匿名性暗号通貨とは?ビットコインとは何が違うの?

▼おすすめの取引所ランキング

一般に、ビットコインに対するイメージとしては、匿名性が高く、テロやマネーロンダリングに利用されるという印象があるかも知れません。

しかしながら、実際にはビットコインは、それほど匿名性の高い仕組みではありません。

何故ならば、ビットコインのブロックチェーンは全ての取引履歴が公開されている仕組みだからです。

ある人がどんなビットコインアドレスを所有しているのかが分かれば、いつどんな額を誰に対して送受信したのかがひと目で分かるからです。

匿名性仮想通貨では取引履歴が外からはわからなくなる

少し難しい話になりますが、一般的にコンピュータ科学では、匿名性には2つの要素があるとされています。

偽名性」と「非連結性」です。

偽名性というのは、アドレスから個人を特定することができないことです。ビットコインは、誰でもいくつでもアドレスを生成することができるため、アドレスから個人を特定することはできません。偽名性を備えているという意味でビットコインは匿名です。

非連結性というのは、あるアドレスの一連の取引履歴を把握することができないということです。ビットコインは、アドレスの持ち主が誰かわからないという偽名性があっても、そのアドレスでどのような経済活動が行われているかは誰でも知ることができます。その意味でビットコインは非連結性を備えていません。

匿名性暗号通貨は、ビットコインの備えていない「非連結性」を解決する仮想通貨です。

代表的な匿名性暗号通貨

個々の通貨毎に、「非連結性」解決方法は異なります。それぞれについて簡単に説明します。

ダッシュ(Dash)

Dashでは、PrivateSendと呼ばれる技術を利用して、誰が送金したのかを特定するのを難しくしています。

PrivateSendは、同額のコインの送信トランザクションをシャッフルすることで、トランザクションの発行者が誰かわかる確率を低くするという手法です。

Dashの仕組みについては以下の記事を参照してください!

本記事では仮想通貨DASHについてご紹介します。 Dashは匿名通貨3兄弟とも呼ばれる仮想通貨で匿名通貨として有名な仮想通貨です。現在価格が急上昇している

モネロ(Monero)

Moneroでは、リング署名とワンタイムアドレスという技術を組み合わせることで、取引の匿名性を実現しています。

リング署名は、秘密鍵を束ねて利用し実際の取引を行った署名が誰かをわからなくする技術です。ワンタイムアドレスは、一時的なアドレスを生成して送金を行うため、誰が送金したのかアドレスとの対応関係を取ることができなくなります。

モネロの仕組みについては以下の記事を参照してください!

本記事では仮想通貨Monero(モネロ)  についてご紹介します。 かつてはコインチェックでも取り扱いがあり、日本国内でも比較的ポピュラーなアルトコインで

ジーキャッシュ(Zcash)

Zcashは、ゼロ知識証明と呼ばれる数学的な仕組みを利用して取引履歴を秘匿することができる技術です。

このゼロ知識証明を利用すると、取引履歴が公開されずとも、トランザクションが正しいことを検証することができるという不思議なしくみが実現できます。

匿名性仮想通貨の中でも最も数学的にきれいな方法で非連結性を実現している仮想通貨です。

Zcashの詳細についは以下の記事を参照してください!

本記事では仮想通貨zcash(ジーキャッシュ/ZEC)についてご紹介します。 zcashは強い匿名性が特徴の仮想通貨です。 ビットコインやイ

匿名性仮想通貨はマネーロンダリングや違法な売買に使われているの?

本記事では仮想通貨Monero(モネロ)  についてご紹介します。 かつてはコインチェックでも取り扱いがあり、日本国内でも比較的ポピュラーなアルトコインで

モネロの記事でも書きましたが、実際にダークサイトと呼ばれる匿名性ネット上で薬物の売買を行うことができるサイトでMoneroなどの匿名性通貨は利用されています。

もともとビットコイン自体もこのようなダークサイトでの利用が主流であった時代もありました(シルクロードと呼ばれる世界最大の闇サイトがかつて存在しました)。仮想通貨の本来のユースケースにこのような後ろ暗い側面があることは否定できません。

匿名性暗号通貨の将来性、法律による規制は?

匿名性暗号通貨は、各国で規制の対象となっています。また、日本国内でもコインチェックの認可が長らく降りなかったのはこの匿名性暗号通貨の取扱が問題になっていることが原因であるとされていました。

このように匿名性仮想通貨には、国や法律による規制をモロに受ける可能性があるという点で将来性には不透明性が存在します。

一方で、全ての取引がパブリックなネットワーク上に公開されてしまうビットコインのような仕組みは、実際に利用とすると個人の所有財産などが容易に推定できる仕組みとなるため、問題となることも予測されます。

国家の規制との折り合いをつけて、利便性の高い安全な暗号通貨の発展を期待しましょう。

まとめ

  • ビットコインはそれほど匿名性が高くない
  • Dash、Monero、Zcashの方が匿名性が高い
  • 匿名性仮想通貨はダークサイトで実際に利用されている
  • ビットコインの匿名性に問題があるのは間違いないので実需は存在するが国家からの規制も想定されうるため将来性はよくわからない

アルトコイン ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