秘密鍵・公開鍵とは?|初心者にもわかりやすく徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

今回は仮想通貨の取引をしているとよく目にする「秘密鍵」「公開鍵」について解説します。

これを知れば大事な資産の保管方法もわかる!

一緒に学んで、安全に資産を守りましょう!

秘密鍵・公開鍵とは

仮想通貨(暗号通貨)の暗号は二つの鍵で動かせるようになっています。

それが秘密鍵(自分だけが知っている鍵)公開鍵(他者に公開している鍵)の二種類です。

メールに例えてみるとイメージがしやすい!

メールの管理アカウントにログインするのが秘密鍵

メールアドレスが公開鍵のようなもの。

メールアドレスとメール管理アカウントというのは

どちらかが欠けてもメールという仕組みが成り立ちません。

アカウントにログインする鍵(パスワード)を盗まれてしまうとメールアドレスのカウントが乗っ取られてしまう

しかしメールアドレス自体は他者に共有してもいいもの。共有しないと送受信ができないもの。

仮想通貨の秘密鍵、公開鍵もそんなイメージと言えます。

次項でさらに詳しく見ていきましょう!

秘密鍵

秘密鍵はその名の通り自分だけが知っている鍵のことです。

無作為に選ばれる数値で構成されます。

所持している仮想通貨が「自分のものである」ことを証明するために必要なもので、他者に教えてしまった場合に、その所有の証明を譲渡することと同じなので、絶対に教えてはいけないものです。

一言で言えば、秘密鍵とはパスワードの難しい版だと思っていただければOKです。

この秘密鍵は、PC内の不正アクセスのリスクも考えて、オフラインで管理することをおすすめします。例えば、紙に記入して金庫に保管するなど…。

公開鍵

公開鍵は、その名の通り他者に公開している鍵です。

仮想通貨を受け取るために必要な鍵で、受金アドレスのもとになる鍵といっても良いでしょう。

メールアドレスや口座番号を他者に知られても大丈夫なように、公開鍵は教えても大丈夫なものです。

また、秘密鍵・公開鍵と併せて覚えておきたい「電子署名」「復元パスフレーズ」についてもご紹介します。

電子署名

文字通り、紙の契約書にサインするものが電子化されているものです。

これは秘密鍵と公開鍵があることで、電子署名を行うことができます

つまり、取引が発生した時に秘密鍵と公開鍵が揃う、そこで電子署名が交わされる。

この時に取引が完了するということです。

より詳しく:

電子署名とは、秘密鍵を持っているものしか作成できないデータのことを指します。これは通常、秘密鍵によって暗号化されたメッセージです。

・仮想通貨で使われている公開鍵・秘密鍵暗号では、秘密鍵によって暗号化されたメッセージは公開鍵でしか解読できません

・あるメッセージを送信する際に、そのメッセージを秘密鍵で暗号化した署名を付与します

・署名付きメッセージを受信した第三者は、公開鍵を利用して正しく署名を復号できるかを検証します

これらのプロセスにより秘密鍵の保有者が送信したメッセージであることを第三者が検証することができます。

BTCネットワークのすべての参加者は、この電子署名が示されていることで、そのビットコインの所有者を検証し、有効かどうかを判断することができます。

復元パスフレーズ

復元パスフレーズは秘密鍵と同様に他者へ教えてはいけない自分だけのパスワードとなります。

秘密鍵は無作為に選ばれる数値だったのに対し、こちらは英語や日本語の単語12~24の組み合わせで構成されます。

・ウォレットアプリを入れていたスマホを紛失した

・ウォレットのパスワードを忘れてしまった

このような時は復元パスフレーズがあればウォレットの資産を復元できます。

逆に言えば、これを忘れてしまうとウォレットの資産を一生動かすことができなくなりますので注意!

自分で秘密鍵を管理しない場合

仮想通貨取引所のウォレットやwebウォレットなど

一部サービスでは秘密鍵を自分で管理しない場合があります。

「他者に知られては駄目なのに、どうして?」と思われるかもしれませんが、

これはサービス提供者(仮想通貨取引所やwebウォレット管理者)が秘密鍵を管理していて、

わたしたちはそのアカウントにログインするパスワードなどを持っているだけでOKというもの。

SNSのように自分のアカウントにログインすれば使えるウォレットなため、手軽に使うことができ利便性が高いと言えます。

しかしデメリットとして、管理側がハッキングされると秘密鍵も奪われて資産が盗まれてしまうリスクがあります。

多額の資産保管には秘密鍵も自分で管理できるウォレットを利用しましょう。

▼一緒に知りたいセキュリティー対策【ホットウォレット・コールドウォレット】

今回は仮想通貨で使われる用語、ホットウォレット・コールドウォレットについてご紹介していきます。 1月26日に発生した国内大手仮想通貨取引所コインチ

▼【マルチシグ(マルチシグネチャ)】

忙しい人に!3秒で分かるマルチシグ(マルチシグネチャ) マルチシグとは1つのウォレットアドレスに複数の鍵を所有すること セキュリティーが

 まとめ

  • 秘密鍵とは自分だけが知っている鍵
  • 公開鍵とは他者に共有してもいい鍵
  • このふたつがあって仮想通貨を動かすことができる
  • 秘密鍵を自分で管理できないウォレットもあるので注意が必要

今回は秘密鍵・公開鍵についてご紹介しました。

仮想通貨には今回の秘密鍵・公開鍵のように聞きなれないワードがたくさんありますよね。

他にも基本用語が知りたい方は用語解説も併せてご覧ください。


その他 用語解説