Breadwallet(Bread)とは?使い方やICO情報含めて徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨取引を行う多くの人の悩みとして「資産をどこに保存するか」というのがあります。

先日のコインチェック事件を受けて、取引所のウォレットに資産を預けていることに不安を覚えた方も多いと思います。

そこで今回はモバイルウォレットの一種であるBreadwalletについて使い方、ICO情報含め解説していこうと思います!

ウォレットとは?

ウォレットとはその名の通り、各自で仮想通貨を保管する財布の役割を果たします。

ウォレットには、仮想通貨の銘柄ごとのウォレット(ビットコインにはビットコイン専用、リップルにはリップル専用のウォレット)と、複数銘柄を補完できるものがあります。

仮想通貨は購入した際に取引所においておくことも可能ですが、そこにはリスクも生じます。

具体的には、

    • ハッキングのリスク
    • 取引所破綻のリスク

この2つがあります。

大事な資産を守るためにも、モバイルウォレット等様々な保管方法を知っておくことが必要です。

具体的なウォレットの種類について知りたい方はこちらの記事を参照してください。

ビットコイン取引所では、ビットコインを購入する事ができます。でも、取引所はあくまでトレードのための場なのでビットコインを長期保存したり普段使いするためには向いて

Breadwalletの特徴

※画像はAPP Storeより引用

Breadwalletとはビットコイン専用のスマホアプリで利用できるモバイルウォレットです。

現在名前はBreadに変更されており、iOSとAndroidのどちらでも利用可能です。

スマホアプリなのですぐにダウンロード出来て簡単に使えることが魅力的です。

次からはメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・非常に見やすいUI

Breadwalletはビットコインの「送金」「受け取り」機能のみ備えたシンプルなものとなっています。

余計な複雑な機能が存在しないので、アプリ自体も非常に見やすく、初心者にも使いやすいです。

また、登録やサインアップが必要ないので、すぐに始められることも魅力の一つです。

・堅牢なセキュリティ

Breadwalletはwebウォレットとは違い、利用者のスマートフォンの端末自体に情報を保存しています。ビットコインネットワークにはサーバーを介さず直接接続していることから、ファイナンシャル情報が開示されることもありません。サーバー攻撃等を受けても、自身の端末のみしっかり管理を行えば、影響を受けることもありません。

また、業界トップクラスのハードウェア暗号化を使用することによって、スマートフォン紛失の際にも資金の安全性を確保しているそうです。

また、申請が困難といわれるAPP Storeで取り扱っていることも、安心できるポイントです。

・送金手数料の自動決定

Breadwalletでは送金時にかかる手数料を自動で設定してくれます。

ウォレットの中には自分で手数料を決めなければならないものも多いです。初心者の方にとっては、相場がわからずに戸惑ってしまう場合もあります。その点、Breadwalletの自動設定は初心者にやさしい仕様ですね。

デメリット

・取り扱い通貨がビットコインのみ

Breadwalletではその使いやすさの分、ビットコインしか取り扱いができません。そのため、イーサリアム等のアルトコインやビットコインからのハードフォークで生まれたビットコインキャッシュを保管したいと考えても利用できないので注意が必要です。

・日本語対応はiOS版のみ

BreadwalletはiOS版しか日本語対応を行っていません。

なので、Androidユーザーで対応言語が日本語じゃないと不安!という方は使えないのが難点です。

Breadwalletの使い方

ここからは実際にBreadwalletをダウンロードして利用する手順を解説していきます。

ここでは日本語対応を行っているiOS版で説明を行います。

iOS版のダウンロードはこちら

Android版のダウンロードはこちら

ダウンロード~基本セキュリティ設定

まずはAPP Storeで「Bread」と検索しアプリをダウンロードして、起動してみましょう。

起動したら青枠の「新規ウォレット作成」を押します。

始めに、6桁のPINコードの設定が必要です。

こちらを忘れると保管している資産が取り出せない可能性も出てくるので、紙等に書いて保存しておきましょう。

次にペーパーキーの設定を行います。

これは、携帯電話の故障、盗難、紛失、アップグレードの際、自分の資産を復元するために必要なものです。

画像の黒枠のところにランダムな日本語(はしる等)がひらがなで表示されます。

単語は全部で12個ありますので、必ず順番通りに紙に書いて安全な場所で保存しましょう。

なお、最後に記入してあるワードの確認として、ランダムな順番のワードを入力する必要があります(#5のワード~)。

最後にTouchIDの設定があります。これを有効かすることで、送金時に指紋認証を行うことでセキュリティの強化が行えます。必ず有効にしましょう。

送金・受け取り方法

送金

Breadのホーム画面はこちらになります。送金する際は左下の送金するをタップしましょう。

すると画面下に上のような画像が出てきます。

まずの部分で宛先を決めましょう。方法としては「貼り付け」「スキャン」の2つです。

「貼り付け」はEメールまたはSMSメッセージでビットコインアドレスを送られた際に使います。アドレスをデバイスのクリップボードへとコピーして「張りつけ」ボタンを押して完了です。

