DAGとは?ブロックチェーンを超える技術となるのか?

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では、最近話題の仮想通貨技術のDAGについて徹底的に解説していきます。

DAGとは有向非巡回グラフを意味し、ブロックチェーンとは異なる仮想通貨の技術基盤です。この技術によって、Bitcoin同様、中央管理者が存在しない分散型のネットワークを目指します。

またこの記事では、このDAGを採用した価格急騰中の仮想通貨の将来性も徹底的に解説します。

DAGとは?

DAGとはそもそも数学用語で有向非循環グラフのことです。

有向非巡回グラフ、有向非循環グラフ、有向無閉路グラフ(ゆうこうひじゅんかいグラフ、英: Directed acyclic graph, DAG)とは、グラフ理論における閉路のない有向グラフの事。有向グラフは頂点と有向辺(方向を示す矢印付きの辺)からなり、辺は頂点同士をつなぐが、ある頂点 v から出発し、辺をたどり、頂点 v に戻ってこないのが有向非巡回グラフである。

参考:ウィキペディア

この数学概念を仮想通貨技術にも応用した通貨が最近価格急騰しています。DAGの特徴は以下の通りです。

  • 安い手数料
  • 優秀なスケーラビリティ

という特徴があります。では、ひとつひとつ掘り下げて解説します。

安い手数料

DAG採用の仮想通貨の特徴として送金手数料が安い点です。その理由はDAGにはブロッックチェーンと違ってマイナーがいない点にあります。

仮想通貨の取引や送金の正当性を承認する役目を担っているのがマイナーです。仮想通貨の取引の際にはこのマイナーに手数料として何%かの報酬を支払います。

しかし、DAGでは仮想通貨の持ち主がの取引の正当性を自分で承認するので、マイナーによる取引承認を必要としません。

したがって、マイナーに支払う報酬が必要ないので、安い手数料で送金が行えます。

優秀なスケーラビリティ

DAGでのブロック生成はブロックチェーンと異なり、網目状に生成されていきます。したがって、ブロックチェーンに比べて一定時間内に多くのトランザクションを結合できるので、送金時間が早くなります。

そして、送金時間が早いとマイナーへの手数料を高く設定する必要がなくなり、手数料が安くなります。

ブロックチェーンとの違い

ブロックチェーンとDAGの仕組みの違いは以下の通りです。

  • マイニングがない
  • 各自が取引履歴を管理

この2点の違いを徹底解説していきます。

マイニングがない

ブロックチェーンでは、新たなブロックを定期的にマイニングすることで取引履歴を追加していました。そのため、単位時間内に取り扱えるトランザクションの数に限界があるという「スケーラビリティ問題」がありました。

スケーラビリティ問題」についてはこちら

そのために、早く送金を済ませたい人は自分の取引が優先的に取り扱ってもらえるように、マイナーへ多額の手数料を支払わなくてはいけません。

一方、DAGのトランザクション処理はそもそもブロック生成という概念が存在しません。トランザクションどうしを網目状に結合させて次々と取引を承認していきます。

よってブロックチェーンと比較して、単位時間内に処理できる取引数がかなり多いので、スケーラビリティ問題は起こりません。

各自が取引履歴を管理

ブロックチェーンは、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。

そのため、それまでのすべての取引台帳データと追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録しなければなりません。よって、その承認作業を有志で行うマイニング作業が発生します。

マイニングについて詳しくはこちら

それに対してDAGを採用している暗号通貨では各自が自分自身のトランザクションを管理しています。

ノードAがノードBへ送金処理を行う場合、ノードAはノードBに向けた送金トランザクションを作成します。

その後、ノードBがPoWのhash計算をして、自身の管理しているブロックチェーンにAからの送金トランザクションを取り込むことで、送金が完了します。

このような方式を採用すると、ビットコインのように一度のブロック生成に大量の電気を消費してマイニングを行う必要がなくなります。

DAGのメリット・デメリット

ここまでのDAGのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

まずはDAGのメリットです。

  • 自分たちで取引承認するので手数料ゼロ
  • スケーラビリティ問題がない

自分たちで取引承認するので手数料ゼロ

DAGでの取引は自分で自分のトランザクションの承認が可能なので、マイナーの力を必要としません。そのため、マイナーへの報酬を支払う必要がないので手数料が安くなります。

スケーラビリティ問題がない

ブロック生成を行なって次々とトランザクションを処理するブロックチェーンとは違い、DAGではトランザクション同士を網目状に結合できるためブロックチェーンよりも多くのトランザクション処理が可能です。

デメリット

次にデメリットについてです。

歴史が浅い

DAGはブロックチェーンに比べると歴史が浅いことがデメリットです。これからこの新しいシステムを世の中で維持できるかが今後の焦点です。

DAGの使われる仮想通貨

ここではDAGを採用している仮想通貨の特徴や将来性について紹介します。

IOTA

IOTAは、tangleと呼ばれる技術を利用することで、手数料0の少額決済を可能にした通貨です。時価総額は上位で2018年2月で11位です。

今後も将来性を期待されてはいますが、逆に言えばこれまでのような急激な価格時上昇は見込めないでしょう。

安定的な上昇を期待する方にはオススメです。

IOTAについての記事はこちら

取り扱っている取引所は以下の通り。

Byteball (GBYTE)

Byteballはイーサリアムのようなプラットフォーム系の機能も持ったDAG採用の仮想通貨です。Bytaballを利用して、ICOやスマートコントラクトを利用できます。実際に保険や予測などの様々なアプリケーションが作成され公開されています。

すでにアプリケーションが利用可能という点がByteballの魅力的な点です。時価総額は2018年2月時点で59位の中堅通貨であり、今後の材料次第でもっと上位を狙えます。

Byteballについての記事はこちら

以下、Byteball取り扱い取引所です。

RaiBlocks(XRB)

RaiBlocksはIOTAや Byteballと同じくDAGを採用したた通貨です。

最近ではBINACEの新規上場銘柄の投票で1位を獲得したことで一気に注目を集めました。

BINANCEでの取り扱い開始により、さらなる価格上昇が起こるでしょう。

nano(旧名RaiBlocks)はDAGと呼ばれる技術を使った仮想通貨です。 DAGはブロックチェーンとは異なりマイニングが存在

以下、RaiBlocksを購入できる取引所です

AidosKuneen(ADK)

ADKは一年で資金10万円から5億を達成したニシノカズさんがADKを購入してその後2000倍になったことで有名になりました。

ADKはI2P技術を用いることにより取引の匿名性を確保しています。また、量子コンピューターへの耐性もあるためセキリュティが万全です。

プロジェクト内でタンザニアの銀行の買収を進めており、今後かなりの上昇が期待できる通貨です。

Aides Kuneenについての記事はこちら

ADKが購入できる取引所は以下です。

DAGの将来性とまとめ

  • 手数料が安い
  • スケーラビリティ問題の解決策となる
  • 歴史の浅さが課題

ここまでDAGについ手の紹介をしてきました。DAGはブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解消し、安い手数料を実現させることが可能な技術です。

将来的には仮想通貨の主力を担う技術になる可能性もあるので、DAG採用の仮想通貨は是非オススメです。


アルトコイン ブロックチェーン 仮想通貨 用語解説