LitePayとは? ライトコイン(LTC)支払端末であるライトペイがリリース! ライトコインが高騰する理由は?

▼おすすめの取引所ランキング

現在ライトコイン(LTC)が高騰中です!

本記事では、その火付け役となった「LitePay」についてご紹介します。

「LitePay」 のリリースが発表!

ライトコイン(LTC)専用の支払い端末である「LitePay」の発売が公表され、米国大手取引所のコインベースは米国、日本、中国、ドイツを含む41カ国以上で使えるようになると発表しました。

「LitePay」の稼働予定は2月26日であるとされています。

トランザクションプロセッサーとしてはビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)の決済を可能にした「Bitpay」が既にあります。

かつて、2017年末にBitpayがビットコインキャッシュを採用した際にBCHの価値が高騰したように、「LitePay」のリリースが発表されてからライトコインの価値が高騰しました。

 Litepayとは?

LitePayとはライトコイン(LTC)の支払い専用端末です。LitePayでは、カスタマーからの請求書をLitecoinで支払いし、銀行への入金まで行うことができるシステムです。

その特徴は以下の3つです。

  • LitePayでは、Bitpayよりも安い取引手数料で且つ高速なトランザクションが可能
  • 価格変動の影響を受けずに銀行口座に反映
  • デビットカードも提供予定

通常の仮想通貨決済では、仮想通貨から法定通貨に交換するまでの時間に仮想通貨価格の変動の影響を受けてしまうリスクがあります。しかし、LitePayやBitpay等の仮想通貨トランザクションプロセッサーは決済と同時に法定通貨建てのレートが銀行口座に反映されるため、価格変動の影響を受けずに済みます。

また、LTCを法定通貨(ドル・ユーロ・ポンド)に即時に変換したり、銀行に送金したりすることができ、クレジットカードのような高額な手数料もかからないため、導入する側にもメリットがあります。

さらに、LitePayはVISAに対応したデビットカードも提供する予定です。こちらも、日本、アメリカ、中国など世界40か国以上で使用することができます。

LitePayカードを作ると、ライトコインウォレットを使用して0%の手数料でUSドルを読み込むことができます。

ライトコイン(LTC)が高騰

LitePayのリリース情報の公開を受けて、ライトコイン(LTC)の価格が上昇しました。

以下はLitecoin(ライトコイン/LTC)の直近1か月の価格推移になります。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/litecoin/ より引用

2月4日にLTCの価値は上昇し、そこから一旦は価格を落としましたが、2018年2月19日現在ではその価値は20000円を超え、25000円前後で推移しています。

これからリリース日の2月26日まで価値を上げていくのかもしれません。リリース後はLitePayの機能や広がりがどう評価されるかによって価格が上下していくでしょう。

ライトコイン価値上昇には他にもいくつか理由があるといわれています。

ビットフライヤーでライトコインを購入

ビットバンクでライトコインをこ購入

ライトコイン高騰 別の理由

①ハードフォークによるライトコインキャッシュの誕生

ライトコインの価格急騰のもう一つの理由は、2月18日になされたハードフォークによってライトコインキャッシュが誕生したことです。

総発行量はライトコインの10倍にあたる8億4,000万コインが予定されています。発表されていた通り、ハードフォークのタイミングで所持している1ライトコイン(LTC)ごとに10ライトコインキャッシュ(LCC)が配布されました。

注目すべきところは、この度誕生したライトコインキャッシュ(LCC)がSHA256アルゴリズムを採用している点です。そうすることで、ビットコイン採掘機を使ってLCCをマイニングできるのです。ビットコインからマイナーを引き寄せようとする意図が分かるかと思います。

②ソフトフォークによるライトコインのアップグレード

1月にTwitter上で、ライトコイン開発者であるリー氏がライトコインをアップグレードすることを提案しています。

マイナー各自にトランザクション手数料を自由に設定できる権限を与えることで、優れた手数料市場を構築することを目指しているのです。

リー氏はマイナーに自由に手数料を設定させることで競争を生み出し、ライトコインの取引量の変動によって調整する構想を公表しています。こうすることで、送金詰まりを解消することが狙いです。

③注目のLitePal

2018年後半にはLitePalをリリースすることを公表しています。

LitePalに関する詳細はまだ発表されていませんが、オンラインで金融取引を行うより速いスピードで取引することができることや、普遍的な方法を用い、Bitcoin、Litecoin、PayPalまたはWestern Unionを使用して支払うサービスになることを公式Twitterで明かしています。

ライトコイン(LTC)を購入する

取り扱いのある国内取引所

・bitFlyer

・GMOコイン

・DMM Bitcoin

・BITPoint

・bitbank.cc

・BitTrade

・BTCBOX

など

取り扱いのある海外取引所

・Bitfinex(ビットフィネックス)

・Binance(バイナンス)

・Bittrex(ビットトレックス)

・Poloniex(ポロニエックス)

など

以上がライトコインを取り扱っている取引所になります。

ライトコインに興味がある方はぜひ登録してみてください。

ビットフライヤーでライトコインを購入

ビットバンクでライトコインを購入

GMOコインでライトコインを購入

まとめ

LitePayは2月26日にリリースを控えています!

そのLitePayの機能に対する注目だけでなく、Litecoin(ライトコイン)はハードフォークやソフトフォークなど見どころがたくさんあります。

今後Litecoinが実用的な通貨になっていくのか、或いはビットコインとの関係はどうなっていくのか目が離せません。


アルトコイン 仮想通貨