ビットコインの承認(confirm)とは?取引承認までの仕組みまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

今回はビットコイントランザクション(取引)の「承認」についてご紹介します。

承認とは何か?

ビットコインのトランザクションはどうやって承認されるのか?

こんな疑問を解決していきます。

ビットコインの承認とは?

ビットコインの承認とは簡単に言えば…

ビットコインのトランザクション(取引)が新たなブロックに含まれること

聞きなれない言葉が出てきたかもしれません。

もっと極論を言えば承認=取引完了の証、となります。

しかしビットコインの成り立つシステム「ブロックチェーン」では

取引はすぐに完了するわけではなく、取引完了(承認)までに様々なプロセスが存在します。

承認はどんなプロセスで成り立つのでしょう?

トランザクションのプロセスまとめ

こちらはビットコインの取引発生~承認までのプロセスをまとめたものです。

ひとつひとつ理解に必要なものを順に説明していきます。

1.ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンとはビットコインの成り立つネットワークのこと。

このブロックチェーンは過去の取引データをすべて記録していて、それを誰もが閲覧できます。

取引記録をブロックのように繋げていくため「ブロックチェーン」と呼ばれます。

おもな特徴はこちら

  • 中央機関、中央管理者がいない
  • 管理者がいない代わりに取引をチェック(検証)してくれる人を「マイナー」、チェックする行為を「マイニング」という
  • マイナーによって検証されるとブロックチェーンに書き加えられる

中央管理者はいませんが、マイナーと呼ばれる存在が取引の検証をし、それが完了すると新しいブロックに記録され既存のブロックチェーンに繋げられます。

ブロックチェーンはそのようなシステムで取引データの管理をしています。

2.トランザクションのプロセス

この順序に沿って見ていきます。

①取引発生

例えばビットコインをウォレットなどから送金手続きをしたとします。

しかしすぐに取引されるわけではありません!

ここからこの「取引お願いします!」という取引依頼はまずトランザクションプールへまず移されます。

②トランザクションプール

「トランザクションプール」は文字通り「トランザクションの貯蔵庫(プール)」。

ここには未承認のトランザクションが集まり、マイナーが取引検証をしてくれるのを待ちます。

ここでポイントなのは、取引を行ったのに承認されていない、未承認の時間が発生するという点。

例えばビットコインを送金したのに、未承認の貯蔵庫であるトランザクションプールに取引があるときは、まだ相手には支払われていない状態であることに注意しなくてはいけません。

▼トランザクションプールについてくわしく

今回はトランザクションプールについてご紹介します。 トランザクションプールとはなんなのか? どんな役割をもっているのか? こういった疑

③検証

ここではトランザクションプールからマイナーがトランザクションを拾い上げ、取引の検証を行います。

④ブロックチェーンに記録、承認

検証が完了したトランザクションは新しいブロックに書き加えられ、ブロックチェーンに繋げられます

このブロックに書き加えられた時に取引は承認となります

また、承認には段階があり、取引の記録されたブロックの上に新しいブロックが繋がったら「1段階の承認」、もうひとつ繋がると「2段階」となります。

取引所やウォレットによって〇段階の承認で「この取引は問題なし!動かせます!」となるルールが異なります。

一般的には6段階で確かなものとされますが、1回の承認で10分かかると言われているため6回の承認を得るには時間がかかります。

3.ビットコインの送金手数料

ビットコインのトランザクションでひとつ覚えておく必要のあるルールをご紹介します。

それは、「送金手数料を上乗せすればしただけ早く送金できる」というルール。

より分解して説明します。

「マイニング=取引の検証作業」と上述しました。

中央管理者が存在しないビットコインのブロックチェーンは、マイナーたちが取引処理をします。

このマイニングという行為は、実は誰でも必要な機材さえあれば参加可能。世界中のマイナーたちの協力によって取引の処理は行われているのです。

しかしこのマイナーたちに利益がなければ協力を仰ぐのは難しいですよね。タダ働きになってしまうなら誰も参加してくれません。

そのため、マイナーたちは報酬制度があります。

ビットコインの報酬制度(報酬分配ルール)はPoW(プルーフオブワーク/Proof of Work)と呼ばれ、このルールに基づきビットコインの送金手数料はマイナーたちへの報酬になるんです。

そのため送金手数料(マイナーへの報酬)を上乗せした取引が、優先的に取引の検証に回され結果的に送金完了が早くなります。

ちなみに:

2017年頃にビットコインの取引量が爆発的に増えたことにより、未承認トランザクションが検証作業までに時間がかかる「送金詰まり」が発生するようになりました。

結果的に送金速度は遅く、そのために送金手数料を高く払わなければいけなくなり、ビットコインの送金問題が発生しています。

「ビットコインでよく「ブロックサイズ問題」という言葉を聞くけど、一体なんなのかわからない…」 そんな風に思ったことはありませんか? 本記事で

 まとめ

ビットコインの承認とは…

ビットコインのトランザクション(取引)が新たなブロックに含まれること

しかしこの承認は取引後すぐにされるものではなく、一度トランザクションプールに入れられて、その後マイナーの検証作業を経る

最後に新しいブロックに取引記録が書き加えられ、承認となる。

なお、承認にも段階がある。

こちらがビットコインの承認とは、の答えになります。


ビットコイン (bitcoin) 用語解説