ペイメントチャネルとは?仮想通貨ビットコインの可能性

▼おすすめの取引所ランキング

Blockchain network , Machine learning , deep learning and neural networks concept. Blue Distributed connection atom with black background , 3d rendering

今回は仮想通貨の勉強をしているとよく目にする用語「ペイメントチャネル」について解説します。

ペイメントチャネルはどんな仕組みなの?

どこがすごいの?

このような疑問を解決していきます!

ペイメントチャネルとは

まずペイメントチャネルは一言で言うと

ブロックチェーンを経由しないで、その外の通信路(オフチェーン)で取引を行うもの。

まずここで大事なのが、ビットコインをはじめとする仮想通貨は一般的にブロックチェーンと呼ばれる仕組みの上で成り立っていること。

ブロックチェーンとは:

ブロックチェーンとは、ネットワーク上のやりとりの記録を皆で保管し、監視する仕組みです。

「分散型台帳技術」「分散型ネットワーク」とも呼ばれています。身近な例でいえば、1度記録されたら修正ができない通帳のような記録方法です。

大きな特徴は中央管理者がいない・誰もが参加可能・高度なセキュリティーです。

▼ブロックチェーンについて

忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

オフチェーンとは:

オンチェーンの対義語。ブロックチェーン上でトランザクションを処理することを「オンチェーン処理」と言い、対して非ブロックチェーン上で処理をすることを「オフチェーン処理」と呼びます。

ペイメントチャネルは何故このブロックチェーンを経由せず外の通信路で取引を行うのでしょうか。

実はこのペイメントチャネルはビットコインの送金・決済の問題点を解決するためなんです。

ビットコインの送金・決済問題

ブロックチェーンで取引の処理を行うビットコインには弱点があります。

ビットコインは、生じた取引に対して「これは安全な取引だ!」とGOサインを出す(ブロックの生成)までに最低10分かかります。

そのうえ、このままビットコイン利用が増え続けるとブロックの容量が限界になってしまいます

現在でも爆発的に取引量が増えたせいでビットコインは送金手数料が高くなり、送金速度も遅くなる「送金詰まり」が発生。

ビットコインを送金するのに何千円と手数料がかかったり…と深刻な問題になっています。

これを「スケーラビリティ問題」、また「ブロックサイズ問題」と言います。

▼ブロックサイズ問題

「ビットコインでよく「ブロックサイズ問題」という言葉を聞くけど、一体なんなのかわからない…」 そんな風に思ったことはありませんか? 本記事で

これを解決するのがブロックチェーンを使わない取引方法ペイメントチャネル

どのような仕組みで、どんなことが可能になるのか。次項で見ていきましょう。

ペイメントチャネル仕組み

ブロックチェーンでは基本、

取引が発生取引承認取引をブロックチェーンに記録取引成立

という流れでした。

一回ごとに取引の承認と記録が行われるため、そのたび取引承認時間がかかる…手数料もかかる…という仕組みです。

一方でペイメントチャネルは

取引(二者間なら複数回取引OK)後で取引をブロックチェーンに記録、成立

という仕組みになっています。

ですので二者の間なら複数回やり取りしても一回一回に手数料や時間がかかることはありません。

イメージとしては、一度ブロックチェーンを離れて外で複数回の取引を行ってから、最終的に取引結果を一つにまとめて再びブロックチェーンに戻ってくるようなイメージです。

オフチェーンで取引を繰り返している間は手数料もかからず、ブロックチェーンが抱える処理速度の問題もないため、少額の取引を何度でも高速に繰り返すことができます。そして、最終的に複数の取引を一つの取引としてまとめてブロックチェーンに記録します。

HEDGE GUIDE

これによってビットコインの送金スピードが上がり送金手数料を削減できるというものです。

ちなみにペイメントチャネルは二者間の取引のみ可能でしたが

複数人の間の取引もオフチェーンで実現可能。これをライトニングネットワークと言います。

▼ライトニングネットワーク

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

 まとめ

  • ペイメントチャネルはブロックチェーンを経由しないオフチェーン取引
  • ビットコインの送金手数料・送金速度などの問題を解決できる
  • 二者間の複数回取引を効率化できる
  • 複数人のオフチェーン取引はライトニングネットワークで可能

今回はペイメントチャネルについて解説しました。

ビットコインはもともと送金スピード・送金手数料のパフォーマンスが優れており、国際送金の手段に使われていましたが

2017年で取引量が爆発的に増え送金問題が深刻化してきました。

そんな現状を打破する解決策ペイメントチャネルはビットコインの可能性を広げるキーワードと言えるでしょう。


その他 ビットコイン (bitcoin) ブロックチェーン 用語解説