仮想通貨の種類と特徴!代表的な種類を系統別に紹介!

▼おすすめの取引所ランキング

現在仮想通貨は2000種以上存在しています。

ですが、それぞれの仮想通貨がどのような特徴を持っているか、皆さんはご存知でしょうか?

仮想通貨にはそれぞれ特徴があり、似た系統のものや全く違う系統のものが存在しています。

本記事ではその中でも代表的な仮想通貨を8系統に分けてご紹介します。

仮想通貨はそれぞれ違う?

現在の仮想通貨のほとんどは、2008年にサトシ・ナカモトが考案し、ブロックチェーンをベースに作られたビットコインを原型として作られています。

ビットコインはシンプルな仮想通貨です。ビットコインは、ただ「電子的に価値の移転できる」ものとして扱われます。つまり、新たな決済手段の方法を提示しました。

そんな中、ビットコインの持つブロックチェーンといった技術を応用し、通貨としての役割以上の機能を持たせた進化型仮想通貨が誕生してきました。

それらの通貨を「ビットコイン2.0」と呼んでいます。(一般的にはアルトコイン

他にも暗号通貨2.0や次世代暗号通貨などと呼ばれることもあり、「2.0」には「次世代」または「新バージョン」という意味合いも含まれています。

ブロックチェーンの技術の進化によってもたらされたことから、最近ではブロックチェーン2.0の名称でも知られています。

これらは新しい仮想通貨全体をさす言葉であり、該当する通貨には様々な系統があります。

このビットコイン2.0として誕生してきた仮想通貨たちにはどのような特徴があるのでしょうか?

代表的な仮想通貨を系統・種類別に紹介!

それでは代表的な仮想通貨を系統・種類別に紹介していきたいと思います。

以下の系統・種類に分けてそれぞれの仮想通貨の特徴実際の仮想通貨の例を出していきたいと思います。

  • 決済系
  • スマートコントラクト系
  • 国際送金系
  • 匿名系
  • 予測市場・ギャンブル系
  • 取引所トークン系
  • 分散型取引所(DEX)トークン系
  • DAG系
  • 番外編

決済系

仮想通貨の定義は電子的に価値の移転ができるモノです。

これを過去の仮想通貨(ビットコイン以前)よりもセキュアに、そして非中央集権的に管理できることを可能としたのがビットコインでした。

このビットコインはブロックチェーンと通貨システムによるインセンティブを組み合わせた新しい発明として世に出されました。ですが、このビットコインにも問題点が存在し、このビットコインを改良した新しい通貨が開発されています。

このビットコインの系譜にあるコインが「決済系」であり、大きな特徴は「決済手段として主に機能する」という点です。

基本的にはそれ以外に機能を備え付けていないというのが特徴となります。

ビットコイン

ビットコインはこの「決済系」仮想通貨の代表的な存在。

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトがホワイトペーパーを公開し、2009年1月に開発が開始された仮想通貨です。

またビットコインは管理主体のいない仮想通貨で、ブロックチェーンネットワークを利用して、改ざんの出来ない取引記録を皆で監視しており、管理者を介さずに送金者は受取人に直接送金することができます。

ビットコインは世界中の誰にでも制限なく、即座で安価に送金できるという特徴があり、支払いや送金に適した通貨です。(しかし現在はこの決済機能についての問題点も指摘されています。)

現在の多くの仮想通貨の原型はこのビットコインであり、このビットコインから派生して様々なアルトコインが開発されています。

▼忙しい人向けにまとめ!ビットコインが欲しいあなたに最適な取引所! 【1位】bitflyer(ビットフライヤー) 安定のバランス型取引所 【

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインからハードフォークをして誕生しました。これには、ビットコインの送金・決済機能の問題(スケーラビリティ問題)が深く関連します。

問題の解決のためにハードフォークしたビットコインキャッシュは、現在ビットコインと比較しても送金手数料が安く、また送金スピードも早くなっています。

ビットコインキャッシュ購入の際に、取引所を選ぶポイント! ビットコインキャッシュを購入したいけれど、どの取引所で購入するのが最も良いのかわ

モナコイン

モナコインは一言でいうとすごく実用的なコインです。

技術的な側面では、取引の承認が早い・手数料が安い・segwitを世界で初めて実装といった点でビットコインより優れた点があります。支払いやネット上での投げ銭等、日常的に気軽に使える仮想通貨として親しまれています。

