仮想通貨ペーパーウォレットとは?仕組みや使い方を徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨ペーパウォレットに関する仕組みや使い方をわかりやすく説明します。どうして紙で資産を保管できるのか、圧倒的セキリュティの高さを他の保管方法と比較しながら徹底解説します!

ウォレットとは

ウォレットとは財布のことで、仮想通貨での口座の役割を果たします。

その口座番号に当たるものがアドレスでそこにビットコインを送金すると残高が増えるという仕組みです。

秘密鍵というものを用いてロックすることが可能で、これは暗証番号の役割を果たします。

ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上など、オフラインでもオンラインでも作ることが可能です。

ウォレットのアドレスに他のウォレットから資産を送ることによって、入金します。

出金するときは秘密鍵を用いてロックを解除し、他のウォレットアドレスに送金します。

ペーパーウォレットとは

ではペーパーウォレットとはの説明に入ります。ペーパーウォレットは「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」を紙に印刷して保管するウォレットです。

銀行口座でいう、口座番号と暗証番号を紙に保管する方法なので、その紙を見ながら処理すればビットコインを出し入れすることができます。

他にどんなウォレットがあるの?

仮想通貨のウォレットには大きく分けてオンラインとオフラインのものがあります。ちなみにペーパーウォレットはオフラインのものに分類されます。

オンラインウォレット

オンラインウォレットには

  • 取引所
  • ウェブウォレット

があります。

取引所

取引所は最も利用されているウォレットです。取引所が用意したウォレットに買った通貨をそのまま保管する方法です。

取引所が倒産したり、ハッキング被害にあうと自分の資産は帰ってこないので、セキリュティが低い保管方法です。

ウェブウォレット

ウェブウォレットはGmailのようにID/PASSを入力して利用するWebサービスです。クリックひとつで簡単に作成することが可能で、取引所よりも安全に保管することができます。

オフラインウォレット

オフラインウォレットには

  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット

があります。もちろんオンラインで保管するよりもセキリュティは高いです。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは自分のPCにウォレットのソフトウェアをインストールして使うウォレットです。

基本的にはウェブウォレットと同じで、すぐにアドレスが取得できます。

通貨によっては、ソフトウェアウォレットに入れておくと、それだけでマイニング報酬(POS/POI)が得られるものもあります。

ハードウェアウオレット

ハードウェアウォレットはセキリュティが非常に高いウォレットです。

USB端末に資産を送金し、PCから取り外して保管することにより完全にネットワークから遮断することが可能です。

ペーパーウォレットのメリットデメリット

ここからはこれまでに紹介したウォレットのパターンと比較しながら、ペーパーウォレットのメリットデメリットについて説明していきます。

メリット

ペーパーウォレットを使うメリットとしては

  • 安全性が高い
  • 実物として保管できる

ということが挙げられます。それぞれについて説明していきます。

安全性が高い

アドレスと秘密鍵を印刷し紙に保管するのでペーパーウォレットでは完全にネットワークから遮断することができます。

よってネットワーク経由のハッキングのリスクはなくなり、あとは紙を安全な場所に保管するだけで、資産を安全に保つことができます。

実物として保管できる

仮想通貨に対する多くの不安な意見として、ネット上に存在していて実体がないということがよく言われます。

ペーパーウォレットを使って仮想通貨を保管することは資産の所在を可視化し、そういった不安を少しでも緩和するのに有効です。

デメリット

ペーパーウォレットを使うデメリットとしては

  • インクや紙の劣化
  • 利便性が悪い

ということが挙げられます。それぞれについて説明していきます。

インクや紙の劣化

ペーパーウォレットは紙でできたものなので、紙が破れたりインクが剥げたりすると、資産が紛失してしまいます。

ラミネート加工したり、もう一枚予備の紙にコピーを取っておくなど、最新の注意が必要です。

利便性が悪い

ペーパーウォレットを作成するにはPCをオフラインにしてデータを展開し、ウォレットの情報を紙ににプリントアウトしなければいけません。

また、出金する時にはペーパーウォレットを保管場所から取り出し、アドレスと秘密鍵を打ち込むという作業が必要です。

よってペーパーウォレットは他の保管方法よりは手順が多く利便性が悪いのが欠点です。

ペーパーウォレットの作り方

ここからはペーパーウォレットの作成手順を紹介します。今回はビットコインのウォレットを作成します。具体的な手順は以下の通りです。

  1. bitaddress.orgにアクセス
  2. ネット接続を切りオフラインの状態にする
  3. ぺーパーウォレットを作成
  4. プリントアウト
  5. 他のウォレットから出金

それでは順を追って説明していきます。

bitaddress.orgにアクセス

この他にもペーパーウォレットを作るサイトはありますが、このサイトは日本語にも対応しているため、ほぼ一択でこのサイトで大丈夫です。

ネット接続を切りオフラインの状態にする。

ウォレット作成はオンラインで行うことも可能です。

しかし、ハッキングの可能性を0%で作成するためにもオフラインで作業を行いましょう。

ぺーパーウォレットを作成

ウォレットの作成方法には2通りあります。

まずひとつはマウスなどで画面上をランダムに動かし、100%になるまで振り続ける方法。点線が出現し、その配列に従って鍵の文字列が決まります。

もうひとつはボックスの中にランダムな英数字を手で入力する方法。マウスを動かすよりも早い場合はこちらの方法で行いましょう。

どちらの手順にせよ、これで公開鍵と秘密鍵の作成が可能です。

プリントアウト

画面上に作成された公開鍵と秘密鍵を紙にプリントアウトします。

BIP38は任意で行うことが可能で、自分の好きなパスワードを設定することができます。

印刷完了後はPC内の鍵に関する情報は削除しておきましょう。

他のウォレットから出金

他のウォレットから今回作成したペーパーウォレットへ出金します。

出金元のウォレットでペーパーウォレットの公開鍵を読み込むか直接打ち込むかをします。

そのあと数量を選んで出金をします。

以上でペーパーウォレットの作成が完了です。

仮想通貨をぺーパーウォレットから取り出すときはモバイルウォレットかデスクトップウォレットで秘密鍵を読み込み、ウォレットに入金します。

このとき、

  • ハードウォレット
  • 取引所ウォレット
  • ウェブウォレット
  • ペーパーウォレット(ぺーパーウォレット同士のやりとり)

への送金はできないので注意してください。

まとめ

ペーパーウォレットは

  • オフラインで保管できる
  • セキリュティが高い
  • 利便性が悪い
  • 紙やインクの劣化に弱い

という特徴があります。

ペーパーウォレットは利便性には劣るものの、セキリュティが高いので、直近では取引する予定のない仮想通貨を保管するのに適しています。

どんな保管方法にも絶対安全ということはないのであらゆる用途に合わせて保管方法を分けて仮想通貨を管理するのがいいでしょう。


その他 ビットコイン 仮想通貨 用語解説