ハードフォークとは?

ハードフォークとは何でしょうか?仮想通貨を知らない方でも2017年8月のビットコイン分裂というニュースを聞いた事があるのではないでしょうか?

ハードフォークは簡潔にいうと仮想通貨の分裂またはアップデートです。しかしこれだと大雑把すぎるので厳密な定義を述べると

ハードフォークは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

ハードフォークの際には、新しい検証規則を採用しないノードは、新しい検証規則に則って作成されたブロックおよびトランザクションを無効として却下する可能性があります。これにより、新しい検証規則を採用するノードと、採用しないノードとの間で、ブロックチェーンの最も長い有効な枝の判断に不一致が生じ、恒久的な分岐を生じる可能性があります。

引用:bitFlyer

ハードフォークが行われると行われた段階で旧仮想通貨と新仮想通貨が存在することになります。しかし新仮想通貨と旧仮想通貨の間には互換性はなくコインの価値も全くの別物として存在することになるのです。

ソフトフォークとは?

ハードフォークについて説明しましたが、ソフトフォークという単語が仮想通貨にはあることをご存知でしょうか。ソフトフォークも仮想通貨の分裂またはアップデートとなります。

先ほどハードフォークは全く別物の仮想通貨を生み出すのに対してソフトフォークは全く別物となります。ソフトフォークは旧バージョンのルールを変更したり新たに追加するためのものとなります。

ハードフォークとの大きな違いはソフトフォークは新しルールによって出来た新バージョンのブロックは旧バージョンのブロックでも有効なブロックとなるので一時的に分裂するだけということになります。永続的な分裂でないため、ハードフォークより大きな影響がないとされ過去に何度か実行されています。

ハードフォークとソフトフォークの違い

先ほどハードフォークについて説明しましたが仮想通貨にはハードフォークの他にソフトフォークというものが存在します。両者とも名前が違うことから性質も全く異なります。両者の違いをきちんと理解しておくことは仮想通貨取引をするにあたって非常に大切なのできちんと理解しておきましょう。

ハードフォークとソフトフォークの違い

ここまでハードフォークとソフトフォークの両方の説明をしましたがいまいちピンときていない方も多いのではないでしょうか?そのためもう一度ハードフォークとソフトフォークの違いについてまとめさせていただきます。

(ハードフォークとは)

・全く別のブロックチェーンを使用し全く別の仮想通貨を作り出す

・永続的な分裂となるため双方に互換性はない

・ブロックの容量拡大が目的

(ソフトフォークとは)

・全く別の仮想通貨を作り出すことにはハードフォークと変わりはない

・永続的な分裂ではなく一時的な分裂のため互換性が保持される

・ブロック入れる取引データーの縮小が目的

以上がハードフォークとソフトフォークの違いとなります。一見似ているように見えるものではありますが明確な違いがあるのです。

ハードフォークのメリット・デメリット(リスク)

ハードフォークとソフトフォークの違いを理解していただいたと思うのですが、ハードフォークには様々なメリット、デメリットがあります。以下にメリット、デメリットをまとめました。

ハードフォークにおけるメリット

・諸問題の解決

ハードフォークが行われる以前の仮想通貨では様々な問題を抱えていました、ビットコインやイーサリアムはスケーラビリティ問題や重大なバグをを改善するためにハードフォークを実施しました。そうした結果諸問題が解決されて仮想通貨自体の性能が向上しました。

・新仮想通貨を受け取ることができる

ハードフォークする仮想通貨を取引所に預け入れているとその後出来た仮想通貨が配布される可能性があります。さらにビットコインや、イーサリアムは預け入れていた同量の新仮想通貨を受け取ることができました。

・分裂した通貨の価値が高くなりやすい

分裂したばかりの仮想通貨は取扱量が必然的に増加しがちであるので取引開始時から需要がある状態です。そのため値段が大幅に上がりやすです。

さらに、分裂した通貨は分裂する前の取引所がそのまま取引をすることが多いので需要が高くなりがちです。

ハードフォークにおけるデメリット

・仮想通貨紛失のおそれ

ハードフォークでは先ほど説明した通りに互換性の無いブロックチェーンが誕生します。そのためバグの発生も十分に考えられます。そのバグが修正されないうちに取引をしてしまうと自分の仮想通貨が紛失されてしまう恐れがあります。

・取引所の停止

取引所はハードフォークの直前に様々な影響を考慮に入れて取引所を停止させます。そのため仮想通貨の送金、換金もできなくなってしまいます。さらにバグが発見された場合は取引所が停止されてしまうので大きな混乱を招くことになります

・通貨の信用度の低下

仮想通貨に問題点が見つかった場合はハードフォークをすることは確かに有効ですが、全てにハードフォークすれば良いと言うわけではありません。ビットコインは上限枚数が決められており、その上限枚数がビットコイン自体の価値を担保しているのでハードフォークを何度も行われることにより新しい仮想通貨ができ続けてしまえば、価値は下がり続けることになってしまいます。

理論上、新しい仮想通貨を作る続けることは可能ですが何度も作り続けてしまうと仮想通貨そのものの価値、信用度が低下してしまいます。

ソフトフォークのメリット・デメリット

先ほどハードフォークにもメリット・デメリットがあると説明しましたがもちろんソフトフォークにもメリット・デメリットがあります。ここではそれを説明します。

ソフトフォークにおけるメリット

・仮想通貨自体はなくならない

ソフトフォーク自体もブロックチェーンの分裂を伴う行為ですがすぐに元のブロックチェーン上の収束してしまうので新しい仮想通貨が誕生することはありません。

仮に分裂をしてしまったとしても双方に互換性をもつことになり、マイナーにどちらの通貨が正当化の判断を仰ぐことになっても旧ブロックチェーンに収束することになります。

・ブロックのデーターを圧縮することができる

ハードフォークはブロックの容量を拡大し取引の速度を高める作業をするためのものでしたが、ソフトフォークはブロックの中に入れるデーターを圧縮するための作業をします。

これはsegwitと呼ばれる技術なのですが、技術的な説明は後ほど説明します。

ソフトフォークのデメリット

・混乱を招く可能性がある

理論上ソフトフォークでは問題が発生しないことにはなっていますが、仮想通貨の世界ですのでいつ自分の通貨が消失してしまうかわかりません。ハードフォークの方がリスクは圧倒的に高いもののソフトフォークもリスクが全くないと言い切ることは非常に難しくなっています。

