【解説します】プルーフオブバーン(Proof of Burn)とは何か。

▼おすすめの取引所ランキング

皆さんはプルーフオブバーン(Proof of Burn)やバーンするという言葉をご存知でしょうか。ビットコインなどの仮想通貨やブロックチェーンなどを調べていると出てくる言葉ですね。プルーフオブワークプルーフオブステークプルーフオブインポータンスと、似たような言葉が多く、まだよくわからないという方はいらっしゃると思います。本記事ではそのプルーフオブバーンについて解説していきます。

プルーフオブバーン(Proof of Burn)とは?

仮想通貨の世界にはプルーフオブワークやプルーフオブステーク、プルーフオブインポータンス等、似た名前の様々な分散型合意形成の為の証明方法がありますが、今回紹介するプルーフオブバーン(Proof of Burn)と名前が似ていて、同じようなものかと思ってしまいますよね。

ですが、プルーフオブバーン(Proof of Burn)はこれらのものとは別物で、分散型合意形成の為の証明方法ではありません。

プルーフオブバーンは新規コイン発行の方法の1つになります。

本記事ではその新規コイン発行方法であるプルーフオブバーン(Proof of Burn)について解説していきます

プルーフオブバーン(Proof of Burn)の仕組み

プルーフオブバーンは新規のコイン発行方法の1つと説明しました。

このプルーフオブバーンを説明する前に、まずビットコインの新規コイン発行方法を見てみましょう。

ビットコインはマイニングによってのみ、新規に発行されていく通貨です。

この新規に発行されていくビットコインはマイニングに成功したマイナーにインセンティブ(報酬)として渡されます。この取引を「コインベース(採掘報酬)」と呼びます。

この特殊なインプット(コインベース)を持つ取引記録を使って、ビットコインは通貨を発行しています!

プルーフオブバーン(Proof of Burn)

ビットコインがこの特殊なインプット(コインベース)を持つ取引記録を使って発行しているのと同様に、今後絶対に使用不可能なアウトプットを持つ取引記録を送金者が「コインベースを持つ通貨」によって作成することで、その金額を焼却したことを証明し、新たな通貨で同額の金額のコインベースを得ることが出来ます。

この絶対に使用不可能なアウトプットをもつ取引記録の確認は、ブロックチェーンで誰でも確認出来ます。

このようにプルーフオブバーンはビットコインの新規コイン発行方法と、対比される新規コイン発行方法です

でも正直これでは何を言ってるかわからない人もいるかと思います。

もっと簡単に言うと、

誰もわからない秘密鍵を持つアドレスにコインを送ることで、コインは2度と使えないことを証明し、それに応じて新規コインを発行する(その量が多ければ多いほど受け取れるコイン量を増やす)

というのがプルーフオブバーン(Proof of Burn)の仕組みとなります!

「バーンする」:仮想通貨を調べていると「バーンする」という言葉がでてきます。これは上記したプルーフオブバーンのコイン発行のための証明方法である、誰もわからない秘密鍵を持つアドレスにコインを送ることで、コインを2度と使えなくすることを指します

プルーフオブバーン(Proof of Burn)採用コイン

プルーフオブバーン(Proof of Burn)が誕生した背景としてビットコイン2.0というプロジェクトがあります。

ビットコインのソースコードベースに様々なアルトコインが登場しました。

このアルトコインたちに、ビットコインのブロックチェーンといった技術を応用し、

通貨としての役割以上の機能をもたせようとしたプロジェクトをビットコイン2.0と呼びます。

ビットコイン2.0の代表例としては、スマートコントラクトを持ったイーサリアムなどがあります。

そして、カウンターパーティー(Counterparty)という仮想通貨もそのうちの1つです。

このカウンターパーティーという仮想通貨がプルーフオブバーンという仕組みを初めて採用したのです!

このようにビットコイン2.0でプルーフオブバーン(Proof of Burn)を採用したコインを紹介していきます。

カウンターパーティー

CounterParty(カウンターパーティー)はビットコインのブロックチェーン上に作られたプラットフォームとなります。独自のブロックチェーンを持つのではなく、ビットコインのブロックチェーンを利用して存在しているような形となります。

CounterParty内では独自トークンを発行することが可能です。その独自通貨を発行または、売買するのにXCPというカウンターパーティーのトークンをバーンして利用していきます。

カウンターパーティで使われるトークンであるXCPが初期発行されるとき、公平に分配されるようにビットコインを払った分だけXCPが支払われるという分配方法になりました。

2014年1、2000BTC以上のビットコインがプルーフオブバーンによってバーンされてXCPが発行ました。それは合計で約265万XCPにもなりました。

この発行時に払ったビットコインに応じてXCPが分配されている為、これ以上供給量は増えません。

そして今はそのXCPをバーンし、新しい独自トークンを作成・発行するような仕組みとなっています。

モナパーティー

モナパーティーは、モナコインを利用した通貨で独自に誰でもトークンを発行することができるブロックチェーンプラットフォームになります。

カウンターパーティーのモナコイン版ですね。

このモナパーティーでもプルーフオブバーンは採用されていて、モナパーティーのトークンであるXMPをバーンすることでカウンターパーティー同様に独自のトークンを発行出来ます。

ALIS

ALIS(アリス)とは既存のソーシャルメディアプラットフォームで、ほとんど不可能であった、信頼できる記事と人々にすぐにアクセスすることを目的としたプラットフォームを目指しています。日本初のブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームを開発するプロジェクトとして注目を集めています。

2017年9月1日にICOが開始され、わずか12日間で目標の最小の調達額11,666ETH(約3.8億円)を達成、最終的に約13,000ETH(約4.0億円)の調達を達成したことからも、注目度の高さが伺えます。

このALISではプルーフオブバーンが採用されているわけではありません。

ではなぜここで取り上げたのかと言うと、

ALISはICO(トークンセール)で売れ残ったトークンをバーンしたからです。

このようにプルーフオブバーンを採用していなくとも、バーンするという事例は存在します。

まとめ

本記事ではプルーフオブバーンについて書いてきました。

これをまとめると、、、

  • プルーフオブバーンはコインの新規発行方法の1つ
  • 「バーンするとは」誰もわからない秘密鍵を持つアドレスにコインを送ることで、コインを二度と使えない状態にすること
  • プルーフオブバーンはバーンしたという証明で同額の新規コインを発行すること
  • プルーフオブバーンを採用しているのは2つのトークンのみ
  • バーンすることはプルーフオブバーンを採用していなくても出来る

このようなことがわかりました。

これで次からプルーフオブバーンや、バーンするという言葉が出てきても大丈夫ですね!

最後まで読んでくださりありがとうございます。


ビットコイン ブロックチェーン モナコイン 仮想通貨 用語解説