仮想通貨NEM(ネム/XEM)とNEO(ネオ)の違いは?特徴を徹底比較

▼おすすめの取引所ランキング

最近何かと耳にするようになった仮想通貨NEM、皆さんが知っているNEMの他にも名前が似ているのですがNEOという通貨があります。

名前が似ているので区別がつきにくいのですが投資をする際には区別されていることが非常に重要なのできちんとここで区別をしておきましょう。

NEMとは?

NEM(ネム/XEM)とは、2015年に誕生した仮想通貨で、New Economy Movementの略です。

NEMは、実用的なデジタルコインによる新たな経済圏を実現するという理念を持っています。

NEMの設計方針はシンプルで実用的なブロックチェーンです。他の仮想通貨に比べて手軽に利用可能なようにソフトウェアが整備されていることが特徴です。

実用的で平等な日常的に利用可能な仮想通貨、

またセ安全で手軽に利用可能なスマートコントラクト基盤となることを目指しています。

NEMの詳細については下記の記事で解説しています。

本記事では仮想通貨NEM(ネム/XEM)について解説していきます。 コインチェック事件で何かと話題ですが、どんな仮想通貨なのかご存知ですか。 201

NEMの特徴を簡単にまとめると以下のような特徴を持っています。

  • Proof of Importance (PoI) と呼ばれる平等で高速なコンセンサスアルゴリズム
  • マイニングの代わりにハーベストと呼ばれる仕組みを導入した平等な富の再分配
  • スマートコントラクトの一部の機能(ネームスペースやトークンの発行、公証機能)をシンプルで使いやすい形で整備

NEOとは?

NEO(ネオ)という通貨は元々Antshares(アントシェアーズ)という通貨でしたが、2017年6月に名称変更が施され現在の名前に変更されました。

NEOもイーサリアムと同じく「スマートエコノミーとして、NEO内で生活が完結する経済圏を目指す」という目標を掲げています。

NEOは多くのプログラミング言語に対応していて多くの開発者が参加することができるようになっています。

基本的にはNEOはイーサリアムに非常に似通った機能を多く持ち合わせています。

NEOの詳細については以下の記事で解説しています。

本記事では仮想通貨NEO(ネオ)を解説していきたいと思います。 特徴から将来性、チャート、購入できる取引所までまとめていきます。 忙

NEMの特徴を簡単にまとめると以下のような特徴を持っています。

  • 中国版イーサリアムと呼ばれている
  • スマートエコノミーを目指していてスマートコントラクトを実装している
  • 多くのプログラミング言語に対応していて数多くの開発者が参加可能

NEMとNEOの共通点

①.プラットフォームとして使用可能

NEMもNEOの共通点としてプラットフォームとして使用可能で、ブロックチェーン上に様々なデーターを保管することが可能です。そのため自分自身でトークンを発行することが可能です。

ICOなどの場合独自のトークンを発行することで資金調達することが可能です。さらにブロックチェーンを使用することで容易に資金調達することが可能になるので新しい資金調達手段として注目を集めています。

そのためICOを実施したい企業は、これらの通貨を使用する可能性があります。その点伸びしろのある通貨。

気になるICOにNEMとNEOが含まれていましたら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

②.マイニングという概念がない

NEMもNEOもマイニングという概念が存在しません。仮想通貨を取り扱うに当たって非常に重要な概念となっているマイニングです。

現在では様々な仮想通貨がマイニングでコインを手に入れられるようになりました。特にビットコインはマイニングできる通貨として代表的ですよね。

マイニングを理解しておくことはとても重要なのでこれを機会に詳しく理解するのがおすすめ。

マイニング(mining)という言葉を聞いたことがありますか? ここでは、 ①そもそもマイニングってなに? ②マイニングって実

前述のようにNEMとNEOにはマイニングという概念が存在しませんが、

それではどのように仮想通貨を発行・分配するのでしょうか?

