イーサリアム(Ethereum)とネム(NEM/XEM)を徹底比較!何が違うの?

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨イーサリアムとネムの違いを徹底比較します。この二つは同じプラットフォーム系仮想通貨で、似ている反面それぞれ違った特徴があります。仮想通貨初心者の方でもわかりやすく両者の違いを解説します!

まずは両者別々に特徴を解説します。

イーサリアムとは

イーサリアムは2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)という人物によって提唱され、設計が始められました。
2014年にスイスに設立された「イーサリアム財団」という非営利団体によってプロジェクトが管理されています。

イーサリアムについての記事はこちら

現在時価総額2位でアルトコインの代表ともいえるイーサリアム。 通貨価格の上昇を期待し運用している人も多いでしょう。 今回はイーサリアムの購入・売却方

特徴

イーサリアムの特徴は以下の通りです。

  • スマートコントラクトを使った「契約の自動化」
  • 有名企業が集まるEEAの存在

スマートコントラクトを使った「契約の自動化」

イーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト」という機能です。

スマートコントラクトとは「契約の自動化」のことです。

「◯◯されたら、◯◯する」という規約(ルール)に従って行動すると、自動的に、かつ第三者の介入なしに、必ず結果を得られる。

というのがスマートコントラクトのメリットです。

有名企業が集まるEEAの存在

EEAとはイーサリアム企業連合のことです。

イーサリアムのスマートコントラクト技術の活用を目指す企業が集まり、『EEA(イーサリアム企業連合)』が発足しました。

有名な参加企業はマイクロソフト・インテル。日本の企業でも、三菱UFJフィナンシャルグループや、トヨタ自動車も参加しています。

ネムとは

ネム(NEM)とは、2015年に誕生した仮想通貨で、New Economy Movementの略です。

ネムは、実用的なデジタルコインによる新たな経済圏を実現するという理念を持っています。

特徴

ネムの特徴は以下の通りです。

  • Proof of Importance (PoI) を採用
  • マイニングの代わりにハーベストを導入

それではひとつひとつ解説を加えます。

Proof of Importance (PoI) を採用

「Proof of Importance(プルーフオブインポータンス」は、参加者の重要度に応じて、発言権が付与される仕組みです。

取引の評価としては、いかに様々な人と取引してくれたのか(=コインの流動性を高めてくれたのか)です。

ちなみにビットコインではではPoIが用いられます。

PoIについての記事はこちら

ビットコインなどの仮想通貨を調べていて、よく出てくるProof of Work(プルーフオブワーク)という言葉、聞いたことはあるけど、詳しくはわからない。そんな

マイニングの代わりにハーベストを導入

ハーベストとは、ビットコインでいうマイニングのような仕組みで、ネムのネットワーク運営に協力することで報酬としてネムを貰うことができる仕組みです。

ネムを10000枚以上買って、Nono Walletに送金することでネムのハーベスティングか可能になります。

ハーベストについての記事はこちら

本記事ではNEMのハーベストについて詳しく解説していきます。 ハーベストとは何か?どうやったらできるのか?等の疑問について答えていきます。 ハー

両者の比較

それではイーサリアムとネムの共通点と相違点について比較していきます。

NEMEthereal
コンセンサスアルゴリズムPoI (Proof of Importance)PoW(Proof of Importance)
運営主体有志によるコミュニティイーサリアム財団
新規発行なしあり
ブロック承認間隔約1分15秒
総発枚数8,999,999,999 XEM無制限(現段階では)
価格(2018年2月現在)約43円約9万円
時価総額 (2018年2月現在)10位2位
リリース2015年2013年

まずは共通点から見ていきます。イーサリアムとネムの共通点は

  • スマートコントラクトによるトークン発行ができる
  • ブロックチェーンによるアプリケーションを実行できる

という点です。それではそれぞれについて解説していきます。

スマートコントラクトによるトークン発行ができる

イーサリアムとネムはどちらもスマートコントラクトによるトークン発行がシステム上で行うことができます。

例を挙げると、イーサリアムプラットフォーム上のトークンはAugur(オーガー)や、OmiseGo(オミセゴー)などがあります。

ネムのプラットフォーム上で有名なトークンはCOMSA(コムサ)があります。

ブロックチェーンによるアプリケーションを実行できる

イーサリアムとネムのもうひとつの共通点はブロックチェーンによるアプリケーションを実行できる点です。

このブロックチェーン上のアプリケーションのことを自立分散型アプリケーション(DApps)と言います。

従来までのアプリケーションはひとつのサーバーや主体に管理されることで効率化を図っていました。しかしそのサーバーや主体が不正を行わない絶対の保証はありません。

DAppsの場合は分散型台帳技術によりネットワーク全体に広がるサーバーとコミュニティにより共同的に管理します。

よって、データの処理のプロセスを分散管理しつつ、不正を防ぐことができます。

相違点

次はイーサリアムとネムの相違点について解説します。

両者の相違点は

  • マイニング
  • ソースコード

にあります。それでは、それぞれ説明します。

マイニング

イーサリアムのマイニングはPOW(Proof of Work)を採用しています。今後POS(Proof of Stake)に移行するという発表はありますが、2018年2月現在ではPOWを採用しています。

POWはビットコインも採用しているシステムで、大量の電気が必要です。またビットコインにはスケーラビリティ問題も存在し、課題もあります。

それに対して、ネムでは先ほども述べたとおりPOI(Proof of importance)によるハーベストを採用しており、マイニングという概念はありません。

保有者の重要度(ネムの保有枚数や保有期間)に基づいて報酬が与えられます。

この方法ではPOWに比べて電気代が安いという利点があります。

一方で、結局は富裕層が報酬を独占してしまうのではないかという課題もあります。

ソースコード

イーサリアムとネムにはソースコードについても違いがあります。

イーサリアムではコントラクト(契約)の信頼性をオープンソースコードを利用して確かめます。

オープンソースコードとはすべてのソースコードが一般の人に公開されているコードです。

それに対してネムのソースコードはクローズドソースコードを採用しており、ソースコードの作業後の結果のみを公開します。

まとめ

イーサリアムとネムを比較すると、

共通点

  • プラットフォーム系仮想通貨
  • トークン発行やDAppsの実行可能

相違点

  • イーサリアムはPOWを利用し、ネムはPOIを利用
  • イーサリアムはオープンソースコードでネムはクローズドソースコード

という結果になります。

両者は一見似たような性質を持っていますが、それぞれ違った特徴を持っています。

両者の長所や短所を理解して利用してしてください。

購入できる取引所

イーサリアム

イーサリアムは国内のどの取引所でも購入可能です。

bitflyer、ビットバンクなどの主要な取引所で購入可能ですのでまだ登録されていない方はどうぞ!

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

ネム

ネムを取り扱っている国内の取引所は

  • ザイフ
  • コインチェック

です。コインチェックはハッキング事件があったため、オススメの取引所はザイフです。

zaif公式へ


bitbank zaif アルトコイン イーサリアム (ethereum) ネム (NEM) ビットフライヤー 仮想通貨 仮想通貨取引所