ビットコインウォレットCopay(コペイ)とは?通常の使い方から、マルチシグネチャまで徹底解説。

▼おすすめの取引所ランキング

今回は日本語対応しているビットコインウォレット

Copay(コペイ)

の使い方を紹介します。Copayはアメリカのbitpay社が開発しているオープンソースのモバイルウォレットです。

ただ紹介するだけでもおもしろくないので、実際にBTCを受け取って稼いでみましょう!
(稼いだ気持ちになれるテストをしてみましょう!)

マルチシグネチャ機能も使用することができるので、こちらも合わせて解説していきます!

インストール

今回はスマートフォンの画面に沿って紹介します。

基本的にフローは一緒です。

※Macの場合は、HP最下部でMac OS Xを選択後、Copay.dmgを選択してインストールしてください。

最初の設定

インストールするとこの画面から始まります。

始めよう」をタップしてスタートさせてください。

分かりました」で進んでください。

ビットコインウォレット作成」をタップして、ウォレットの作成に移ります。

Passwordを設定しますか?」と聞かれているので、「はい」を選択。

こちらの空白に2回、パスワードを入力。

パスワード設定が終わると、メールアドレスの登録画面になります。

入力が終わり次第、「Continue」をタップ。

ウォレットをバックアップ」をタップ。

※見られていませんか?

これから表示される復元フレーズは、他人に絶対に見られてはいけないものなので、注意しましょう!

「画面写真を撮ってしまうと危険です!」

スクリーンショットのことですね。

例えば、他のアプリで、「カメラのアクセスを許可しますか?」と言うものがありますが、
そのアプリが万が一悪意のある者によって作られており、画像をトレースできるようになれてしまうと、復元フレーズが、一発でバレてしまいます。

復元フレーズは、アナログにはなりますが、紙ベースで保管しておくのがベストでしょう。

こちらが復元フレーズです。メモをとりましょう!

その後すぐに、復元フレーズの確認が求められますので、前のページの順番のとおりに入力しましょう。

これでバックアップがとれました。

利用規約にチェックを入れて、

これでビットコインウォレットの完成です。

ビットコインの入出金

受取タブをタップ。

ウォレットのアドレスが出てきます。

このアドレス宛に、BTCを送るという形になります。

とても簡単ですね!

送金も同じで、送りたいアドレス宛に金額を指定して送ります。

BTCがウォレットに入っていない方、持っていない方は、日本の取引所で購入することができます

おすすめはこちら。

ビットフライヤー公式サイトへ

zaif公式へ

*ビットフライヤーとzaifの詳細についてはこの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所である「 」について徹底解説! 評判・口コミをまとめていきます。 bitFlyerは国内大手の仮想通貨取引所です。

『』は、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロ社は、実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するためのICOプラットフ

実際にBTCを受け取ってみましょう

ここで少しおもしろいことをしてみましょう!

BTCをもらいに行きたいと思います!

まずは、ビットコインウォレットの横の「+」マークをタップ。

個人用ウォレットを作成をタップ。

ウォレット名を今回は「テスト」に設定してみます。

詳細設定を表示をタップ。

テスト用ネットワークをONにします。

※こちらを必ず漏れなくやってください。
やっていないと後でエラーになります。

新規ウォレット作成をタップ。

そうすると、テストウォレットが完成されました。

現在個人用ウォレットとテストウォレットがありますが、その違いに気が付きますか?

実は左の緑色のアイコンが違います。

個人用ウォレットは、本番用のブロックチェーンに繋いだものになっており、
本当のBTCを扱う時に使います

テストウォレットは、テストネットに繋いだもので、BTCは本当のものではありません
テストネットはよく開発者などが、テストを作る時に使ったりしています。

それではテスト用のアカウントを作ったところで、稼ぎにいきます!

https://testnet.manu.backend.hamburg/faucet

まずは、こちらにアクセスしてみてください。

そうすると、アドレスを入れるような空白があります。

先程のアプリ画面に戻って、テストウォレットのアドレスを表示します。

QRコード部分をタップすると、クリップボードにコピーされるようになっているので、タップしてください。

コピーが完了したら、先程の画面に貼り付け、

「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「Give me some coins」をタップ。

しばらくすると、なんとテストウォレットには、1.30BTCが入っております!

※本物のBTCではありません。

マルチシグウォレットの作成

共有(マルチシグ)ウォレットの作成の方法を紹介します。

まずマルチシグとは、簡単に言うと、鍵を複数に分散させてセキュリティーを高める目的で作られたものになります。詳しい説明はこちらの記事

こちらの使い道は様々あるので、使い方を見た後に紹介します!

先程、テストウォレットを作ったときと同様、ビットコインウォレットの横の「+」マークをタップ。

共有ウォレットを作成。
※既に誰かが作っている場合は「共有ウォレットに参加」をタップしてください。

ウォレット名と自分の名前を入力してください。

参加人数が重要です。

3人のところを間違って4人にしてしまったりすると、ウォレットは未完成のままになってしまいます。

必要な署名の数を選択してください。

ここでは2-of-3に設定しているので、3人中2人の署名が必要ということになります。

署名は、いつ必要なの?

BTCを受け取るときは必要ありませんが、送金する時は署名を求められます。

その際は、例えば先程の2-of-3ウォレットの場合、他の2人に「送金の提案」が送られてきます。
合計2人が承諾(署名)をすると、この送金が行われるという仕組みになっています。

共有(マルチシグ)ウォレットの使い方

企業資産の管理

企業の資産が盗まれたりすると大変ですね。
このリスクを回避するために、役員で鍵を分散させたり、その弁護士にも持たせたりと、工夫をして、セキュリティーを高めることが可能です。

C to C サービスのエスクロー

エスクローとは、商取引の際に、信頼できる第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託のことです。

例えば、メルカリは、ユーザー同士の取引にメルカリという信頼できる第三者を仲介することによって、安心・安全な取引を可能にしています。

この3者を、さきほどの2-of-3ウォレットにすることによって、実現することができるのです。

そういった場合は、手数料がほぼかからずに、安心・安全な取引ができます。

最後に

今回は、筆者も普段から愛用しているCopay(コペイ)を解説しました。

最近は不正アクセスなど、物騒な話題が多いですので、自分のセキュリティー周りは、しっかり固めておくようにしましょう!


ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