モナコインはその生い立ちや文化に強い特徴があります。2ちゃんねるで誕生したこともあり、同人的な文化が強く数多くの関連サービスが運用されています。

▼忙しい人向けにまとめ!モナコインが欲しいあなたに最適な取引所! 【1位】bitbank(ビットバンク) 積極的な研究開発!仮想通貨関連事業のリ

スマートコントラクト系

さてここからは、通貨としての役割以上の機能を持った仮想通貨を紹介していきます。

その通貨としての役割以上の機能もつ仮想通貨の系統として最も代表的なのが、このスマートコントラクト系仮想通貨です。

スマートコントラクトを搭載していることで様々なトークンのプラットフォームとして機能していきます。

このスマートコントラクト系仮想通貨は、ブロックチェーン上でDappsを開発(トークンの発行)し、サービスを行うことが可能となります。

今話題のICOもこのスマートコントラクト系仮想通貨のブロックチェーン上で行われます。

イーサリアム

イーサリアムは現在時価総額第2位のコインで、初めてスマートコントラクトを実装した通貨です。

2015年にリリースされ、通貨としての役割だけでない汎用性の高いコンピューターという意味の「The World Computer」を目指している仮想通貨です。

イーサリアムは、スマートコントラクトで保険、クラウドファンディング、予測市場などなど多くの用途に応用されています。

現在の仮想通貨界で最も将来性を期待されている仮想通貨と言っても過言ではありません。

イーサリアム購入の際に、取引所を選ぶポイント! イーサリアムを購入したいけれど、どの取引所で購入するのが最も良いのかわからない。そんなこと

Lisk

リスクはCryptiという仮想通貨をベースにした仮想通貨で、イーサリアム、NEOと同じくブロックチェーンにプログラムを記録して実行可能にするスマートコントラクトの実行基盤となることを目指しています。

イーサリアムとの違いはサイドチェーンを利用している点です。

サイドチェーンというのは、メインのブロックチェーンに双方向で接続可能な小さなブロックチェーンのことを指します。Liskはこのサイドチェーン上で個々のDapps(分散型アプリケーション)を実行することで、スマートコントラクトにスケーラビリティを持たすことができます。

これはメインのブロックチェーンに全てのスマートコントラクトを実行するイーサリアムとの大きな違いとなります。

https://www.newscrypto.jp/articles/6828

NEM

ネム(NEM)は2015年に誕生した仮想通貨で、ネムという名前は「New Economy Movement」の略から来ています。この名前には「実用的なデジタルコインによる新たな経済圏を実現する」という理念が込められています。

そしてこのネムもイーサリアムの「スマートコントラクト」と類似している機能(アポスティーユと呼ばれる)を持ち合わせています。

しかし、政府や企業など大規模の利用を前提とするスマートコントラクトに対し、NEMはさらに個人などの小規模で使えるもの

また不正や改ざんが難しい分散型台帳システムの性質上、発行時の日付などは正確に記録として残り、信頼性の高い仕組みが築けます。

https://www.newscrypto.jp/articles/7326

国際送金系

国際送金系の仮想通貨は国際送金の低コスト化・高速化を実現するためのネットワーク構築を行っており、この決済サービスネットワークを提供する仮想通貨となります。

このタイプの仮想通貨は世界各国の銀行・クレジットカード会社などの金融機関、その他の大企業・中小企業と連携することによって将来利用されることを構想しています。

あらゆる法定通貨を一度この国際送金系の仮想通貨に変換し、ブロックチェーンを搭載する決済サービスネットワークで転送する際に利用されることから、「中間(ブリッジ)通貨」とも呼ばれています。このネットワークを利用すれば、送金にかかる送金手数料・所要時間を現在の手法と比較し大幅に削減することが可能です。

この国際送金系の仮想通貨は、現在の金融システムをより円滑化させるために利用されるため、中央集権的傾向のある仮想通貨です。

その他の仮想通貨(ビットコイン等)の非中央集権的思想とは相反した思想を持つ仮想通貨となります。

リップル

この国際送金系の仮想通貨で最も代表的なのがこの「リップル」です。

リップルはビットコインなどとは違う、Ripple社独自の分散型台帳システム「XRP Ledger」を使用し、支払・決済に特化した通貨として誕生しました。

そしてビットコインとの何よりの違いは、事業会社が運営している点です。

ビットコインなどのその他仮想通貨は中央の管理者がいませんが、リップルはリップル社という会社が運営を行っています。

仮想通貨リップルは現在、過半数以上の枚数を発行元であるリップル社が保有しているため、つまり仮想通貨といえばブロックチェーン(分散型台帳)のシステムを利用した非中央集権的システムですが、リップルは唯一自社に依存している中央集権的な通貨と言えます。

