ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」とは?その正体についてまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

サトシ・ナカモトとは一体誰のことなんでしょうか。サトシ・ナカモトについて全て知っている人はいないようです。

本記事では、ビットコインの謎の創始者サトシ・ナカモトについて解説していきます。

サトシ・ナカモトとは

2008年のリーマンショックにおける金融恐慌の後に突如、ビットコインに関する論文を発表した人物です。

当時はその論文に対して特に見向きもしなかったのですが、今ではこの論文なくしてビットコイン、仮想通貨を語ることはできないものとなりました。

徐々にインターネット上でビットコインの思想に共感する仲間が集まりはじめ、ビットコインのプロジェクトが出来上がったと言われています。

サトシ・ナカモトは大富豪!?

サトシ・ナカモトはビットコインのプロジェクト開始当初、自らのPCでマイニングを行いビットコインのネットワークを維持していたため、約100万BTCを保有しているそうです。

しかしながらサトシ・ナカモトについて個人であるのか、グループ名であるのかもはや本名であるのかもはっきりとしたことは何も分かっていません。

サトシ・ナカモトが誰なのか、いくつかの説をもとに検証していきたいと思います。

説①:日本人説

サトシ・ナカモトという名の通り「なかもとさとし」さんという名前の人は日本にいるでしょう。

多くの日本人に馴染みのありそうな名前です。隣の家に住んでいるおじいちゃんのような名前です。

P2P財団の略歴では個人であり1975年4月5日生まれの日本人男性だと書かれています。サトシ・ナカモトは流暢な英語の使い手で、ビットコインに関する論文には一言も日本語の使用がないです。そのため日本人ではないのではないかと言われています。

しかし、論文なのですから基本的に英語しか使われていないのも納得できますし、サトシ・ナカモトが書いた論文を誰かが編集したという可能性も否定できません。

説②:グループ名説

サトシ・ナカモトが人ではなくビットコインを作りあげるグループ名の可能性が出てきました。

ビットコインに関する初期のソフトウェアが共同作業によるものでこれがサトシ・ナカモトというグループ名を使い運用しているメンバーで名前の共有をしていたかもしれません。

説③:アメリカ居住説

これはサトシ・ナカモトがビットコインのソースコードにコメントやフォーラムを投稿した時間帯を調べると投稿時間がほぼない時間が発見されました。

その時間帯が一体いつなのかというと日本時間でおよそ14~20時の時間でした。さらにこれが休日関係なく毎日このサイクルでありました。

通常の人間として生活を営んでいるならば6時間というのは睡眠の時間であるだろうということが分かります。

そして、日本時間14~20時に睡眠をとっているつまりおよそ0~6時くらいの時間帯の地域を検索してみるとアメリカの東部から中部標準時あたりの地域であることが分かりました。

つまりこれはアメリカに住んでいる可能性が考えられるひとつの根拠となりました。

説④:サトシ・ナカモトと言われた人物説

過去にサトシ・ナカモトではないかと言われた人物について説明します。

米ジョージワシントン大学 ニック・サボ教授

ニック・サボ教授は、米ジョージワシントン大学の教授で、ビットコインの前身であるビットゴールドを創った人物とされています。

この人の論文が2008年のビットコイン白書とかなり似たような書き方をしていたそうです。

順番的には似たようなというよりもビットコイン白書が似ていたという感じなのですがどちらにしろ似通っているということは否定できないということです。

また言葉の使い方も似ていた面があったので非常に疑わしいということです。

オーストラリア人投資家 クレイグ・スティーブン・ライト氏

サトシ・ナカモトではないかと疑われていた人物の中で、唯一自分がサトシ・ナカモトであるといった人物です。

ビットコイン開発の初期段階に作成された暗号鍵を使い、デジタル署名をする実演をしました人物です。これはサトシ・ナカモトしか知っているはずのない暗号鍵だったため非常に疑われました。

しかしながら、突如I’m Sorryというコメントを公表し、姿を消してしまいました。

この方はオーストラリア出身であるため、イギリス英語に近い英語を使うので可能性として高かったです。

結局だれなのか

結局誰なのかは未だ謎のままです。これから誰なのか解明されるのかも分かりません。

ここまでの確実な特徴だけを挙げてみると

  • イギリス英語の使い手
  • アメリカ居住者
  • 約100万BTCを保有

誰なのかは本当に正体不明なのは変わりありませんが、サトシ・ナカモトが提案したこのシステムは非常に画期的なシステムであることは確かであります。

まとめ

サトシ・ナカモトは正体不明のまま消息を絶ってしまった人物なので今後解明されるかどうかもよくわかりません。

サトシ・ナカモトというチーム名なのか個人名なのか本当に100万BTCを保有しているのか謎だらけの人物でありますが、これもビットコインの魅力の一つかもしれませんね!


その他 ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨 用語解説