将来有望!仮想通貨の将来性比較一覧|【2018決定版】

▼おすすめの取引所ランキング

みなさん2018年の仮想通貨の将来性、問題点をご存知ですか?

本記事では、「ビットコインなどの主要な仮想通貨の将来性」「アルトコインの将来性」を紹介していきたいと思います。

主要3通貨の将来性(BTC・ETH・XRP)

仮想通貨は現在も大幅な進歩を続けています。現在世界には仮想通貨が数千と呼ばれるほど存在しています。仮想通貨市場は今後も成長を続けていくのではないかと考えられています。

その中でも、ビットコイン・イーサリアム・リップルは圧倒的な存在感を持っています。

まずは2018年に予想されるこの主要3通貨のホットトピックについて説明します。

ビットコイン

2018年に予想されるビットコインにおける技術革新の一つであるライトニングネットワークは、仮想通貨やブロックチェーン界隈でも問題とされている「スケーラビリティ」に対する1つのソリューションです。

そもそもビットコインを始めとする多くの仮想通貨が注目されている1つの理由は

  • 即時に送金可能
  • 手数料を安く抑えることができる

というマイクロペイメントがあります。

現在ビットコインは取引量が多すぎてビットコインの目的であった即時送金、即時決済が難しくなってしまっています。この問題はスケーラビリティ問題と呼ばれています。

ライトニングネットワークを導入することによりブロックチェーンの節約ができるようになり送金速度が速くなるのではないかと想定されています。

ライトニングネットワークについて詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

これが2018年にビットコインで予想されている大きな技術革新となります

イーサリアム

イーサリアムはプラットフォームと使用することが可能です。その中でもDappsと呼ばれるものがあります。Dappsについてほとんど知らない方が多いと思われますのでここでDappsの定義について紹介させていただきます。

(Dapps)の定義

  • アプリケーションがオープンソースであること
  • トークンを使用している
  • ユーザーの合意のもとで改善

このような定義となります。これは従来のような株式会社によるサービス提供(中央管理者)が存在するわけではなく、多くのサービスがインターネット上でブロックチェーンにより非中央的で分散的なものになるのではないかと思います。

イーサリアムを買うならビットバンク!

ビットバンク公式へ

リップル

リップルは非中央集権的で自由な通貨を目指すものではなく中央集権的で金融問題を解決するために開発された通貨となります。

そのため他の仮想通貨とは一線を画している通貨です。

リップルは2017年の12月に大幅な高騰を見せたのですが、その理由が

  • リップルを使用した日韓国際送金の実験がスタート
  • アメリカ最大の取引所であるコインベースに上場
  • SBIホールディングスとカード大手会社がリップルのブロックチェーンと提携
  • 大企業と連携の噂

とのようにリップルの実用性が高く評価されたのでこのような結果となりました。

今後も大幅にリップル活用の幅が広がっていくのではないでしょうか?

リップルがダンゼン安いビットバンク!

ビットバンク公式へ

その他有望なアルトコイン銘柄の将来性

NEM

何かと話題に上っているNEMです。NEMは(New Economy Movement)を示しており金銭的な自由と平等、分散、連帯感の原則の元に新しい経済活動を起こすプロジェクトとしてスタートしました。

そのため多くの革新的な技術がNEMには使用されています。特にNEMはビットコインに変わる仮想通貨と呼ばれていて送金スピードも速く、手数料も安く、セキュリティも高いと言われています。

さらにNEMにはAPIという機能がついていてこの機能を使用することによってアプリケーションを作ることが出来ます。

このようなサービスが非常に充実されているのもNEMの将来性に注目されている理由となります。

NEMのチャート

NEMは公開されてから急速に値を上げており投資対象としても非常に注目されています。以下にNEMのチャートを載せるので確認してください。

このように基本的に値段を上げ続けてきています。価格が上げり続けていること、機能性から2018年はNEMからは目が離せません。

ネムを買うならザイフがおすすめとなります。

zaif公式へ

モナコイン

モナコインは2013年に日本で公開された仮想通貨で、2chから誕生しました。このコインは日本発の仮想通貨となり非常に注目を集めています。

モナコインは

  • ビットコインよりもブロックチェーンのブロックが作られるのが早いので、決済スピードが早い
  • ビットコインの発行数が2100万枚に対してモナコインはブロックの生成速度が早いために通貨の発行数量も起きくなっています
  • ビットコインよりも価格が安いのでライトコインのように気軽なお買い物に適しています

モナコインはもともとネットゲームのポイントや掲示板ユーザーがお互いにあげるチップとして使われました。

しかしビットコインより優れている部分もありビットコインよりも使いやすいためにプログラマーから人気が高まってきた背景があります。

さらに大手の取引所に上場していることもりモナコインの価格も上ってきています。

モナコインのチャート

このように大幅な値段の上げ下げを繰り返していますが、モナコインは日本発の仮想通貨なので今後も継続して伸びていくのではないかと思います。

モナコインの購入はビットフライヤーをおすすめします。

ビットフライヤー公式へ

リスク(LISK)

リスク(LISK)は分散型アプリケーションを構築するプラットフォームです。2016年3月に行われたLiskの初期分配と開発資金調達のためのICOが行われました。

Cryptiという仮想通貨をベースにした仮想通貨で、イーサリアムと同じくブロックチェーンにプログラムを記録して実行可能にするスマートコントラクトの実行基盤になることを目指しています。

Liskには大きな特徴を持っています

  • スマートコントラクトをjavascriptで開発でき、多くの開発者が参加可能
  • DPoSやサイドチェーン等の技術によってスケーラビリティのあるスマートコントラクト開発基盤であること
  • DPoSによる投票制の承認システム

以上の特徴を持つことによってたくさんの開発者が参入することができます。多くの開発者が参入してくることによってLisk全体の人気が底上げされているのではないでしょうか?

