仮想通貨でのノードとは?種類などを徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨を調べているとよくきくノードという言葉。

ノードという言葉をしっていてもビットコインではフルノード、SPVノード

nemではスーパーノード、Dashではマスターノードと様々な形のノードが存在しています。

本記事ではそのノードを解説していきます。

仮想通貨でよく聞くノードって何?

ノードとは、仮想通貨のネットワークに参加する端末のことを指します。

(コンピュータやスマートフォン、ASICなどの端末)

つまりビットコインなどの仮想通貨ネットワークに接続している端末は全てノードと呼ばれます。

ノードにはどのような種類があるのか?

その仮想通貨のネットワークに接続しているというノードには、それぞれに役割があります。

本章では最も代表的な仮想通貨であるビットコインを例に出し、ビットコイン内のノードを紹介します。

そして、ビットコインのノードには含まれない、その他仮想通貨での特別なノードを紹介します。

ビットコインのノード

ビットコインP2Pネットワークは、さまざまな種類のノードから成り立ち分散化されたネットワークです。これらのノードの関係は平等となっていますが、それぞれに役割が存在します。

この章では、その中でも代表的なフルノードとSPVノードを紹介します。

フルノード

フルノードは、

「送金処理がブロックチェーンに記録されたか」

「送金処理に2重支払いはないか」

を検証するノードとなります。

ビットコインの取引は全てブロックに埋め込まれて公開され、それがずっと連なるシステムにより安全性が保たれています。

フルノードとは、従来であればフルブロックチェーンノードと呼ばれ、1番最初のブロックから最新のブロックまで全てのブロックチェーンのコピーを持っているノードを指していました。

しかし、現在ではフルノードはアーカイブノード剪定ノード(Pruning Node)という2種類のノードが存在します。この中のアーカイブノードが従来のフルブロックチェーンノードと同じですべてのブロックチェーンデータを持っています。

フルノードを運営するメリットとしては、「プライバシー保護」と「ビットコインネットワークへの貢献」があります。

また、フルノードは、ビットコインのマイニングに参加することもでき、それによって利益をあげることも出来ます。

SPVノード

SPV(Simplified payment verification)ノードとは、フルノードが持っているブロックチェーンを参照して、自身でブロックチェーンをダウンロードすることなく、送金処理の検証が行えるノードになります。ブロックのヘッダーのみをダウンロードするため、軽量に動作することから、多くのウォレットで採用されています。

SPVノードは他のフルノードなどに特定の送金処理を含むデータを要求するので、SPVノードの持つウォレットのアドレスなどが分かってしまう可能性が存在します。

つまり、SPVノードはフルノードに比べて軽量に送金処理の確認を行えるが、プライバシー保護の観点で見るとフルノードに比べて、不安があるノードとなります。

ただし、スマートフォンなどのストレージ容量の小さい端末でビットコインを利用するにはこのSPVノードの実装が必須になります。

その他仮想通貨でのノード

上記ではビットコインのノードを紹介しましたが、nemやDashでは、通貨の独自機能を実現するために、ビットコインのノードとは違った特殊なノードが存在します。

それがスーパーノードやマスターノードと呼ばれる特別な形のノードです。この2つも紹介していきます。

nemのスーパーノード

まずnemにはコンセンサスアルゴリズムとしてプルーフオブインポータンスが採用されています。このスーパーノードは、このProof of Importanceにおいて、重要度の高い高性能なノードのことを言います。このスーパーノードが存在することでNEMのネットワークは安定的で高性能な稼働が可能です。

Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)って??参加者の重要度に応じて、発言権が付与される仕組みです。

参加者の重要度は、そのコインの「保有量」と「取引」によって決められます。

更に詳しくはこちらへ

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんな

スーパーノードは統括者のいないブロックチェーン上においてインフラ(基盤)の役割を担います。ブロックチェーンのすべてを保有し、二重支払いの検証などを行う、いわばNEMブロックチェーンにいるすべてのノードのリーダーのような存在。

