ライトコインの半減期とは?理由、影響を徹底考察!

▼おすすめの取引所ランキング

ライトコインの半減期が近づいてきています。半減期とは?という方が大多数であると思います。しかし仮想通貨を調べると必ず見つける言葉。

これを読んで半減期について学びを深く学び、ライトコインの半減期を迎えましょう!

ライトコインとは?

まずはライトコインに関して説明します。ライトコインについての詳しい説明は既に当メディアが記述済みですのでご覧ください。

ライトコインは2011年10月7日、元グーグルエンジニアであるCharlie Leeによってリリースされました。

ライトコインはビットコインの問題点を解決するために開発されたものであり決済スピードが早く発行枚数を多く設定し日常生活で使用しやすいように設定されています。

本記事では仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)についてご紹介します。 ライトコインは、2011年10月に当時Googleのエンジニアで

半減期とは

半減期という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ほとんどの仮想通貨が半減期を迎えます。半減期という単語に馴染みがないことも多いと思いますので丁寧に解説していきますのでしっかり半減期を理解しましょう!

そもそも半減期とは?

半減期と聞くと放射線のことが真っ先に思い浮かびますが、仮想通貨の世界も半減期というものが存在します。

仮想通貨での半減期というものはマイニング報酬が半分になってしまうタイミングのことです。

ちなみに殆どの通貨に半減期が存在しています。一定期間マイニングされてブロックが作成されると半減期が訪れます。

なんで半減期が来るの?

マイニング報酬が半分になるのは理由があります。マイニングというものは仮想通貨を採掘し獲得するものであります。

当然マイニングをすることによって仮想通貨の流通量が増加します。仮想通貨市場には流通量が増えると価値が下がり、多くあるものの価値は減ります。

そのため、流通量が増えれば当然価値が下落してしまいます

価値低下が進んでしまっては有用性が損なわれてしまうので調節のために半減期というものが儲けられています。

定期的に枚数が半減するという半減期によって、仮想通貨の発行枚数は有限になり、長期的な最低限の価値が保障されます。

半減期が来る理由をまとめると

  • 仮想通貨の価値調整のため
  • 長期的な発行枚数を有限にして最低限の価値を保障するため

ということになっています。

ライトコインの半減期について

ここからはライトコインの半減期についての説明をしていきます。ライトコインは半減期が来ると予想されているので現在さらなる注目を集めています。

いつライトコインの半減期が来るの?

ライトコインは2015年に半減期が来たことで注目を集めていました。その際に、ライトコインの価格が大幅に上がったことにより、以降の半減期においても値段が大幅に上がるのではないかという予想がされています。今後いつ発生するのか説明します。

 回数 いつ起こるか新規発行量
 1回目2015年8月25LTC
 2回目2019年8月12.5LTC
 3回目2023年8月 6.25LTC

以上のような形になっています。最近だと2015年に最初の半減期を迎えました。半減期を迎えるたびに新規発行量が半分になっています。このように半減期を迎えるたびに新規発行量が半分になっていきます。

そして次の半減期は2019年に発生します。各仮想通貨によるのですが決められた量のブロックが生成されると半減期が発生します。

ライトコインは84万ブロックが生成されると半減期を迎えるようになっているので約4年後に半減期が発生すると予想されています。

http://www.litecoinblockhalf.com/

これはライトコインの半減期をカウントダウンしてくれるタイマーとなっています。タイマーによると2019年8月9日に次のライトコインの半減期が来ると予想されています。

半減期はブロックの生成時間から逆算されて算出されているので次の半減期も予想する事が可能になっています。

ライトコインを取引する予定のある方はこの一年半後の半減期に向けてどのような動きをとるか決めておくと良いかもしれないです。

参考までに他の仮想通貨の半減期を描いてみました、参考にしてみてください。

  • OKCash (2018年3月)
  • Lisk (2018年11月1日)
  • ネームコイン (2018年12月9日)
  • Vertcoin (2018年12月12日)

他にも予想されている半減期がたくさんあります。半減期の直前になると価格が上昇していくことが多いので半減期には市場の注目イベントです。

ライトコインへの影響

基本的には仮想通貨の半減期の前に値段が急上昇します。それは、新規発行枚数が減ることにより、半減期を境にマイナー(マイニング参加者)からの売り圧力が半分になることが原因であると考えられます。売る人が減り、買いたい人が増えれば値段は上昇します。

実際に前回2015年のライトコインの半減期にはライトコインの値段は大幅に上昇しました。これにより、次の半減期においても、ライトコインの値段が上昇すると予測することもできます。を望むことができるのではないかということができます。

そのためライトコインへの投資を考えている方はライトコインの半減期が来ることを知っておくと良いかもしれません。

半減期の問題点?

半減期はなんども説明した通りにマイニング報酬が半分になります。

これはどういう意味があるのでしょうか?

マイナー(採掘者)の意欲が低下してしまう恐れがあります。マイナーが積極的に採掘しなくなってしまうとネットワーク運営がスムーズにいかなくなる可能性があります。

そもそもマインングとはコインの新規発行の他にコインの決済、送金などの取引を承認する役割です。

この仕組がうまくいかなくなるとコインとしての実用性が下がる可能性があります。

半減期が来ると価格って上がるの?

ライトコインで予想される2回目の半減期はビットコインの例もあり価格上昇を起こすのではないかと考えられています。

しかしながら、値動きに関しては実際のところ起こってみなければわからない側面は大きいので、一参考情報として冷静に捉えましょう。

まとめ

  • ライトコインの半減期は定期的に訪れる
  • 半減期の前には値段が上がりやすい
  • 半減期前の値上がりも長期的にはどうなるのかわからない

アルトコイン 仮想通貨