仮想通貨のウェブウォレットとは?web上の保管方法、使い方、おすすめを徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事ではウェブウォレットについて、種類や使い方も含め分かりやすく解説していきます。

ウェブウォレットってなに?

他と比べてどんなところが良いの?

どんな種類があるの?

どういう風に使うの?

こんな疑問を解決していこうと思います。

おさらい:ウォレットとは

ウォレットとは財布のことで、仮想通貨での口座の役割を果たします。

その口座番号に当たるものがアドレスでそこに仮想通貨を送金すると残高が増えるという仕組みです。

秘密鍵というものを用いてロックすることが可能で、これは暗証番号の役割を果たします。

ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上など、オフラインでもオンラインでも作ることが可能です。

ウォレットのアドレスに他のウォレットから資産を送ることによって入金します。

出金するときは秘密鍵を用いてロックを解除し、他のウォレットアドレスに送金します。

▼ウォレットについての記事はこちら

忙しい人に!3秒で分かるビットコインの送金方法 ビットコインはメールのように送受信できるお金なので、送受信には専用アドレスを利用する ア

ウェブウォレットとは

ではウェブウォレットの説明に入ります。

ウェブウォレットとはその名の通りweb上にあるウォレットサービスを利用するスタイルです。

インターネット接続のできる端末ならパソコンでもスマホでも瞬時に残高の確認や送金手続きなどが行えます。

その操作はGmailやfacebookにログインする時のような手軽さ

ウォレットのなかでも一番利便性の高いタイプと言えるでしょう。

ウォレットにはどんな種類があるの?

仮想通貨のウォレットには大きく分けてオンラインとオフラインのものがあります。

今回ご紹介しているウェブウォレットはオンラインウォレットに分類されます。

オンラインウォレット

オンラインウォレットには

  • 取引所
  • ウェブウォレット

があります。

取引所

取引所は最も利用されているウォレットです。取引所が用意したウォレットに買った通貨をそのまま保管する方法です。

取引所が倒産したり、ハッキング被害に遭うと自分の資産は帰ってこないので、セキリュティが低い保管方法です。

ウェブウォレット

今回ご紹介するウェブウォレットはオンラインウォレットに分類されます。

ウェブウォレットはID/PASSを入力して利用するWebサービス。クリックひとつで簡単に作成することが可能で、取引所よりも安全に保管することができます。

オフラインウォレット

オフラインウォレットには

  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット

があります。もちろんオンラインで保管するよりもセキリュティは高いです。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは自分のPCにウォレットのソフトウェアをインストールして使うウォレットです。

基本的にはウェブウォレットと同じで、すぐにアドレスが取得できます。

通貨によっては、ソフトウェアウォレットに入れておくと、それだけでマイニング報酬(POS/POI)が得られるものもあります。

ハードウェアウオレット

ハードウェアウォレットはセキリュティが非常に高いウォレットです。

USB端末に資産を送金し、PCから取り外して保管することにより完全にネットワークから遮断することが可能です。

ウェブウォレットのメリットデメリット

ここからはこれまでに紹介したウォレットのパターンと比較しながら、ウェブウォレットのメリットデメリットについて説明していきます。

メリット

ウェブウォレットを使うメリットとしては

  • どの端末でも使用可
  • アカウント管理が便利

ということが挙げられます。

一体どういうことか、詳しく解説していきます。

どの端末でも使用可

ウェブウォレットはインターネット環境があればPCでもスマホでもどんな端末でも使用できます。

このメリット、実はとても便利で、その他のウォレットはダウンロードしたPCのみ・スマホのみ・USB端末のみと端末に制約があるものばかり。

端末に制約がないウォレットというのはひとつ持っていると家でも外出先でも確認できて便利です。

アカウント管理が便利

少し技術的な話に入ります。

ウォレットには秘密鍵という、仮想通貨を動かすのに必要なパスワードがあります。

ウェブウォレットはその秘密鍵をウォレットサービスの管理人が管理し、我々は自分で設定する簡単なパスワードだけを管理します。

この秘密鍵の管理がないおかげで、ウェブサービスのような簡単なログイン・簡単な操作が実現されています。

ウォレットを使うことに対して「めんどくさそう…」「難しそう…」と思っている方でも気軽にチャレンジできます。

▼秘密鍵とは

今回は仮想通貨の取引をしているとよく目にする「秘密鍵」「公開鍵」について解説します。 これを知れば大事な資産の保管方法もわかる! 一緒に学ん

デメリット

一方デメリットとしては下記が挙げられます。

  • 安全性に不安

安全性

ウォレットの安全性は、オフラインかオンラインかがポイントになります。

2018年1月のコインチェックNEM流出事件も、コインチェックがNEMをオフラインのウォレット(コールドウォレットと呼ぶ)ではなくオンラインのウォレット(ホットウォレット)での管理だったためと指摘されています。