過去のハードフォーク事例

ハードフォークについて理解していただけたでしょうか??ハードフォークは歴史が浅くこれから何度もハードフォークが実施されていくでしょう。以下ではビットコイン、イーサリアムのハードフォークを詳しく書いていきたいと思います。

・ビットコインのハードフォーク

最初にビットコインのハードフォークを述べていきます。冒頭のニュース記事を読んでいただいたらおわかりいただけると思いますが2017年8月に最初のビットコインが分裂しました。これが初の分裂です。分裂してできたビットコインを一つづつ解説します。

①ビットコインキャッシュ

これは2017年8月1日に「ビットコインのハードフォーク」と呼ばれる出来事により誕生した仮想通貨になります。ビットコインいは様々な問題があるのですが、その中で一番大きな問題であった取引速度が遅すぎると言う問題を解決するために開発されました。ビットコインはブロック容量が1MBであったのですがビットコインキャッシュは容量を8MBになったことからことから実用性が向上しました。

②ビットコインゴールド

ビットコインゴールドは2017年11月に発行された仮想通貨になります。ビットコインゴールドもビットコインからハードフォークされている通貨となります。供給量がビットコインやビットコインキャッシュと同じく2100万枚の供給量となります。

ビットコインゴールドの特徴は現在ビットコインのマイニングがごく一部の人間たちに偏ってしまっていると言う問題を解決させるために作られました。マイニングを本格的に実行している人々を排除するために分裂しました。

しかし、開発者がコインを発行する前に多くのコインを保有していたので批判を浴びてしまいました。

③ライトニングビットコイン

ライトニングビットコインはビットコインのブロックチェーンからハードフォークして2017年12月に誕生した通貨です。発行枚数は上記と同じく2100万枚となります。

特徴としてはビットコインの迅速化。処理時間3秒を目指しています。それはDPoS認証メカニズム(投票と簿記権を分散)を利用し高速化を図っています

さらにライトニングビットコインはスマートコンントラクト対応が備わり利用者独自のトークンを発行することが可能です。

④ビットコインキャンディ

ビットコインキャンディはビットコインのハードフォークによて誕生したビットコインキャッシュが2018年1月13日にさらに分裂してできた通貨です。

ビットコインはマイニング業者と運営側の対立が発生していました。それはマイナー(採掘者)が大きな力を持つようになってしまっているからです。そのためビットコインとビットコインキャッシュの分裂を望まず量子コンピュターによる採掘ができなくなっています。

・イーサリアムのハードフォーク

イーサリアムもビットコインと同様にハードフォークされた仮想通貨です。これからイーサリアムについて触れます。

①イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂して登場した仮想通貨です。イーサリアムクラシックは現在も活発に取引しており確実に進化を遂げています。

イーサリアムクラシックはイーサリアムの不正送金が行われた「The DAO事件」と呼ばれる事件の対応を巡って分裂しました。運営側の対応としてはハードフォークにより不正が行われる前の状態に戻すと発表しました。しかしこの対応が中央管理的であるとしてコミュニティの一部がハードフォークを拒否しました。それで「イーサリアムクラシック」が誕生しました。

過去のソフトフォーク事例

Pay to script hash(P25H)

ビットコインPay to script hash(P2SH)によるトランザクションはソフトフォークによって実現しています。現在では完全に定着した技術ではありますが当時は賛否両論です。

この技術はビットコインを送金する際に相手の公開鍵のハッシュ値を使用するP2PKH(Pay to Public Key Hash)に対して、P2SHではスクリプトのハッシュ値を利用します。P2SHアドレスに対してビットコインを送金する時には、送金者は通常の送金と同じように3から始まるP2SHアドレスんい対して送金できます。受け取り側はビットコインを消費するために数人のデジタル署名が必要になります。

segwit

segwitもソフトフォークの一部です。ビットコインではブロックの容量をオーバーしてしまい取引の遅延が問題になっていると先ほども説明しました。この問題の解決策として署名データーを別ブロックに収納し軽量版ブロックを作成するという試みがあります。そうすることによりブロックサイズを拡張することなくスケーラビリティ問題を解決することができます。

今後予想されるハードフォーク

今後も様々なハードフォークが予定されており新しい仮想通貨が大量に生まれる可能性があります。そのため一部ではありますが今年ハードフォークが予想されている仮想通貨を紹介したいと思います。

イーサゼロ

この通貨はイーサリアムからハードフォークされて誕生する予定の通貨です。イーサリアムのさらに非中央政権が自動的に動く仕組みを構築するためです。

一番の特徴が手数料がゼロと言う点です。他の仮想通貨は手数料が多少かかってしまいますがゼロはとても珍しいです。

他にもブロック生成スピードが5秒早かったりするのでイーサリアムの上位版のようなものだと予想されます。

まとめ

・ハードフォークとソフトフォークでは全くの別物である。

・ハードフォークを巡ってビットコインが分裂を繰り返している

・両方の意味を知っておくことは仮想通貨をするにあたって非常に重要な概念


イーサリアム ビットコイン ブロックチェーン 仮想通貨