Liskのチャート

国内取引所ではリスクを取り扱っているのはビットフライヤーのみとなっています。

ビットフライヤー公式へ

NEO(ネオ)

ネオもまたプラットフォーム系通貨で、さらに中国の仮想通貨という点が注目されています。

ネオはイーサリアムなどと同様にスマートコントラクトを搭載しており、分散型ネットワークで「Smart economy(スマートな経済)」を実現することを目指しています。

ネオはブロックチェーン技術とデジタルID(デジタルアイデンティティ)を使って資産をデジタル化し、さらにスマートコントラクト機能で自己管理することを目指しています。

また、ネオの強みは中国系であるという点です。中国は仮想通貨取引が盛んな上に、圧倒的人口数を誇ります。そのため中国に開発拠点を置くネオはそれだけで優位性があると言えます。

簡単に特徴をまとめると

  • スマートな経済を目指す
  • お金や知的財産のデジタル化をめざす
  • 中国系通貨で市場がでかい

このような特徴を持っており、中国では国外の仮想通貨への規制が厳しく、国産の仮想通貨を後押しする流れがあるため、大いに期待の持てるコインと言えます。

ネオは現在国内取引所では取り扱っていません。バイナンスなどの海外取引所を利用しましょう。

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

DEX分散型の取引所の可能性

少し、番外編的な扱いになるのですが、DEXという形式の取引所が非常に注目を集めています。DEXという言葉の意味は「分散型取引所」という意味となります。つまり中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所のことになります。

中央管理者がいないということは自ら秘密鍵を管理しながら取引を行うことができるので中央集権型取引所に存在するデメリットを解消することができます。

中央集権取引所は内部の人間による不正、ハッキングなど様々なリスクにさらされ続けている現状です。

DEX(分散型取引所)ではこのようなデメリットが解決され秘密鍵を持っている人同士が管理し合っているのでセキュリティが強固になっています。

おすすめ投資法

次に将来性ある仮想通貨にどのように投資するか、オススメの投資法を紹介します。

ダンゼン長期ホールドがおすすめ!

やはり長期的に保有するというのは相場の波にのまれにくいのでかなりおすすめです。

中途半端に短期トレードを行うと、手数料や税金で結局利益が減少するので効率が良くありません。

長期的に保有してまとめて売買する方がチャートをいちいち見なくていいのでダンゼンおすすめです。

そして長期ホールドするために重要なことがセキリュティです。

長期ホールドの時はセキリュティが万全のビットフライヤーに資産を置いておきましょう。

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の安全性ランキング! 【1位】GMOコイン 信用取引が可能!おすすめ仮想通貨取引所 【2位】bit

中級者はアルトコインFX

慣れてくると相場の流れが読めてきます。特にアルトコインはビットコインの流れに連動する動きをします。

中級者の人はDMMビットコイン取引所でアルトコインのレバレッジ取引に挑戦してみましょう。

アルトコインのレバレッジ取引ができるのは DMM Bitcoin だけです。

DMM Bitcoin公式へ

仮想通貨の現状の問題点

仮想通貨は現実世界の問題点を大きく改善に導いてくれる可能性を持っています。

その将来性を上述してきました。

しかしながら様々な問題点も未だに残されています。これから仮想通貨に対する問題点を述べていきます。きちんと問題点、将来性を理解して投資をしましょう。

投機目的に使用されている

仮想通貨は現在大きく値段を上げています。しかし仮想通貨に対する需要は純粋に仮想通貨が必要で購入している人ばかりではありません。

ビットコインの値段の乱高下がニュースになるなど非常に投機目的に偏った取引がなされてしまっています。仮想通貨というものは現実世界にはないものであくまでも「仮想」のものであるということを理解していない肩が非常に多いです。

大航海時代にオランダで発生したチューリップバブルに例えて仮想通貨を揶揄する声があるくらいです。

セキュリティ上の問題

仮想通貨は最先端の技術ではありますがまだ運用実績が少なくセキュリティ的な心配をする方が非常に多いです。実際にイーサリアムのThe DAOのハッキングであったり、コインチェックのNEM事件など多くの可能性がありました。

しかし仮想通貨の運営サイドはセキュリティ対策は問題なく実施されているという主張をしています。

セキュリティは取引所の問題があるので取引所のセキュリティ対策が十分ではないので未だに注意が必要です。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題はビットコインでよく議論されている問題です。ブロックチェーンのブロック一つに書き込むことのできるトランザクションの数は決まっています。そのため取引量が多すぎると取引の処理が遅延してしまいます。

特にビットコインではこの問題が深刻でデーターの処理速度が極端に遅くなってしまいます。ビットコインが日常生活に普及した場合は大きな問題が発生します。

ビットコインの基本理念である取引の利便性が損なわれてしまうのではないかと恐れられているのです。

より仮想通貨・ブロックチェーンに興味のある方はこちらの本を呼んでみてはいかがでしょうか。初心者の方向けの本で、分かりやすくブロックチェーン・仮想通貨について説明してくれています。

今さら聞けない ビットコインとブロックチェーン


bitbank zaif アルトコイン イーサリアム (ethereum) ネム (NEM) ビットコイン (bitcoin) ビットフライヤー モナコイン リスク リップル (ripple) 仮想通貨 仮想通貨取引所