さて、今回のウェブウォレットはオンラインウォレットです。

インターネット上のウォレットが不正アクセスに遭う可能性は高いと言えます。

そのうえ、前述の通りウェブウォレットでは秘密鍵をサービスの管理者が管理します。管理者が不正アクセスに遭った場合、秘密鍵などの情報漏洩が十分考えられます。

多額の保管であればハードウェアウォレットをおすすめします。

▼安全性第一!ペーパーウォレットとは?

この記事では仮想通貨ペーパウォレットに関する仕組みや使い方をわかりやすく説明します。どうして紙で資産を保管できるのか、圧倒的セキリュティの高さを他の保管方法と比

ここまで読んでいただくと少しずつお分かりいただけるかと思いますが、一番おすすめの方法は、ウェブウォレットも持ちつつそれぞれのウォレットを金額や用途に合わせて併用することです。

仮想通貨別!ウェブウォレット紹介

ウェブウォレットは基本的に下記のプロセスで利用ができます。

  1. ウェブウォレットのサイトにアクセス
  2. アカウントを作成(ラベル/ウォレット名やパスワードを設定)
  3. 完成!

仮想通貨別でおすすめのウェブウォレットを紹介します!

ビットコイン

Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)

部分的に日本語にも対応したビットコインウェブウォレットです。

公式サイトにアクセスし、「SIGN UP(登録)」を選択し必要情報を入力したらあなた専用のウォレットが完成します。

イーサリアム

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

イーサリアムを手に入れたらとりあえずこれ使おう!「マイイーサウォレット」!

ウェブ版とデスクトップ版(PCにダウンロードして管理するタイプ)の提供があります。

またイーサリアムだけではなくイーサリアムのブロックチェーン技術を利用したトークン(ERC20)にも対応。

長期的にいろいろな銘柄に投資したい方は、遅かれ早かれお世話になるウォレットだと思います…。

▼マイイーサウォレット使い方徹底解説!

今回はイーサリアムのウォレット「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」についてご紹介します。 MyEtherWalletってなに? ど

 リップル

Gatehub(ゲートハブ)

「ウェブウォレットは秘密鍵を自己管理できない」と前述しましたがこのゲートハブは秘密鍵の管理を自分ですることができるウェブウォレットです。

公式サイトにアクセスし「SIGN UP(登録)」を選択、必要事項を入力してアカウントを作成します。

仮想通貨取引所

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨取引所も広義でウェブウォレットと同じ機能を果たしますのでご紹介します。

世界の取引所の中でもビットフライヤーは特にセキュリティ対策に力を入れています。

24時間いつでも日本円で仮想通貨を購入可能、さらに常にチャートのチェックができるということで利便性は抜群。

登録がまだな方は登録しておくのがおすすめです。(しかし取引所保管はあくまでも少額・一時的な保管にしましょう。)

ビットフライヤー公式へ

▼あわせて読みたいビットフライヤーのまとめ!

仮想通貨取引所である「 」について徹底解説! 評判・口コミをまとめていきます。 bitFlyerは国内大手の仮想通貨取引所です。

▼仮想通貨取引所、安全性ランキング!

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の安全性ランキング! 【1位】GMOコイン 信用取引が可能!おすすめ仮想通貨取引所 【2位】bit

まとめ

今回はウェブウォレットについてまとめました。

特徴をまとめると

  • インターネット環境があればPCでもスマホでも利用可
  • 操作が簡単・手軽
  • 不正アクセスなどのリスクがある
  • 少額管理向きの利便性の高いウォレット

以上のようになります。

ウォレット作りの簡単さはナンバーワンです。

是非利用してみてくださいね。


アルトコイン イーサリアム (ethereum) その他 ビットコイン (bitcoin) ビットフライヤー リップル (ripple) 仮想通貨 仮想通貨取引所 用語解説