LedgerNanoウォレットとは?購入方法から使い方まで徹底解説

▼おすすめの取引所ランキング

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

この記事ではLedger Nanoウォレット/Ledger Nano Sウォレットについて、購入方法から使い方まで分かりやすく解説!

Ledger Nanoってなに?

他と比べてどんなところが良いの?

どこで買えるの?

どういう風に使うの?

こんな疑問を解決していこうと思います。

おさらい:仮想通貨のウォレットとは

ウォレットとは財布のことで、仮想通貨での口座の役割を果たします。

その口座番号に当たるものがアドレスでそこに仮想通貨を送金すると残高が増えるという仕組みです。

秘密鍵というものを用いてロックすることが可能で、これは暗証番号の役割を果たします。

ウォレットは自分のパソコンやスマホ、インターネット上など、オフラインでもオンラインでも作ることが可能です。

ウォレットのアドレスに他のウォレットから資産を送ることによって入金します。

出金するときは秘密鍵を用いてロックを解除し、他のウォレットアドレスに送金します。

▼ウォレットについての記事はこちら

忙しい人に!3秒で分かるビットコインの送金方法 ビットコインはメールのように送受信できるお金なので、送受信には専用アドレスを利用する ア

Ledger Nanoとは?

Ledger Nano S - The secure hardware wallet
ではLedger Nanoの説明に入ります。

Ledger NanoはフランスのLedger社によって開発されたUSB型の仮想通貨ウォレットです。

国内仮想通貨取引所ZaifもLedger社と連携し利用を促進するなど、仮想通貨業界でも推奨されているハードウェア型のウォレットです。

ちなみにLedger社のUSB型ハードウェアウォレットはLedger NanoLedger Nano Sの2タイプがあり、

Ledger NanoはシンプルなUSBタイプで約5000円、

Ledger Nano Sは新型として開発され、端末にOLEDの液晶画面もついて約10000円となっています。

Ledger Nanoを使うメリット

Ledger Nanoを使うメリットとしては

  • セキュリティが高い
  • 対応仮想通貨の種類が多い

ということが挙げられます。

一体どういうことか、詳しく解説していきます。

セキュリティが高い

Ledger Nanoは本体本体に設定するパスワードが手元にないと資産を動かすことができません。

また任意でスマホ認証も設定できますので、そこまで設定しておけば本体や本体のパスワードが盗られてしまっても資産の移動ができない仕組みになっています。

またリカバリーフレーズ(バックアップ用のパスワード)があれば万が一盗まれてしまっても資産を守ることができるなど、セキュリティを幾重にも高めることができます。

そのため多額の仮想通貨を保管する方法にLedger Nanoが選ばれています。

対応仮想通貨の種類が多い

引用:https://www.ledgerwallet.com/

Ledger Nanoで保管できる仮想通貨の種類はこんなにたくさんあります。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなど、有名な銘柄は一通り網羅。

長期的にいろいろな銘柄を購入したい方にはまとめて管理できて便利です。

Ledger Nanoを使うデメリット

一方デメリットとしては下記が挙げられます。

  • 購入に関する障壁
  • セキュリティが完全ではない

購入に関する障壁

Ledger Nanoウォレットは他の無料で利用できるウォレットと違い購入が必要です。

値段を見ていくと、Ledger Nanoは約5000円、Ledger Nano Sは約1万円。決して安くはありません。

また次項「購入方法」にて書いていますが、購入は公式サイトからが推奨されますのでフランスから輸入する必要があります。

海外配送には相当な時間がかかり、すぐに利用することができないというのがデメリットと言えます。

セキュリティが完全ではない

極論になってしまいますが「完全なセキュリティ」「必ず安全」ということはあり得ません。

セキュリティの高いLedger Nanoでも、たとえば接続したPCがウイルスに感染していたりすると情報漏洩のリスクはあることを覚えときましょう。

購入方法

購入したい!という方はひとつ注意点があることをお忘れなく!

ハードウェアウォレットを購入の際【正規品】と書いてあっても実際は異なり、不正ソフトウェアが仕込まれていた、という話がネット上で話題になりました。

その噂の真偽はわかりませんが、仮想通貨業界には詐欺も横行していますので、用心してLedger Nanoは公式サイトで購入するようにしましょう。

2018年2月現在、公式サイトで「現在予約受付中。次の入荷は3月28日を予定」という記載がありました。全世界で注文が殺到しているとのこと。すぐに届かない可能性があることをご了承ください。

公式サイトでの購入手順はこちら!

  1. まず公式サイト一番下の「LANGUAGE」で日本語に変更
  2. トップ画面にあるLedger Nanoを選択
  3. 商品ページになったら右側にある「カートに入れる」を選択
  4. 買い物を続けるか、お会計に進むかのポップアップで「会計」を選択
  5. カートの中を確認し、画面下の必要事項を記入
  6. 画面さらに下のチェックボックスにチェック
  7. 決済方法をビットコイン、クレジットカード、ペイパルの中から選択
次のページで支払情報を入力したら完了です!
到着までは、同じくセキュリティの高いペーパーウォレットでの管理はいかがでしょうか?
この記事では仮想通貨ペーパウォレットに関する仕組みや使い方をわかりやすく説明します。どうして紙で資産を保管できるのか、圧倒的セキリュティの高さを他の保管方法と比

使い方

Ledger Nanoが手に入ったらさっそく起動させてみましょう!

Ledger Nano Sの手順はこちら

  1. Ledger Nano SにUSBケーブルを接続しPCに接続
  2. Ledger Nano端末の電源が付いたら画面の指示に従って側面のボタンで操作
  3. 端末自体に4~8桁のパスワードを設定
  4. 購入時の箱に入っているリカバリーシートに、液晶に表れる24語のリカバリーフレーズを出現順にメモ
  5. アプリケーションをPCにインストール
  6. 準備完了!

Ledger Nanoの手順はこちら

  1. Chromeブラウザからこちらにアクセス
  2. Ledger Walletアプリをインストールしウォレットの初期設定をする
  3. 製品に同梱のリカバリーシートに必要事項を記入→厳重に保管
  4. 準備完了!

両方の共通点は

PCでアプリケーションをインストールし、セットアップすること

そしてリカバリーシートというものがありますのでリカバリーフレーズをメモし厳重に保管することとなります。

とくにリカバリーシートはウォレットのバックアップであり、ウォレットが盗難に遭った際などウォレットの中身を復元できるパスワードとなりますので、第三者に教えたり無くしたりしないように注意しましょう。

▼リカバリーフレーズ(=復元パスフレーズ)についてはこちら

今回は復元パスフレーズについて解説していきます。 よく目にするけど一体どのようなもの? どうやって使うの? こんな疑問を解決していきます! 復元

まとめ

今回はLedger Nanoウォレットについてまとめました。

特徴をまとめると

  • オフラインで資産を守れるハードウェアウォレット
  • 他のウォレットと比べてもセキュリティは高い
  • 公式サイトより購入できる

以上のようになります。

特に多額の資産を保管される方はセキュリティ面を考慮するとハードウェアウォレットを持つことがおすすめです。

是非利用してみてくださいね!

Ledger Nano S - The secure hardware wallet


アルトコイン イーサリアム ビットコイン リップル (ripple) 仮想通貨 用語解説