ビットコインアドレスとは?作り方から使い方まで徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

<本記事の要約>
  • ビットコインアドレスとは例えると銀行口座のようなもの
  • ウォレットごとにアドレスは存在する
  • 送受金するにはウォレットを取得する必要がある
  • ビットコインを受け取るには自分のアドレスを相手に教えて送金してもらう
  • ビットコインを送るには相手のアドレスを送金先に指定し送金する

今回はビットコインアドレスについてご紹介します。

ビットコインアドレスって…一体なに?

どんな意味があって、どんなふうに使うの?

今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。

ビットコインアドレスについて学べば仮想通貨の送受金が簡単に行えるようになります!

ビットコインアドレスとは?

ビットコインアドレスは簡単に言うと銀行の口座番号のようなもの。

仮想通貨では銀行口座=「ウォレット」ですのでウォレット固有のアドレスだと覚えましょう!

ですので現金の銀行送金と同様に、送金するときには相手のビットコインアドレス、受金するときには自分のビットコインアドレスが必要になります。

  ▲こちらがビットコインアドレスとアドレスのQRコード

そもそもウォレットとは:

ウォレットは日本語で「財布」。その名の通り、仮想通貨を保管する場所のことを言います。

仮想通貨取引所が仮想通貨を保管しているのも”取引所のウォレット”、個人で仮想通貨の管理ために利用するのも”個人のウォレット”です。

そして前述の通りウォレットは銀行口座と考えるとイメージしやすいです。

そんなウォレットにはたくさんの種類が存在し、それぞれセキュリティーや手軽さが異なってきますので、自分の資産に合ったウォレットを併用することがおすすめ。

▼ウォレットの種類とおすすめウォレットまとめ

ビットコイン取引所では、ビットコインを購入する事ができます。でも、取引所はあくまでトレードのための場なのでビットコインを長期保存したり普段使いするためには向いて

ビットコインアドレスの作り方

ビットコインアドレスは口座番号でしたよね。

そのため口座を作れば口座番号もゲットできるということです。

仮想通貨の口座はウォレットですのでウォレットを作る必要があります。

ウォレットには多くの種類がありますが、今回は簡単にウォレットを作る2つの方法をご紹介します。

取引所に登録し、取引所のウォレットを開設する

取引所は仮想通貨の売買をする場ですが、登録時に売買のためのウォレットを開設しビットコインアドレスも取得できます。もちろんこれで送受金することもできます。

そのため仮想通貨を始めた人が一番最初に出会うウォレット、ビットコインアドレスかもしれません。

スマホアプリ版のウォレットを使う

個人でもつウォレットの中でも、スマホでアプリをインストールするだけのウォレットは簡単に作成できて初心者にもおすすめです。

スマホアプリのビットコインウォレットは、

仮想通貨取引所zaif(ザイフ)のウォレットアプリやbread wallet(ブレッドウォレット)が簡単でおすすめ。

▼あわせて読みたいビットコインウォレットの使い方

忙しい人に!3秒で分かるビットコインの送金方法 ビットコインはメールのように送受信できるお金なので、送受信には専用アドレスを利用する ア

ビットコインアドレスの使い方

ウォレットができたら実際にビットコインアドレスを使って送受金をしてみましょう。

今回は大手仮想通貨取引所ビットフライヤーのウォレットを使って送受金を実践してみます。

ビットフライヤーはセキュリティーに優れ、初心者から上級者までが利用する日本の取引所です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの取引所ウォレットを取得するには登録が必要です。

▼登録方法はこちらの記事内で「購入手順」として紹介しています。

Lisk(リスク)を取り扱っている取引所ってどこ? <Lisk(リスク)を取り扱う取引所のおすすめ> bitFlyer(国内)

ビットフライヤー公式へ

ビットコインを受け取る

ビットコインアドレスをさっそく使ってみましょう!

