仮想通貨2月重要イベント好材料まとめ!価格上昇なるか!要チェック情報スケジュールを解説!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事では仮想通貨の2月の重要イベント材料を徹底解説します。
イベントを制するものは仮想通貨を制すると言っても過言ではありません。

上場、エアドロップ、リブランディングに到るまで、様々な好材料をわかりやすく説明していきます。

好材料をうまく活用して利益を伸ばして行きましょう。

【追記】

3月分のイベントスケジュールはこちらです。

この記事では3月の仮想通貨の重要イベントをカレンダー形式で紹介していきます。 『材料を制すものは仮想通貨を制する』といっても過言ではな
この記事では3月の仮想通貨の重要イベントをカレンダー形式で紹介していきます。 『材料を制すものは仮想通貨を制する』といっても過言ではな

上場ニュース

仮想通貨が新しい取引所に上場する際は上場の数週間前から徐々に価格が動き始めます。大抵の場合は上場の瞬間に急騰し、その後大量の売りが入って価格が下がります。

このことを念頭に置き、2月の取引所上場ニュースを見ていきましょう。

それぞれ仮想通貨の時価総額や取引所の有名度合いに応じて重要度を☆5段階で表しています。

リップル(Ripple) Coinsquareに上場 ☆☆☆☆☆5

時価総額第3位の仮想通貨リップル(Ripple)がカナダの取引所Coinsquareに新たに上場を決定しました。

カナダの中でもCoinsquareは取引量が多いので、リップルの流通量拡大が期待されています。

価格に関しては、1月の下落を改善し、上昇トレンドに転換できるかが焦点です。

2月8日に上場予定でしたが、現在延期されています。

ビットコインダイヤモンドのHitBTC上場 ☆☆☆☆★4

ビットコインダイヤモンドはビットコインから3つ目にハードフォークした仮想通貨です。

ビットコインからハードフォークするコインはスタート時点での保持者が多いのが利点です。

ただ、こちらも明確な上場日程がわからないので注意してください。

28日 Red Pulse(RPX) 韓国取引所に上場 ☆☆☆★★3

RedPulse(RPX)は日本の経済ニュースアプリのようなビジネスモデルを目指しています。投資家や研究者を始めとするユーザーは、RedPulseを利用し自分の欲しい情報を得ることが可能になります。

RPXは韓国の取引所に上場するという情報しか出ておらず、どの取引所かはまだ明かされていません。

時価総額がまだ低い仮想通貨なのでリスクは大きい分相応のリターンが見込めます。

28日 STRAKS HitBTCに上場 ☆☆★★★2

STRAKS(ストラクス)はライトニングネットワークやアトミックスワップの互換性をもつ通貨です。

今後は匿名性の機能を追加する予定です。

今回新たにHitBTCに上場します。

まだまだ発展途上の仮想通貨なので、これを機に名前だけでも覚えておきましょう。

リブランディングのニュース

仮想通貨のリブランディングは名前やシンボルマークの変更を行って、ユーザーに親しみやすいデザインやシステムに変えていくイベントです。

リブランディングを行い、価格を上昇させた仮想通貨も過去にはあったので今回も注目していきましょう。

20日 LISK(リスク) リブランディング(リローンチ)☆☆☆☆☆5

Liskは1月に日本の取引所ビットフライヤーに上場を果たしました。そして、2月20日(日本時間で21日)にリブランディングを行います。

変更の詳細は明記されてはいませんが、ユーザーにさらに親しまれるようなデザインに刷新するとのことです。

Liskは他にもコア1.0.0アップデートも控えており、本格的にサービスを開始していくスタートラインの時期なので注目されています。

このタイミングで長期のLisk保有はオススメです。

ビットフライヤー公式へ

26日 VeChain(VEN) リブランディング ☆☆☆☆★4

VeChainは商品追跡を行なって高級ブランドのコピー品被害を減らすための仮想通貨です。

リブランディングによって単位がVEN→VETに変更します。

VeChainは時価総額的に見て伸び代が大きいのでリブランディングによる価格の上昇の可能性があります。

DashやNEOはリブランディングによって価格を大きく伸ばしたのでそれに続けるかに注目です。

ハードフォーク・エアドロップ

ここからは2月のハードフォーク・エアドロップに関するイベントを紹介します。

一定の条件を満たすと新たな仮想通貨が受け取れるというものです。

タダでもらえるのでとてもお得です。

28日 ビットコインプライベート(BTCP)ハードフォーク ☆☆☆☆★4

28日にビットコインとZclassicから共同ハードフォークでビットコインプライベートが誕生します。

匿名性が高くコミュニティ重視の仮想通貨として注目されています。

ビットコインとZclassicのどちらかを持っているだけでBTCPを受け取ることができるので、ビットコインかZclassicをすでに持っている方は要チェックしておきましょう。

ビットコインプライベートの記事はこちら

2月28日にビットコイン(BTC)とジークラシック(Zclassic)からハードフォークしてビットコインプライベート(BTCP)が誕生します。 ビットコイ

 Counterparty(XCP) ハードフォーク ☆☆☆★★3

XCPはトークンを簡単に発行できるようにする仮想通貨です。個人でも簡単にトークンを発行できるようになります。

XPCはハードフォークを行い、XCP Cash(XCPC)が新たに誕生します。

日程はまだ正確にはわかっていないので、公式のアナウンスを待ちましょう。

すでに日本の取引所のZaifで取り扱っているので、今後の価格上昇に期待です。

zaif公式へ

 EOS(イオス) IQトークンエアドロップ ☆☆☆★★3

EOSプラットフォーム上のトークン、IQが2月末にエアドロップで配布されることが決定しています。

IQトークンはEveripediaというウィキペディアのようなサイト内での独自ポイントとして使用される予定です。

イーサリアム対応ウォレットにEOSを保有していると同数のIQトークンが配布されるとのことです。

IQの価値は取引所に上場するまではわかりませんがタダでもらえるのでお得です。

その他

その他2月話題の仮想通貨ニュースを紹介します。

26日 Litecoin(LTC)がLitepay開始 ☆☆☆☆★4

ライトコインの支払いシステムLitePayが2月26日にサービスを開始するという情報を受け、ライトコインの価格は直近で50%の値上がりを見せました。

需要に伴って価格は順調に伸びていくと予想される反面、直近の値上がりが激しかったので短期的な調整下げに注意してください。

LitePayの記事はこちら

現在ライトコイン(LTC)が高騰中です! 本記事では、その火付け役となった「LitePay」についてご紹介します。 「LiteP

まとめ

短期の取引に注意

この記事では2月注目の仮想通貨イベントを紹介してきました。この情報をうまく活用して利益を伸ばしていってください。

しかし、仮想通貨では予定の延期で価格が短期的に下がることがよくあります。このことをしっかり念頭に置き、気になった通貨に関してはよく調べてから投資しましょう。

ちなみに、国内取引所の銘柄はどれもオススメです。

ビットフライヤー公式へ


ニュース リスク リップル (ripple) 仮想通貨 仮想通貨取引所