仮想通貨のプレマイン(プレマイニング)とは?仕組みや行う理由を徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨のプレマイン(プレマイニング)について徹底的に解説します。

プレマインとは不特定多数の参加者にその仮想通貨のマイニングが公開される前に、開発者自身やその他の指定した主体が新規発行仮想通貨を受け取ることができる仕組みです。

なぜプレマインが行われているのか、プレマインに関連した仮想通貨のシステムについてわかりやすく解説します。

プレマイン(プレマイニング)とは

マイニングとは

プレマインを理解するにはマイニングとは何かを理解することが必要です。

マイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加することです。円であれば日本銀行が一括して取引を管理していますが、仮想通貨ではマイナーと呼ばれる有志の人々が分散して取引を管理します。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。そのためそれまでのすべての取引台帳データと追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録しなければなりません。

そして、このブロックチェーンの整合性を管理することがマイニングという作業です。その作業を行う有志の人たちをマイナーと呼び、マイナーには作業の報酬として新たなコインが支払われます。

報酬を受け取るには高性能なコンピューターとそれ稼働させる電気エネルギーが必要です。道具を使って新たな資産を受け取り、売買などを通じてそれがあらゆる人の元へ流通していきます。

この一連の流れは金を掘ってから世の中に出回って行く様子に似ているので仮想通貨においてブロック生成がマイニングと呼ばれている理由です。

マイニングについての記事はこちら

マイニング(mining)という言葉を聞いたことがありますか? ここでは、 ①そもそもマイニングってなに? ②マイニングって実

プレマインとは

マイニングの概要は上で述べた通りです。では、本題のプレマイン(プレマイニング)とはの説明です。

プレマインはマイニングという単語の頭に「プレ」がついた形ですが、「プレ」とは「先に、あらかじめ」という意味です。

よってプレマインは直訳すると「事前にマイニングする」という意味になります。

仮想通貨のプレマインとは、開発者が新規発行する仮想通貨をリリースする前に特定の数の仮想通貨を自身に割り当てることです。

一般のマイナーたちが仮想通貨のマイニング報酬を得る前の段階で、開発者とその周辺の人物であらかじめ一定量の仮想通貨を保有しようとすることです。

プレマインはユーザーから嫌われる??

プレマイニングはしばしば、ユーザーから反感を買うことがあります。理由をいくつかあげると、

  • 開発者の独断による仮想通貨の分配
  • プレマイン市場によるマイナーの独占

などがあります。ではそれぞれについてどういうことか説明していきます。

開発者の独断による仮想通貨の分配

仮想通貨はそもそも、国家などの中央集権的な権力の一括管理から富を分散管理にしようと開発された技術です。

しかし、仮想通貨の開発者がプレマインによって大量の仮想通貨を保有し、市場に流通する通貨量を調整するほどの影響力を持つと、結局中央集権的な管理になってしまいます。

それがプレマインが批判される理由の一つです。

プレマイナーによる市場の独占

もう一つの理由はプレマインから参加しているプレマイナーと一般のマイナーが公平な関係にないということです。

不公平な仮想通貨の稼働は健全な市場成長を妨げるという意見です。

プレマインを行う理由

では、そういったマイナス意見がある中でどうして開発者側の人間はプレマインを行うのでしょうか。

その理由は

  • コミュニティ維持のため
  • 開発者のインセンティブになるため

などがあります。それぞれについて解説していきます。

コミュニティ維持のため

プレマインを行うのは開発者やその周辺の仮想通貨を広めたい人の思惑が深く関わっています。

仮想通貨は参加者、事業者、ユーザーが多く存在して初めて成り立つものです。

その成功のために欠かせないのがその仮想通貨を応援するコミュニティの存在ですが、1から人を集めてコミュニティを大きくしていくことは簡単なことではありません。

そこでプレマインというシステムを導入します。主催者はあらかじめ開発者やその周辺の人間に仮想通貨を配っておきます。

その通貨が値上がりすれば自分も儲かるという仕組みを作っておくことで、ホルダー全員にコミュニティを活発化しようというインセンティブを生み出すことができます。

開発者のインセンティブになるため

そして開発者の働くインセンティブになるというのもプレマインを行う理由です。

開発者もタダで働いているわけではありません。自分が主体的に働くことで、プレマインで得た仮想通貨を報酬としています。

よって、自分の保有している仮想通貨の価値が上がるように開発者たちは頑張ろうと思うわけです。

プレマインのパターン

ここまでプレマインについての概要を説明してきましたが、プレマインの採用のされ方は仮想通貨ごとに差があります。ここからはパターン別にプレマインを採用している仮想通貨を説明していきます。

リップル(XRP)

リップルはそもそもマイニングという概念が存在しません。

そもそも発行総数が1000億枚と決まっています。そして最初の段階で1000億枚全てを発行し、リップル社や出資を指定をしているGoogle、アップル、マイクロソフトなどが保有しています。

したがって、マイナーによるマイニングは存在しません。マイニングがないことによって、何度もハードフォーク(分裂)が起こってしまうことを防ぐことができます。

始めから全通貨を発行しているという点は、プレマインに当てはめると割合はプレマイン100%ということになります。

ただ、これは必ずしもマイナス的な意味だけでなく、先ほど述べた通りハードフォークを避けることができるというプラスの意味を持っています。

リップルについての記事はこちら

去年から注目度の高い仮想通貨、リップル(XRP)。 2018年1月23日現在で時価総額はビットコイン、イーサリアムに次いでランキング3位。アルトコインの中

ビットコインゴールド(BTG)

ビットコインゴールドはマイニングが中企業などの一部に偏っていることを解決するために、ビットコインからハードフォークしたことで誕生した仮想通貨です。

ビットコインゴールドは、一部のマイナーに権力が集中することが本来のビットコインが目指す非中央集権の概念に反すると考え、改善するために生まれました。

ビットコインゴールドはあらかじめ開発者側が、プレマインであらかじめ20万BTGを保有している状態からスタートしました。

ビットコインゴールドの記事はこちら

本記事では仮想通貨Bitcoin Gold(BTG)を解説していきたいと思います。 特徴から将来性、チャートをまとめていきます。 Bit

ビットコイン(BTC)

ビットコインはプレマインが存在しません。したがって流通してい流通貨は公正なマイニングによって得られたものなので、プレマイニングにより不正なのみの偏りはありません。

一部の人がビットコインの大部分を保有しているという意見はありますが、それも正当なマイニングや取引で獲得したものです。

ビットコインについての記事はこちら

「ビットコインとは?ブロックチェーン・マイニングに触れながらわかりやすく解説!」ということで、ビットコインを理解する上で欠かせないブロックチェーンとマイニングに

まとめ

  • プレマイニングは一般公開前に開発者周辺で通貨を保有すること
  • プレマインの割合が大きすぎると批判の対象となる
  • 開発者の資金調達としての意味を持つ

この記事ではプレマインの仕組み、理由、世間的な見解について解説してきました。プレマインは一般ユーザーにとっては開発者に優位だという不満がある一方で、開発者たちの働くインセンティブになっているのも事実です。

仮想通貨の分析を行うとき、プレマインを行なっているかどうかにも着目してみてください。


ビットコイン 仮想通貨 用語解説