「スキャン」はQRコードを提示された場合に用います。「スキャン」のボタンを押すとカメラが起動するのでそちらで読み取りましょう。

また、自分で宛先を入力することも可能ですが、誤送金してしまった場合返金はできないので十分な注意が必要です。

次にの部分で金額を入力しましょう。画像の赤枠のボタンをタップすれば送る通貨をBTCからJPYに変更することができます。

最後にの送金するのボタンを押せば完了です。何かメッセージがあればメモの部分に事前に入力しておきましょう。

受け取り

受け取り時はホーム画面下にある「受取」をタップします。

すると画面下に上の画像が出てきます。

の部分はQRコードです。実際にスキャンしてもらう際に利用します。の部分は実際のアドレスになります。QRコードの部分をタップすればクリップボードにアドレスがコピーされますので、の部分でEメールまたはSMSメッセージで送信することができます。

またの部分で具体的な金額のリクエストも送ることができます。

基本的な送金・受け取りの操作は以上で完了です。非常にシンプルでわかりやすいので、初心者の方にも安心ですね。

ICO情報

Breadは現在120ヵ国以上の人々に使用されています。

そんなBreadを運営している「BRD」によって2017年12月にICOが行われました。

ICO基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
通貨記号BRD
最高目標32,000,000USD
トークン供給数106,000,000
供給率66.25%
参加可能通貨Ethereum
Webサイトhttps://token.breadapp.com/en/
ホワイトペーパーhttps://d2n2g5n187q8lu.cloudfront.net/static/docs/BRD-whitepaper-EN.pdf

BreadのICOに関する説明は以下の通りになります。

Breadは世界最大の分散型金融機関を目指しています。Breadはグローバル金融のあらゆるサービスに急速に拡大する準備を進めており、Breadトークンを中心とした、ウォレットサービスでは初めてのリワードプログラムを開始します。 readトークンを通じて、ユーザーの方々はプラットフォーム上の様々な特典にアクセスする事が可能となります。トークン保有者は割引特典や、保有トークン数のランクに応じた様々な機能に無料または限定でアクセスすることができます。特に保有数の多いユーザーは、最高レベルの限定サービスを受けることが可能です。 トークンは、無料配布、アンケートへの参加、Breadを頻繁に使うユーザーへのエアドロップなど様々なプロモーションを通じて獲得をする事が可能になります。BreadトークンはERC-20の基準に則ったトークンとしてイーサリアムのネットワーク上に存在するため、Breadのプラットフォームとは独立して自由に購入、販売、または転送ができます。

COINJINJAより引用

世界最大級の分散型金融機関を目指しているBRDは、消費者が第三者に頼らず、自分の資産を自己管理することを目標にしています。つまり、従来あった金融機関やクレジットカード会社を仲介せずとも、全てスマートフォンで決済・送金・投資・ローン組み等を行うことを可能にしようとしているのです。

また、従来のウォレットサービスにリワードプログラムを追加することをICOで発表しています。これは、Breadトークンを通じて利用者はこのBreadプラットフォームの様々な機能(特別な特典や割引)を利用することができます。

このICOは非常に注目をあつめ、プレセール、クラウドセール共にすべて完売しています。

※画像は公式HPより引用

今後も、ユーザーアンケートの回答等のプロモーションプログラムに参加することで、Breadトークンの獲得が可能になります。

非常に高い期待が集まっているBreadのICO。

今後の情報に注目ですね。

BRD公式ホームページはこちら

https://token.breadapp.com/en/

まとめ

今回はBreadwalletについて特徴、使い方、ICO情報を含めて解説してきました。

まとめると

  • ビットコインの送金・受け取りができるモバイルウォレット
  • 非常にシンプルでUIもよく、初心者の方におススメ
  • Android版は日本語対応していないので注意が必要
  • 運営会社のBRDはICOを行い注目を集めている

このようになります!

世界120ヵ国以上で利用されているBreadwallet。ビットコインの保管先を考えている方は使ってみてはいかがでしょうか。


ICO ビットコイン 仮想通貨 用語解説