ハーベスティングでも報酬をゲットできますが、スーパーノードになると報酬は格段に上がります。

ですがスーパーノードになるにはnemの保有枚数が300万枚以上とされています。

詳しくはこちらの記事へ

今回はNEMのスーパーノードについて徹底的に解説していきます! 先日のコインチェックNEM流出事件をきっかけに、注目度が上がっている仮想通

Dashのマスターノード

Dashでは、ビットコイン内でのフルノードに相当するノードをマスターノードと呼びます。

Dashではビットコインと異なり、マスターノードを運営すると報酬が貰えるように設計されています。

これによってビットコインのフルノードの送金処理検証がボランティアのような形で存在しているのを、報酬を発生させることでDash内での送金処理検証の参加を促します。

報酬が存在することによりDashのネットワークはビットコインよりも安定した動作を実現します。

どのようにしてマスターノードを運営するのか・・

マスターノードを運用するためには、1000DASHを担保としてネットワークに登録した上で専用のソフトウェアを動作させる必要があります。しかしながら、個人が1000DASHを集めるのは、140,000,000円近い資金が必要で現在では困難です。そのためマスターノードをシェアして運営するサードパーティのサービスが存在するようです。

詳しくはこちらの記事へ

本記事では仮想通貨DASHについてご紹介します。 Dashは匿名通貨3兄弟とも呼ばれる仮想通貨で匿名通貨として有名な仮想通貨です。現在価格が急上昇している

ノードを運営すると儲かるの?

上記のようなノードを運営することは基本的にボランティアではありません。

それぞれのノードは利益が出るため、ノードに参加しています。

上述したフルノード、スーパーノード、マスターノードは利益が出ると言っても、どれだけ儲かるのでしょうか。

フルノード

フルノードにはビットコインのマイナーももちろん含まれます。トランザクションの検証をしているだけでは儲かりませんが、マイニングをすれば利益を上げることも可能です。

しかし、現在のビットコインのマイニングは非常に難しいものとなっています。

近年の中国マイナー(マイニング業者)のハッシュパワーによって難問化してしまったため、一般のパソコンでは参加出来るものではなくなってしまいました。

ですがASICというマイニングマシンを利用してビットコインのマイニングに参加することも可能です。

ビットコインのマイニングに関してはこちらの記事に書いてあるので是非

ビットコインのマイニングの仕組みを解説 本記事は、ビットコインや仮想通貨のマイニングについての初心者向けの解説です。  ビットコインのマイニングを始めた

スーパーノード

スーパーノードの報酬は、一日14万XEMの予算から稼働している台数に分配されます。

なので固定の価格でないことが特徴ですが、めやすとしては毎日約300XEMほどとなります。

もし毎日300XEMだとすると、現在のレート(95円)で一日約2万8500円、一か月(31日)でなんと約88万3500円。スーパーノードの条件である「300万XEM保有」が現在2億8500万円でしたので、利益回収できるのは単純計算で1万日後

この数字を365日で割ると約27年かかることがわかります。

ただ、この価格はNEMがずっと95円というレートであることを想定した数字となりますので、実際は相場に左右されて大きく上下しそうですね。

それに加え、この報酬は有限の予算から捻出していて、2、3年後にはそれが枯渇すると言われています。(27年待ってくれません!)

しかし資金が枯渇した後は無報酬となるのではなく、トランザクションの手数料がスーパーノードの報酬として充てられるそうです。

ですが、、

上述したようにこのスーパーノードになるのが非常に難しいです。

スーパーノードになるにはnemの保有枚数が300万枚以上なので個人では正直現実的ではありません。

マスターノード

マスターノードの運用報酬はブロックの採掘報酬の45%となっています。通常のビットコインでは採掘報酬の100%をマイナーが取得しますが、dashでは45%をマイナーが取得し、残りの45%をマスターノードが、10%がdashの開発者等への報酬に割り当てます。

まとめ

本記事ではノードについてまとめてきました。

本記事での内容をまとめると

  • ノードとは仮想通貨のネットワークに参加する端末
  • 仮想通貨には様々な種類のノードがある
  • ノードの運営で利益を出すのは正直難しい。

このようなことがわかりました。

ノードについてはなんとなくわかるけれど、細かくはわからないという方が多かったのではないでしょうか。それがこの記事で少しでも解消されていると幸いです。


アルトコイン ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨 用語解説