ERC20とは?メリットから代表的なトークンまで徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

本記事では仮想通貨のイーサリアムやトークンを調べているとよく出てくる「ERC20」とは何かをわかりやすく解説していきます。

これを読んでERCの意味からイーサリアムトークンについてまで学び、仮想通貨への理解を深めましょう!

<本記事の要約>

忙しい人向け!ERC20とは?

  • ERC20とはイーサリアムでトークンを作るためのルール
  • ERC20準拠のトークンは共通したウォレットを利用できる
  • 多くのトークンがERC20を採用している

ERC20とは

ERCとは「Ethereum Request for Comments」の略で、20は「Token Standard #20」(20番目の項目)の略です。

ERC20とはイーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行(ICO)する時に採用される統一の基準・仕様のことを指します。

つまり、「イーサリアムでトークンを作るためのルール」となります。

ERC〇〇とは

ホワイトペーパーや、公式HPを見ていると、 ERC20 という文字をよく見かけませんか? 基本的に見て見ぬ振りをする方も多いかもしれな

ERC20のメリット

ERC20トークンには発行者にも保有者にもこんなメリットがあります。

  • 取引所に上場しやすい
  • ICOで利用しやすい
  • 共通したウォレットを利用できる

ひとつずつ見ていきましょう!

取引所に上場しやすい

ERC20準拠のトークンは、互換性があるため、トークンの審査する取引所も審査がしやすいです。また、取引所内での管理もERC20の規格に準拠していることで、管理もしやすくなっているのです。

ICOで利用しやすい

ICOで資金調達をする際、トークンセール(トークンの売り出し)を行います。

しかしICOをするトークンの統一の基準・仕様がない場合、一般の投資家達が色々と労力を費やす必要性が出てきます。それはそのトークン独自のウォレットを用意しなければならないからです。

さらに開発者側も独自でウォレットを開発しなければならないので、負担が大きくなってしまいます。

それを解決したのがERC20となります。

ERC20準拠にすることで共通したプログラムで取引できる為、毎回ICOに参加するたびに環境を整える必要がなくなります。

また、開発者側も既にあるERC20対応のウォレットを使用できるため、独自のウォレットを作成する必要もなくなります。

共通したウォレットを利用できる

上述したようにERC20準拠のトークンは独自のウォレットを開発する必要はありません。

その為、共通したウォレットで異なる名前のトークンをやり取りできるため、イーサリアムのブロックチェーン上で作成されたDapps(非中央集権型のアプリケーション)をより皆が使用しやすくなっていきます。

Dappsとは

Dapps(ダップス/分散型アプリケーション)は仮想通貨に興味のある方ならば何度かは聞いたことがあるかもしれません。 「でも、Dappsは

ERC20の代表的なトークン

ERC20に準拠したトークンにはどのようなものがあるのでしょうか。

イーサリアムブロックチェーンに関する情報を提供するEtherscanを見てみると、イーサリアムプラットフォーム上にはERC20に準拠したトークンが20000以上存在するそうです。

コインマーケットキャップでトークンだけの時価総額TOP10を見てみると2位のテザー以外のトークンは全てERC20に準拠したトークンとなっています。

そのERC20準拠トークンの中でも特に代表的なトークンを紹介します。

Augur(オーガー)

Augurとは、未来予測市場のために作られたオープンプラットフォームです。

もっとわかりやすく言うと

未来に何が起こるのかを賭けるサービスを提供しています

James Surowieckiの “The Wisdom of Crowds”(群衆の知恵)による科学的研究によると、

十分に大きな集団が予測をした場合、その予測は専門家の予測よりもずっと高い制度になります。

Augurはこの「群衆の知恵」を利用することで、参加者に正確な未来を教えるとともに、

胴元の存在をなくしました。

胴元がいない代わりに、Augurには集められた予測に対してどの予測が正しかったのかを判定するレポーターが存在します。

正しい結果報告をすればレポーターの評価は上がり、評価ポイントの高いレポーターは自分で立ち上げられるイベントの数が増えて、より多くの手数料が稼げるようになります

Augurとは

本記事では仮想通貨Augur(オーガー)についてご紹介していきます。 近年注目を集めていますが、このAugurについて特徴、過去チャート、購入できる取引所

Golem(ゴーレム)

