マイニングプールとは?稼げるの?個人でもできる効率的仮想通貨マイニング

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では、個人でも手軽に始められて安定的な収益を得ることができるマイニング方法、マイニングプールについて紹介します。

クラウドマイニングは、複数人で計算機リソースを共有し、わけ合うことで個人でもマイニングによって安定的な収益を得ることができるマイニング方法で、個人のマイニング参入者にはとてもおすすめできる方法となっています。

本記事では、プールマイニングのメリットと、個人でもできる簡単な方法、オススメの会社を徹底的に解説していきます。

マイニングプールとは

マイニングプールとは、複数のノードが協力してマイニングを行うコミュニティです。ノードとは各個人が持っているPCやスマホのことです。マイニングプールでは個人が集まり、複数人で協力して演算処理を行います。

これによって大規模な設備のない個人でも安定したマイニング収益を上げることができます。

プール内で得た報酬は各個人のハッシュレートに応じて、大きい人がより多くの報酬がもらえるように分配されます。このように、プール内でマイニングすることをプールマイニングと言います。

このようなシステムを導入することで集まったマイナーの計算力を使用し、プール全体で効率よく報酬を得ることができます。

プールマイニングをするためにはまずプールのホームページで登録して、マイニング専用ソフトをインストールします。そのあとはプールごとの指示に従ってソフトを稼働させ、パソコンのスイッチを入れたまま放置するだけです。

あとは自分のパソコンの貢献度(計算量)に応じて配当がもらえます。

そもそもマイニングとは

マイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加することです。円であれば日本銀行が一括して取引を管理していますが、仮想通貨ではマイナーと呼ばれる有志の人々が分散して取引を管理します。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。そのためそれまでのすべての取引台帳データと追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録しなければなりません。

この取引台帳データが『ブロックチェーン』です。このブロック生成システムにより、仮想通貨は実体を持たなくても個人の資産として記録することが可能となります。

そして、このブロックチェーンの整合性を管理することがマイニングという作業です。その作業を行う有志の人たちをマイナーと呼び、マイナーには作業の報酬として新たなコインが支払われます。

マイニング作業はただ行えば報酬がもらえるというものではありません。ブロック生成に必要な演算作業と取引処理作業を誰よりも早く行った人だけが報酬をもらえます。

よって報酬を受け取るには高性能なコンピューターとそれを稼働させる電気エネルギーが必要です。道具を使って新たな資産を受け取り、売買などを通じてそれがあらゆる人の元へ流通していきます。

この一連の流れは金を掘ってから世の中に出回って行く様子に似ているので仮想通貨においてブロック生成がマイニングと呼ばれている理由です。

マイニングはブロックの生成を行うと同時にセキリュティを管理する役割もあります

個人でのマイニングの課題

個人でのマイニングでのメリットは報酬を独り占めできることです。2018年2月現在ではマイニングの報酬は12.5BTCで、1BTC=90万円だとすると、一気に1250万円を手に入れることになります。また、受け取った仮想通貨が値上がりすれば資産はどんどん増加していきます。

これに対して個人マイニングするデメリットも多く存在します。

①マイニング成功率が低い

マイナーは世界中にたくさんいますが、その中で報酬を得られるのは1ブロック生成につき1人です。もともとマイニングは個人で行う人が多かったですが、やがて企業が大量の資金で設備投資を行うようになり、個人では収益が上げにくい状況にあります。

②設備の費用が高い

マイニングにおいて採掘の能力をハッシュレートと呼び、この値が大きいほど演算処理能力が高いことを表します。このハッシュレートを高めるためには高性能なパソコンやASICと呼ばれるマイニングツール、メモリの増設等が必要になります。またパソコンを動かし続けると高温になってしまうので、冷ますためのファンを買う必要もあるのでマイニングをするためにはかなりの費用が必要です。

③電気代がかかる

マイニング中はコンピューターを常に高出力で稼働させなければいけません。その状態を維持するためには高額の電気代が必要です。さらに、コンピューターを冷やすためにエアコンや扇風機などを動かさないといけないので、その分の電気代も負担しなければいけません。その資金はマイニング報酬が入るまではもちろん自己負担です。

このようにメリット・デメリットを並べましたが、個人でのマイニングではデメリットが多く、収益は不安定です。

マイニングプールのメリット

ここではプールマイニングのメリットについて解説します。

①家庭用のパソコンでもできる。

先程も書いた通り、ソロマイニングではハッシュレートを向上させるために機械代や電気代が過剰にかかってしまいます。しかし、プールマイニングを利用すれば自分が持っているPCのスペックに応じて報酬がもらえるので、無理に設備投資をしなくてすみます。よってすでに家庭で持ち合わせているパソコンでマイニングができます。

②安定した収益を得られる

ソフトを稼働させている限り、一定額の報酬がもらえる点がプールマイニングのメリットです。ソロマイニングでは、一番最初に演算処理を行った場合以外は一切報酬が発生しません。したがって、リスク分散という面でもプールマイニングは最適です。

マイニングプールのデメリット

次にマイニングプールでのデメリットを紹介します。

自分が一番だった時のボーナスはない

もし偶然自分が一番早く演算を行なってブロック生成をできても、プールマイニングでは報酬はハッシュレートに応じた量の報酬しかもらえず、特別なボーナスもありません。

主なマイニングプール

多くのマイナーに利用されている主なマイニングプールを紹介します。

Antpool

Antpoolとは、2013年に中国で創設されたマイニング企業「Bitmain」が運営するマイニングプールおよびマイニング機材を開発する会社です。開発しているマイニング機材、Antminer(アントマイナー)は、世界中で大きなシェアを誇っています。また、このマイニングプールはビットコインのハッシュレートであり、世界最大のマイニングプールです。

antpoolの公式サイトはこちら

Supernova

こちらのマイニングプールの特徴はマイニングに対応している通貨が多いことです。個人向けのパソコンだとアルトコインをマイニングしたおうが効率がいい場合があります。特にモネロはビットコインよりもマイニング効率がいいのでオススメです。

supernovaの公式サイトはこちら

Flypool

このマイニングプールはZcashのみを扱っているマイニングプールです。特徴としてはサイトのデザインがとてもシンプルなので、サクサク操作することが可能です。

flypoolの公式サイトはこちら

LA Bitzeny Pool

このマイニングプールはLApoolの中のbitzenyをマイニングできるマイニングプールです。bitzenyは自宅用のパソコンのCPUでも簡単にマイニングできます。

LA bitzeny poolの公式サイトはこちら

マイニングプールに投資もできる!

マイニングプールの中にはPCを用意しなくても、お金を出資することで配当金を受け取れるものも存在します。

このマイニング方式を「クラウドマイニング」と言います。

詐欺集団が紛れ込んでいる可能性が高いので、出資を考える際はよく調べてからにしてください。

クラウドマイニングの記事はこちら

2017年に、GMOやDMMなどの大手日本ネット企業が、続々と参入を表明してきたクラウドマイニング、一体どんなサービスなのか気になる方も多いのではないでしょうか

まとめ

プールマイニングは収益が安定的で、初期投資も安いです。ですので、これから仮想通貨を始めたい人、もともと仮想通貨は持っていたけどマイニングも挑戦してみたい人にとてもオススメのマイニング方法です。


ビットコイン マイニング 仮想通貨 用語解説