トランザクションプールとは?仮想通貨の取引について徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

今回はトランザクションプールについてご紹介します。

トランザクションプールとはなんなのか?

どんな役割をもっているのか?

こういった疑問を解決していきます。

トランザクションプールとはなにか

トランザクションプールとは…

ブロックチェーンのまだ検証されてない取引(トランザクション)を溜めている貯蔵庫(プール)のこと。

▼イメージとしてはこんなかんじ

これを理解するために必要な情報を順序だってご紹介していきます。

1.ブロックチェーンの仕組み

トランザクションプールを理解するにはまずブロックチェーンの仕組みについておさらいしましょう。

ビットコインを動かすシステム「ブロックチェーン」はこんな特徴があります。

  • 中央機関、中央管理者がいない
  • 管理者がいない代わりに取引の整合性をチェックすることを「マイニング」、チェックする人のことを「マイナー」という
  • 発生した取引はトランザクションプールに移る
  • 検証されるとトランザクションプールからブロックチェーンに記録される
  • 過去の取引履歴はすべてブロックチェーン上に保存され誰でも閲覧できる

ブロックチェーンは取引記録をブロックのように繋げていくため「ブロックチェーン」と呼ばれます。

上述のように中央管理者はいませんが、マイナーと呼ばれる世界中の人たち(正確にはコンピューター)が取引の検証をし、それが完了するとブロックに記録されます。

そのプロセスのなかで出てくるのがトランザクションプールです。

これは検証作業が未認証なものを溜めておくもの、そのためトランザクションの待合室のようなものです。

ブロックチェーンをより詳しく:

忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

2.トランザクションプールはなぜ必要か

ビットコインのトランザクションでひとつ覚えておく必要のあるルールをご紹介します。

それは、「送金手数料を上乗せすればしただけ早く送金できる」というルール。

より分解して説明します。

先ほどの章で「マイニングが取引の検証作業をする」と説明しました。

中央管理者が存在しないビットコインのブロックチェーンは、マイナーたちが取引処理をします

このマイニングという行為は、実は誰でも必要な機材さえあれば参加可能世界中の人たちの協力によって取引の処理は行われているのです。

しかしこのマイナーたちに利益がなければ協力を仰ぐのは難しいですよね。タダ働きになってしまうなら誰も参加してくれません。

そのため、マイナーたちは報酬制度があります。

ビットコインの報酬制度(報酬分配ルール)はPoW(プルーフオブワーク/Proof of Work)と呼ばれ、このルールに基づきビットコインの送金手数料はマイナーたちへの報酬になるんです。

そのため送金手数料(マイナーへのインセンティブ)を上乗せした取引が、優先的に取引の検証に回され結果的に送金完了が早くなります。

結論として、トランザクションプールはそのルールのなかで送金手数料が安い、後回しにされたものを溜める貯蔵庫として必要になってくるのです。

マイニングについてもっと詳しく:

マイニングは上述したようにビットコインの取引処理を代行する行為ですが、マイニングは「採掘」、マイナーは「採掘者」という意味で、計算処理をすることをビットコインの採掘と絡めてそう呼ばれます。

ビットコインのマイニングをまとめるとこんな風に言い表せられます。

・ビットコインは有志の計算機によって運営される分散ネットワークである

・ビットコインの運営は有志の計算機を競争させることでなりたっている

・競争の勝者にはコインが与えられる

ビットコインのマイニングの仕組みを解説 本記事は、ビットコインや仮想通貨のマイニングについての初心者向けの解説です。  ビットコインのマイニングを始めた

トランザクションプールが関連する問題

トランザクションプールが出てくるのは、ビットコインの二重支払問題の話かもしれません。

二重支払とは、ある人へ支払いをした後に、別の人に同じ支払いを行うこと。

ビットコインのような中央集権的なサーバがない分散型なネットワークでは、この二重支払いを防ぐことが大きな課題でした。

しかし、分散型の台帳を参加者全員で共有し、取引履歴を互いに承認し合うことで、中央集権的な管理者を置かずに二重支払いの禁止に成功しました。

二重支払問題については下のリンクの記事で詳しくご覧いただけます。

ここでポイントなのは、

送金したらその瞬間に送金完了と思うのではなく、トランザクションプールに未承認として入ることを知っておく必要がある、ということです。

その後しっかりトランザクションが「承認」されたのか、確認する必要があると言えます。

ビットコインの二重支払問題について:

二重支払いとは、ある人へ支払いをした後に、別の人に同じ支払いを行うことです。 ビットコインのような中央集権的なサーバがないP2P型

まとめ

  • トランザクションプールとは発生した取引が最初に行く場所
  • 未承認のトランザクションが溜められる貯蔵庫
  • ビットコインの送金は送金手数料が高いものから優先的にされるため、優先度の低いものが集まるのがトランザクションプールである

今回はトランザクションプールについて解説しました。

ビットコインのトランザクションはこういった複雑なプロセスを介しているんです。


ビットコイン (bitcoin) ブロックチェーン 用語解説