Jaxxって何?仮想通貨ウォレットの使い方を徹底解説!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨ウォレットJaxxについて、仕組みや使い方をわかりやすく説明します。

Jaxxは複数の仮想通貨をPCやスマホに一括保管できるウォレットです。保有銘柄が多い方にはJaxxがとてもオススメです。

Jaxxって何?

Jaxxとは複数の仮想通貨をPCやスマホに一括管理できるウォレットです。

まずは特徴から見ていきましょう。

特徴

  • 豊富な仮想通貨、端末に対応
  • 使いやすいUI

Jaxxは豊富な仮想通貨に対応しています。例えばビットコインとイーサリアムの両方に対応しているウォレットは他には珍しいです。

また、Jaxxでは仮想通貨の送金、受け取り、残高確認、履歴確認が全て一つの画面で行えます。

Jaxxのメリット

  • 一つのウォレットで様々な通貨が扱える
  • PCとスマホの両方で利用できる
一つのウォレットで様々な通貨が扱える

Jaxxは多くの種類の仮想通貨に対応しています。

2018年2月16日時点での対応銘柄のうち有名なものを抜粋して紹介します。

対応通貨:BTC、ETH、ETC、LTC、DSH、ZEC、RSK、DGE、BCH、GNT、REP、BAT、GNO、DGD、ICN、MCO、BNT、ANT、TKN、CVC、STX、BCP、EOS、1ST、SNT、POE、QTM、WNG、EDG、MLN、CFI、GUP、CRB、RLC、MCI、SAN、ART、SLT、PRE
この他にも多くの仮想通貨に対応しています。

これは保有銘柄が多い人にとって、あちこちウォレットに分けて保管する必要がないのでとても便利です。

一方で、Jaxxはセキリュティが万全とは言い難いので、仮想通貨を大量に保有している人にはあまり向きません。

逆に言うと、多数の仮想通貨を少量ずつ保有している人にJaxxは最適です。

PCとスマホの両方で利用できる

JaxxはPCとスマホの両方からアクセスが可能です。

このことによって、片方が故障などで使えなくなっても、仮想通貨を管理できるのでとても便利です。

Jaxxのデメリット

Jaxxのデメリットもあげておきます。

  • 日本語に非対応
  • 過去に盗難被害

残念なことに、Jaxxは英語表記のみで日本語には対応していません。下記で使い方を解説してますので、参照しながら設定してください。

また、Jaxxは過去に盗難被害が起こりました。これはJaxxの復元、利用に必要なパスフレーズが外部に漏れやすい仕様だからです。

よって、利用の際にはリスクが存在することをしっかりと認識し、適切な量の保管を心がけてください。

Jaxxの使い方

Jaxxの使用方法を紹介します。

Jaxxは以下のPCやスマホで利用可能です。

  • Mac
  • Windows
  • Linux
  • アンドロイド(スマホ、タブレット)
  • iOS(スマホ、タブレット)

この他にもブラウザ上でJaxxを管理することもできます。

  • Google Chrome
  • Firefox

この記事ではPCで利用する場合と、スマホで利用する場合の2通り解説します。https://itunes.apple.com/jp/app/jaxx-blockchain-wallet/id1084514516?mt=8

PCの場合

WindowsでもMacでもどちらでも対応できるようにGoogle Chromeの拡張機能を使ってJaxxを利用する方法を紹介します。

1.Google Chromeをインストールする。(持っていない人だけ)

インストールは無料です。とても使いやすいブラウザなのでPCに入れておきましょう。公式サイトはこちら

2.拡張機能によりJaxxをインストール

Google Chromeを起動した状態でChromeウェブストアにアクセスしてください。

そして画面左上の「拡張機能」をクリックし、検索窓に「jaxx」と入力してください。

検索結果に出てきたjaxxの「Chromeに追加」ボタンを押すと、インストールが完了します。

3.Jaxxの初期設定を行う

インストールが完了したら、画面右上のJaxxのアイコンをクリックしてください。Jaxx画面が半分だけ出現します。英語で利用上の注意などが出てきますので、さっと目を通した後、「accept」「continue」をクリックして新たにウォレットを作成します。

4.利用する仮想通貨を選択

この画面まできたら、自分の利用したい仮想通貨を選んでボックスの部分をクリックしてください。これで初期画面は終了です。

5.PINコードを設定

PINコードを設定すると、Jaxx内での様々な動作において、PINコードの入力が求められるようになります。セキリュティ対策としてPINコードは設定しておきましょう。

この初期画面の右上の3本線をクリックし、「MENU」内にある「Setting」→「Setup Security PIN」をクリックします。

あとは指示に従って4桁のPINコードを設定します。これで完了です。

次にスマホからのJaxx利用法を解説します。

スマホの場合

PCとスマホのどちらからもJaxxを使えるようにして、万が一片方が故障してしまった場合も使えるように設定しましょう。今回はiPhoneで設定を行いますが、Androidでも同じです。

1.スマホからJaxxアプリをインストールする

https://itunes.apple.com/jp/app/jaxx-blockchain-wallet/id1084514516?mt=8 より

App storeから「jaxx」と検索してアプリをインストールします。

こちらのアプリを「入手」をすることにより、インストール可能です。

2.アプリを起動する

PCですでにインストールしている場合、同じウォレットをスマホで管理することができます。

その前提で同期する方法を解説していきます。

3.PCのJaxxと同期する

アプリを起動後PC版と同じように画面を進めていきます。そしてこの画面に到達したら注意してください。

「PAIR/RESTORE WALLET」の方をクリックしてください。

そしてカメラマークをタップし、コードを読み取れる状態にして待機します。

次にPC版のJaxxを起動します。

「MENU」→「Tools」→「Pair Devices」→「I UNDERSTAND」→「Display Pairing Code」→「I UNDERSTAND」の順に進んでいきます。

最後にPINコードを入力すると、QRコードが出現するのでスマホで読み取ります。

これで、スマホとPCで同じウォレットを管理することができます。

入金して保管完了

あとはトップ画面のアドレスに他の取引所やウォレットから仮想通貨を送金することでJaxxに仮想通貨を保管できます。https://itunes.apple.com/jp/app/jaxx-blockchain-wallet/id1084514516?mt=8

ここで注意してほしいのは仮想通貨ごとにアドレスが異なることです。

ビットコインのアドレスに間違ってイーサリアムを送ってしまうと、残高に反映されず失われてしまうので、送金前にはよく確認してください。

利用上の注意

Jaxxを利用する上で気に留めておきたい注意点をまとめておきます。

  • OSによって対応通貨が異なる
  • マイニングの報酬の受け取り用に使用してはいけない
OSよって対応通貨が異なる

Jaxxでは取り扱い通貨がOSによって異なります。例えば、ZcashやRootstockはiOSでは使えないので事前に確認しておきましょう。

マイニング報酬の受け取り用に使用してはいけない

Jaxxは手軽を重視して設計されたアプリケーションなので、マイニング報酬のような負荷のかかる作業には耐えられません。

マイニングの報酬受け取り用のウォレットは別に用意してください。

まとめ

  • 多数の仮想通貨を少量保有する人にオススメ
  • PCとスマホの両方で使える
  • セキリュティが弱いことに注意

というのがJaxxを利用する上で知っていてほしいことです。

多くの種類の仮想通貨を保有している人にはとても便利なのでぜひJaxxを使ってみてください。


イーサリアム (ethereum) ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨 用語解説