クラウドマイニングとは?機材のない初心者でも気軽にマイニングが可能!

▼おすすめの取引所ランキング

2017年に、GMOやDMMなどの大手日本ネット企業が、続々と参入を表明してきたクラウドマイニング、一体どんなサービスなのか気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事ではクラウドマイニングとは何なのか?どのようなメリットがあるのか?オススメのクラウドマイニングサービスは?といった内容について解説します。

クラウドマイニングとは?他のマイニングと何が違うの?

仮想通貨のマイニングには実は種類がいくつかあります。代表的なものは、

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

の3つです。

ソロマイニング

一人でマイニングをする方法です。個人で機材を揃え、ブロックチェーンをダウンロードして同期してマイニングします。

ソロマイニングのメリットは、機材をしっかり揃えることができれば高い収益性を確保できる点です。

一方、デメリットは、機材を十分に揃えることができなければ極稀にしかマイニング競争に勝つことができず、安定した収益を上げることができません。

プールマイニング

インターネット上に公開されているマイニングプールというサービスに接続して複数人でマイニングする方法です。みんなでリソースを共有して報酬を分け合うことで、少ない機材でも安定したマイニング収益をあげることができます。

また、ブロックチェーンの同期をマイニングプールが変わりに行ってくれるため、手軽にすぐに始めることができます。

プールマイニングのメリットは、少ない機材でも安定した収益を上げることができる点です。

一方、デメリットは、マイニングプールにいくらかの手数料を払わなければならない点です。

クラウドマイニングは超手軽なマイニング方法

以上説明してきたように、ソロマイニングにしろプールマイニングにしろ、専用の機材を揃えてソフトウェアを設定しなければ、マイニングを行うことができません。

これって初心者の方にはかなり難しい作業です。

どのような機材を選ぶのか、ソフトウェアのインストール・設定はどのようにすればいいのかといったことを全て考えなければならないからです。

しかしながら、クラウドマイニングを利用すれば、サービスが提供するプランに則って機材や計算機リソースをレンタルするだけで、何の準備もなくマイニングをはじめることができます。

初心者でもまずはマイニングすることができるため非常にオススメの方法となっております。

以降ではこのクラウドマイニングについて詳しく解説していきます。

一方でデメリットは、運営を丸投げする形になってしまうため、どうしても手数料が高くなり利益が少なくなってしまう点です。また詐欺に違いサービスや倒産するサービスも存在して、楽である反面リスクも高いです。

クラウドマイニングのメリット

クラウドマイニングのメリットは、機材やソフトウェアの準備などせずとも、すぐにマイニングを開始することができる点です。

安心できるクラウドマイニングサービスを選べば、本当に手軽にマイニングを始めることができます。

案外、知識があってもマイニング設備に投資したり、機材を動かし続けるための環境を用意したりするのって大変です。

正直に言えば、まずはマイニング試してみたい!という人にとってマイニング機材って結構邪魔になる可能性が高いです。

そんな心配をせずに気軽に試せる点がクラウドマイニングのメリットです。

クラウドマイニングのデメリット

一方で、クラウドマイニングにはデメリットも存在します。

それは、手軽さ故に利益率が低い点です。場合によっては赤字になることもあるでしょう。

それだけでなく、クラウドマイニング業者が倒産してサービスが停止してしまったり、詐欺のようなサービスが存在することにも気をつけましょう。

オススメのクラウドマイニング

genesis mining

https://www.genesis-mining.com/

老舗のクラウドマイニングです。ビットコインだけでなく、Dash(ダッシュ)、Litecoin(ライトコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)等もマイニングが可能です。

有名だから安心と言える業界ではありませんが、第1の選択肢ではないでしょうか。

hash-flare

https://hashflare.io/?lang=jpn

同じく老舗のクラウドマイニングです。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、Dash、Moneroのマイニングが可能です。

リアルタイムのマイニングの進捗状況を監視できる画面が充実していたりと使いやすいです。

2018年は国産のクラウドマイニングの時代になるかも?

以上紹介したクラウドマイニングは、いずれも海外のサービスとなります。

しかしながら現在、GMOやDMMといった日本の大手ネット企業がクラウドマイニング事業への参入を発表しています。

DMM.com、仮想通貨のマイニングに向け、マシン研究開発チームを新設

仮想通貨のマイニング事業を開始

DMM、GMO共にマイニングの研究所を設立したり、北欧でのマイニングを開始したりと意欲的に事業に取り組んでいるようです。

明確な期日は発表されていませんが、両者ともクラウドマイニング事業への参入意欲を魅せています。

ハードウェア開発も行うとしているため、国産のクラウドマイニングが始まるのを待ってから初めてみるのもいいかも知れませんね!

2018年は国産マイニングの年になるのかも!?

詐欺には気をつけよう!

これはクラウドマイニングに限った話ではないですが、仮想通貨の世界は基本的に自己責任の世界です。

投資をした海外のクラウドマイニングが倒産した、詐欺だったということは普通に起こりえます。実際にそういった事件は枚挙に暇がないですし、昨年は大手のマイニングプールであるnicehashがハッキング被害にもあっています。

このように仮想通貨周りのサービスには常にリスクがあり、自己責任の世界であることを覚悟した上で参入しましょう!

実際に、国内の最大手取引所であったコインチェックですら580億円相当のNEMの盗難事件を起こしていたり、何が起こるのかわからないです。

採算の検討もしっかりと!

また、クラウドマイニングに投資する前に、マイニングするコインの値動きやハッシュレートの増減をある程度想定して、利益の見積もりを立てることをオススメします。

マイニングの収益性は、競争相手がどれだけいるのか?コインの値段はいくらか?コストはいくらか?の3つの要素で決まりますので、それほど難しくない計算で可能です。

投資する前にかならずしっかりとした見積もりを立てましょう!倒産被害、ハッキング被害、詐欺などに合わずとも、採算が全くあわなかったという可能性はかなりあります

特に2018年2月現在、全体的な大幅な値下げによってマイニングの収益性はかなり悪化しています。国内だと電気代の方が高くなってしまう水準です。

どうしてもわからない!という方は気軽にtwitterなどで「はじめてのビットコイン」編集部にご相談ください!

値段の予測等はできかねますができる限りのご質問にお答えします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?クラウドマイニングはまずはマイニングを試してみたい!という方にはオススメの方法になります。

後、家にマイニング機材を揃えたり動かし続けたりすることが嫌な人にもおすすめできます。

興味のある方は是非やってみることをオススメします!(ただし値段変動による採算の計算はしましょうね!)


イーサリアム (ethereum) ビットコイン (bitcoin) マイニング 仮想通貨