ゴーレムはP2Pネットワークにおいてコンピューター同士を接続し、アプリケーションの所有者とユーザーが、他のユーザーに対して、コンピューターのリソースをレンタルするプラットフォームを提供しています。

つまり、分散型のスーパーコンピューターを提供するプラットフォームになります

ゴーレムのプラットフォームを利用すれば、誰もがスーパーコンピューター並の計算を実行することが可能となっています。

コンピューターの計算能力はCPUに依存するのですが、普段はそのパワーを発揮しきっていません。その全世界のコンピューターの持て余したパワーを束にすれば充分にスーパーコンピューター並の性能となります。

Golemとは

本記事では仮想通貨Golem(ゴーレム/GNT)とゴーレムのプロジェクトについてご紹介します。 ゴーレムはユーザー同士が利用していないパソコンの余

OmiseGO(オミセゴー)

OmiseGOは、東南アジアを中心にオンラインクレジット決済のサービスを開発、提供している「omise」が展開しているブロックチェーンを使った、オンライン決済プラットフォームです。

OmiseGOのネットワークを使うことで、銀行口座やクレジットカードがなくても、モバイル端末のみで、簡単に送金や決済ができます。

東南アジアでは、いまだにクレジットカードや銀行口座を持てない人が一定数存在し、そういった人々にとって、革新的なサービスです。(クレジットカードや銀行口座を持っていなくても、スマートフォンは保持しているケースがほとんど。)

OmiseGOとは

本記事では仮想通貨OmiseGO(オミセゴー)とそのプロジェクトについてご紹介します。 創設者に日本人がいることから日本でも話題になっている通貨で

ERC20対応のウォレット

MyEtherWallet

イーサリアムを管理するならこれ!といういうほど、有名なウォレットになります。

日本語への対応もしていますし、基本的にMyEtherWalletをオススメします。

ウォレットのタイプとしてはデスクトップウォレットとなっていて、自分で秘密鍵を管理することが出来ます。なのでMyEtherWalletのサーバがハッキングされたとしても、自分の秘密鍵が漏れるようなことはないです。ですが、自分のPCがハッキングされたり、ウイルス感染等のリスクはあります。

それへの対策として、イーサリアム対応のハードウォレットと連携することも可能となっています!

また、MyEtherWalletはペーパーウォレットとしても利用することが可能で、秘密鍵さえ持ち歩いていれば、様々なPCやスマホ等どの端末からでもアクセスすることが可能となっています。(しかしスマホのブラウザだと少し不便ではあります。)

MyEtherWallet

MyEtherWalletとは

今回はイーサリアムのウォレット「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」についてご紹介します。 MyEtherWalletってなに? ど

Metamask

最大の特徴として、Chromeのプラグインとして利用することが出来ます。つまり、アプリとして使えるので、比較的操作が簡単でサクサク動いてくれるという特徴があります。

そして何よりキツネが可愛い。。。複数アドレスを簡単に生成することが可能で、アドレスを使い分けたい時に便利ですね。

また、MetaMaskはブラウザ上でEthereum連携アプリを動作させるために必要なプラグインです。

代表的なものだとcryptokittiesなどがこのMetaMaskを利用しています。

これにより、EthereumのAPIを利用したDappsと呼ばれるアプリをGoogle Chrome上で動かすことができます。

今後、Ethereumが世の中に普及していく過程で、多くの人がお世話になるウォレットかもしれません!

metamask

まとめ

ERC20トークンは要約するとこのようになります。

  • ERC20とはイーサリアムでトークンを作るためのルール
  • ERC20準拠のトークンは共通したウォレットを利用できる
  • 多くのトークンがERC20を採用している

ERCには20以外にも多くの規格が存在しますので、ぜひその辺りにも注目して仮想通貨を勉強してみてくださいね。


ICO イーサリアム (ethereum) 仮想通貨 用語解説