2段階認証の使い方・設定方法

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨取引所では、どの取引所も2段階認証の設定を推奨しています。

本記事では、仮想通貨取引所のオススメのアプリ、利用方法、バックアップ方法等について紹介します。

2段階認証でセキュリティを強化しよう

仮想通貨取引所では、通常、メールアドレスとパスワードによるログイン機能が提供されています。

これだけだと悪意のある人にパスワードが知られてしまうと、不正ログインにより取引所のお金が抜き出されてしまう可能性があります。

実際に、取引所に置いていたビットコインを盗まれた!という人もいます。仮想通貨はインターネット上で誰でも簡単に送金できるため海外からの盗難被害というのも多いようです・・・。

もしものために2段階認証を設定してセキュリティを強化しましょう。

オススメの2段階認証アプリ

Google 認証システム

Google認証システムはgoogleの提供しているワンタイムパスを利用した認証アプリです。多くの取引所がgoogle認証 (Google Authenticator) と連携した2段階認証を提供しているため、とりあえずこれをインストールしておけば間違いないです!

設定方法は、右下の+ボタンを押してバーコードをスキャン機能を使うだけ。

取引所の2段階認証の設定画面に表示されたバーコードを読み取ると新しくパスコードが追加されます。

2段階認証を利用したログイン

取引所のログイン時に、2段階認証のパスコードの入力を求められるようになります。

ただし、2段階認証のパスコードは一定時間以内に変わってしまうので、その前に入力を終えてログインを完了しましょう。取引所によっては2段階認証の入力時間がシビアだったりしますが頑張りましょう(特にzaif)。

2段階認証のバックアップの方法は?

アプリが消えてしまったり、スマホ自体が壊れてしまったりすると2段階認証を復元することができません(スマホ自体のバックアップをとっていても無意味です)。

それに備えてバックアップをしておきましょう。バックアップには二つの選択肢があります。

  • 2段階認証設定時に表示されたQRコードを保存しておく(安全に保管できる場合)
  • 取引所の提供しているバックアップコードを取得する(提供している取引所とそうではない取引所があります)

最近ではバックアップコードを提供している取引所も多くなっていたので、控えておくことをオススメします。ログイン時にピンコードとして入力して使えます。

まとめ

  • 仮想通貨取引所では海外からの盗難被害がありうる
  • それに備えて二段階認証を設定しよう
  • 二段階認証はバックアップもした方がいいかも

二段階認証にバッチリ対応していて、大手&わかりやすくてお勧めの取引所です。まだ登録されてない方はぜひ!

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ


仮想通貨取引所 用語解説