NEOの総発行枚数は1億NEOですが、その50%にあたる5000万NEOがNEO協議会に最初に分配されています。

この5000万NEOは、NEO協議会がNEOの開発や管理、保守といった、NEOそのもののサポートのために使われる分です。

極端にいえば、NEOを多量に保有する輩によって変な投票が行われたりしないようにといった話です。

一方、NEMはマイニングではなくハーベストと呼ばれる概念のものが実施されています。NEMのシステムはProof of Impotanceという仕組みを用いていて、一定の条件を満たした人に全員でランダムで報酬が与えられる方法です。

NEMとNEOの違い

NEMもNEOには明確な違いがいくつかあります。

仮想通貨は何らかの目的を達成するために作られているものなので、その根本的な違いはここできちんと理解しておきましょう。

①.価値観の違い

NEMとNEOには作られた価値観が全く別のものとなります。

NEMは最近の流出事件があったことからセキュリティに脆弱性があったのではないか、自由を追求することは難しいのではないかという声が多く上がりました。

しかしNEMはNew Economy Movementと紹介されるように自由な経済空間を実現させるために作れている通貨です。自由を実現させるために斬新的なアイデアを次々と実現させてきました。

NEOはNEMと価値観が全く逆で、非常に中央集権的な考え方をした仮想通貨になります。NEOは最初に1億という発行上限枚数を掘り尽くし5000万枚はNEO評議会がNEOを管理しています。

NEOのスタンスに投資家から様々な批判が上がりNEO評議会から声明が出されるほどです。

  • NEOディベロッパーとNEO協議会のメンバーを動機付けるために、1,000万トークン(合計10%)が使用されます
  • NEOエコシステムの開発者を動機付けるために、1,000万トークン(合計10%)が使用されます
  • NEO理事会が所有し、NEOプロジェクトにのみ使用される他のブロックチェーンプロジェクトへの投資には、1,500万トークン(合計15%)が使用されます
  • 1,500万トークン(合計15%)は不測の事態として保持される
  • 原則としてNEOの年間使用は1,500万トークンを超えてはならない

このように自由な経済体制を目指した通貨と、中央集権的な仮想通貨とでは大きな違いを理解していただけたのではないでしょうか。

②.コンセンサスアルゴリズム

NEMとNEOには他に決定的な違いが存在します。NEMとNEOはコンセンサスアルゴリズムが根本的に異なります。コンセンサスアルゴリズムとは簡潔に述べるとブロックチェーン上でブロックを作成するにあたっていく上でのルール・仕組みです。

これがNEOとNEMでは根本的に異なります。

NEOの場合

NEOのコンセンサスアルゴリズムは「DBFT」と呼ばれます。DBFTはDelegated Byzantine Fault Toleranceの略ですが、簡潔述べるとNEOのDBFTの仕組みはこの問題に強いという話です。

DBFTでは、NEOトークン保有者が投票によってコンセンサスノードを選び、選ばれたコンセンサスノードのグループによってブロック作成が行われていきます。

コンセンサスノード・・・

ひとことで言えば、取引内容が正しいかどうかを確認して、ブロックを作成していく役割を担う者(コンピュータ)のこと。

選ばれたコンセンサスノードの中から「スピーカー」と呼ばれるブロックの提案を行う役割を持つノードが決められ、そのノードが発したブロック提案を他のコンセンサスノードが検証し(トランザクション内容は間違っていないか等)、コンセンサスノード全体の約66%以上の承認で、ブロックが作成されてチェーンに繋がれるという仕組みになっています。

NEMの仕組み

NEMは先ほども紹介していた通りにハーベスト方式を使用していてProof of Importanceという方式を使用しています。

Proof of Importance・・・

マイナー(マイニングを行う参加者)をランク付けし、ランクが高いほど、ブロックの生成成功確率が高くなるように設定されています。

このように基本的にコンセンサスアルゴリズムにも違いがあります。

NEMとNEOの将来性

以上のように双方ともプラットフォームとしての使用も可能であり、日常生活に深く根付かせていくような将来性を感じさせるような通貨です。

さらにNEMとNEOも将来性は二つとも大きく感じますが運営方針が全く異なるので次のように決めると良いでしょう

  • 自由な取引を目指し市場原理の働いた通貨が好きな方はNEM
  • 比較的安全を好み長期保有して運用したい方はNEO

にすると良いでしょう。

NEMとNEOを購入することができる取引所

実はNEMもNEOも取引することのできる取引所はそこまで多くはありません。

NEMを購入する際はzaifがおすすめ。

zaif公式へ

NEOは取り扱う国内取引所がありませんので、海外の取引所での購入が必要です。

まず国内取引所(ビットフライヤーzaifがおすすめ)に登録して日本円→BTCに替え、

BINANCEなどの海外取引所でBTC建ての購入しましょう。

これを機に将来有望な仮想通貨なのでぜひ購入してみてはいかがでしょうか?


ICO zaif アルトコイン ネム (NEM) 仮想通貨 仮想通貨取引所