まず受け取るには、送金してくれる相手に自分のビットコインアドレスを伝えなくてはいけません

ビットフライヤーの場合

入出金 → BTCお預入(アプリの場合「入金」)

を選択するとQRコードと英数字のコードがでてきます。

英数字のコードをコピペ(記入ミス防止のため)して相手に伝え、送金をしてもらえばOKです。

また、相手がスマホアプリのウォレットを持っている場合はQRコードを読みよってもらえば簡単に送金ができます。

ビットコインを送る

今度はビットコインアドレスで送金をしてみます。

ビットフライヤーの場合

入出金 → BTCご送付(アプリの場合入金)

を選択するとビットコインアドレスを登録/追加という欄がでてきますので

そこに送金先のビットコインアドレスとラベル(アドレスへ自由に名前を付けておけます 例:〇〇さんのアドレスetc…)を登録します。

ちなみに、上述しましたがビットコインアドレスは必ずコピペしましょう!

アドレスが一文字でも誤っていると送金したビットコインは返ってきません。

本記事では、取引所でビットコインを入金、出金する際に必ず必要となってくるビットコインアドレスについて解説します。

もう少し詳しく説明すると

ビットコインアドレスは、暗号学的なユーザネームのようなもの

ビットコインは、楕円曲線暗号という技術に基づいたID(公開鍵)やユーザネーム(ビットコインアドレス)とパスワード(秘密鍵)によって管理されます。

普通のWebサービスと同じで、IDやユーザネームに紐づいた情報はパスワードを持った人しか操作出来ないのです。

ただし、ビットコインはこの関係性を非中央集権的な仕組みで実現するために、暗号学的な技術を駆使しています。

そのため、ビットコインアドレスは普通のWebサービスのIDとは違い、人が自由に決められない可読性の悪い文字列(1か3から始まる30程度の文字列)となっています。

正確には、ビットコインアドレスは公開鍵にダブルハッシュと呼ばれる暗号学的な計算を加えた上で、base58と呼ばれる符号化を実行しているのですが、

これは高度な暗号学的な技術ですのでここでは説明を省きます。

ビットコインアドレスに紐づいた取引履歴はブロックチェーン上に公開されている

ではこのビットコインアドレスは何に使えるのでしょうか?

一つは、先ほど説明したビットコインを送信する時のアドレスに指定できることです。

もう一つが、ブロックチェーン上で、アドレスに紐づいた取引履歴の一覧を調査できることです。

これはブロックチェーンが全世界に公開されていて、どのアドレスからどのアドレスへビットコインが移動したか誰でも調べることができると言う性質によります。

具体的には、block explorer等のサイトにビットコインアドレスを入力することで、そのアカウントがどのようなトランザクション(ビットコインの送受信)を実行して来たかを見ることが出来ます。

block explorerより引用

最初のうちはこれを理解するのは難しいことだと思うのですが、取引所での送受信の記録などもアドレスを入力すれば細かく見ることが出来ます。

ちょっとした送金の際などに確認して見ると面白いかも知れません。

アドレスを間違えたら?

送金の際にビットコインアドレスを間違えたらどうなるでしょうか?

基本的には大丈夫です。ビットコインにはチャックサムと呼ばれる小さな誤りを検出する仕組みが含まれています。

間違ったアドレスにビットコインを送信してもウォレットがチェックサムを計算してアドレスの間違いを検出し無効なトランザクションとして破棄するため、送金は成功しません。

ただし、実際に存在する正しいアドレスに送金してしまった場合は話は別です。一度トランザクションが承認されてしまうと取り消すことは数学的に不可能となります。

AさんからBさんへ送金しようとした時、Bさんのアドレスを少し間違えて入力してしまったといった場合には心配ないです。

一方で、AさんからBさんへ送金しようと思ったのに、Cさんへ送金してしまったと言う場合はどうしようもありません。

寝ぼけて大量のビットコインを別の人に送金することには気をつけましょう。

まとめ

  • ビットコインアドレスとは例えると銀行口座のようなもの
  • ウォレットごとにアドレスは存在する
  • 送受金するにはウォレットを取得する必要がある
  • ビットコインを受け取るには自分のアドレスを相手に教えて送金してもらう
  • ビットコインを送るには相手のアドレスを送金先に指定し送金する

今回はビットコインアドレスをご紹介しました。

自分で2つ以上のウォレットを持った時、ビットコインアドレスを使った送受金で資産を移動させることが多く発生すると思います。

その練習として、今回ビットコインアドレスを使ってみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤー公式へ


その他 ビットコイン ビットフライヤー 仮想通貨取引所 用語解説