Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)とは?ネム採用のPoIを解説

▼おすすめの取引所ランキング

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんなことありませんか?

本記事ではこのProof of Work(プルーフオブワーク)について分かりやすく解説していきます。

Proof of Importanceはコンセンサスアルゴリズム?

まずProof of Workとはコンセンサスアルゴリズムのことを指します。

コンセンサスアルゴリズムと言われてもピンと来ないかと思われます。

コンセンサスアルゴリズムについてまず説明していきたいと思います。

コンセンサスアルゴリズムとは・・・

「コンセンサス(合意)」+「アルゴリズム(方法)」

つまり、合意を取る方法のことを指しております。

では、なぜ「コンセンサス・アルゴリズム」が必要になるのでしょうか?

それは、ブロックチェーンのシステムの特徴に答えがあります。

ブロックチェーン技術には、「中央の管理者が存在しない」という特徴があります。

例えば、従来の銀行のシステムでは、「AさんがBさんに1000円送金しました」ということを、銀行が正しいかどうか確認して、記録をしていました。

しかしブロックチェーンには中央の管理者が存在しないので、さきほどの銀行そのものが存在しません。

しかし、その取引が正しいのかどうかを誰かが判断しないといけませんよね。

その「誰か」を決める方式を「コンセンサス・アルゴリズム」と言います。

Proof of Importanceとは

本題に入っていきます。さてそのコンセンサスアルゴリズムであるProof of Impotanceはどのようなものなのでしょうか。

「Proof of Work」と「Proof of Stake」

まずProof of Importanceを知る前に

「Proof of Work」と「Proof of Stake」を知っておきましょう。

下のものが「Proof of Work」の記事になります。

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉。 「聞いたことはあるけど、詳しくはわからな

そしてこのProof of Workの問題点を解消したのが「Proof of Stake」となります。

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんな

Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)の概要

Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)」は、参加者の重要度に応じて、発言権が付与される仕組みです。

取引の評価としては、いかに様々な人と取引してくれたのか(=コインの流動性を高めてくれたのか)です。

Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)の仕組み

Proof of Importanceは上述したように参加者の「重要度」が報酬を決めます

重要度とは何なのか、何を持って重要だと決めるのでしょうか。

参加者の重要度は、そのコインの「保有量」と「取引の頻度」によって決められます。

だから、ただコインをたくさん持っているだけでは報酬は得られず、それを取引していないと重要度は高まりません。

同じアカウントで取引をしても重要度には影響を与えないので、他社と取引をすることで自然と再分配が行われます。

またこれは単に保有量と取引の頻度だけで決められるのではなく、

  • 多くのノードとコインをやりとりすると評価される
  • 評価の高いノードのやりとりは高く評価される

といった仕組みも導入しており、Googleの検索エンジンの評価アルゴリズムと似た方式であると言われています。

そしてこの重要度によって決まったノードは、ハーベスティング(ビットコインで言うマイニング)を行うことが出来ます。

メリット

電気代が安い

Proof of ImportanceはProof of Stake同様に、CPUに膨大な計算をさせなくて済むので、電気代がかかりません

51%攻撃のリスクが低い

こちらもProof of Stakeと同様のメリットとなります。

51%攻撃を仕掛けるためには、過半数のコインを所有する必要があり、そのコストが膨大にかかってしまいます。つまり、PoWのときよりもはるかに難しいので、51%攻撃の可能性が大幅に減ります

流動性の担保

これがProof of Importanceの大きなメリットとなります。

Proof of Stakeの富裕層が有利になってしまうというデメリットに対して、Proof of Importance方式では「流動性」が高まるので、貧富の差が極端に広がることがないという点です。

デメリット

Proof of Importanceの仕組みによってコインを報酬として得ることを、ハーベスティング(収穫)と呼びます。このハーベスティングに参加するには、ある一定量のコインを保有している必要があるという条件があります。

結局のところ、富裕層が力をもってしまうのでは?と懸念されています。

つまりPoIはPoWとPoSの問題点を全て解消したいいとこ取りのように思えますが、

やはりどの方式にも良い点悪い点は存在します。

採用コイン

NEM(XEM/ネム)

Proof of Importanceを唯一採用しているコインとしてnemがあります。

コインチェックの事件で話題となった通貨ですね。

ぜひこの機会に下の記事でネムについても勉強してみましょう。

本記事では仮想通貨NEM(ネム/XEM)について解説していきます。 コインチェック事件で何かと話題ですが、どんな仮想通貨なのかご存知ですか。 201

最後に

本記事ではProof of Importanceについて書いてきました。

まとめると、、、

  • Proof of Importanceはコンセンサスアルゴリズム
  • Proof of Importanceは「重要度」が報酬を決める
  • PoW、PoSの問題を解消している
  • 富裕層が力を持つ可能性がある

となりました。

以下の記事では

プルーフオブワーク、プルーフオブステーク、プルーフオブインポータンスの違いを書いていますので是非どうぞ。

「PoW・PoS・PoI」 仮想通貨取引をやっていると必ず出会うこの用語たち。 分からないけど見て見ぬ振り…なんてしていないでしょうか?

アルトコイン ネム (NEM) 仮想通貨 用語解説