リップル購入の際に、取引所を選ぶポイント! リップルを購入したいけれど、どの取引所で購入するのが最も良いのかわからない。そんなことありませ

Stellar

ステラはリップルと同様に「中間(ブリッジ)通貨」としても機能します。

例えば法定通貨の円、ドル、ユーロなど有名通貨はそれぞれに直接交換ができますが、互換性のない他の法定通貨・仮想通貨に交換する場合、ステラを仲介させることでより早く、安く送金をすることができます。

リップルは金融機関などの大きい規模の利用を想定していますが、ステラは個人間での決済・送金サービスを対象にしています。

本記事は仮想通貨Stellar(ステラ/ルーメン)についてご紹介します。 ステラはリップルをベースに開発され次世代の送金・決済手段として世界中に大きく注目

匿名系

ビットコインは利用者情報が暗号アドレス化されるため匿名性が高いと言われていますが、その暗号化されたアドレス自体はブロックチェーン上で誰もが確認することが可能です。

このビットコインの匿名性をより強化したのが、匿名系の仮想通貨となります。

この匿名系の仮想通貨は、この特性から犯罪組織やテロ集団の資金洗浄(マネーロンダリング)利用、ダークサイト運営での利用が多くされている通貨となります。

そのため規制の対象となってしまったり、或いはダークサイト運営会社の動向が大きく値動きに影響を与えています。

Monero

Moneroは2014年の4月に『Bytecoin(バイトコイン)』をベースに開発・公開されました。

Moneroは匿名性という特徴の他にも高速取引が出来る、マイニングが容易という特徴もあります。

Moneroは「CryptoNight」の採用と「ワンタイムリング署名システム」を採用することで匿名性を担保しています。

またブロック生成時間が2分(ビットコイン10分)と短いため、ビットコインよりも早く取引処理が終わります。

本記事では仮想通貨Monero(モネロ)  についてご紹介します。 かつてはコインチェックでも取り扱いがあり、日本国内でも比較的ポピュラーなアルトコインで

予測市場・ギャンブル系

仮想通貨はブロックチェーン技術を搭載しているため、非中央集権的に過去の情報が記録され続けます。また、非中央集権的に管理し、一度決まったことを覆すことは出来ません。

その為、保険としての物事の予測や、胴元の存在しないギャンブルを可能とします。

オーガー

この予測市場型の仮想通貨で最も代表的なのはオーガーとなります。

Augurとは、未来予測市場のために作られたオープンプラットフォームです。

James Surowieckiの “The Wisdom of Crowds”(群衆の知恵)による科学的研究によると、

十分に大きな集団が予測をした場合、その予測は専門家の予測よりもずっと高い制度になります。

Augurはこの「群衆の知恵」を利用することで、参加者に正確な未来を教えるとともに、中央管理者(胴元)の存在をなくします。

胴元がいない代わりに、Augurには集められた予測に対してどの予測が正しかったのかを判定するレポーターが存在します。

正しい結果報告をすればレポーターの評価は上がり、評価ポイントの高いレポーターは自分で立ち上げられるイベントの数が増えて、より多くの手数料が稼げるようになります。

本記事では仮想通貨Augur(オーガー)についてご紹介していきます。 近年注目を集めていますが、このAugurについて特徴、過去チャート、購入できる取引所

ペグ通貨系

法定通貨と連動した価値を持つ仮想通貨です。

他の通貨に価値を連動させている通貨をペグ通貨といい、ペグという仮想通貨があった場合、

例えば、1USDペグ=1USDで取引されます。

新規発行されるペグ通貨はプルーフ・オブ・リザーブ(POR)というシステムによって発行されます。

ユーザーはペグ通貨の運営母体が保有する銀行口座に法定通貨(USD等)を入金すると、その額に応じたペグ通貨が発行されます。

逆に、ユーザーがペグ通貨の運営母体の銀行口座から法定通貨を引き出すと、その分のペグ通貨はなくなります。

これによってプルーフ・オブ・リザーブによって、発行されたペグ通貨と入金された法定通貨の総額は常に等しくなります

そして、法定通貨によってペグ通貨は、価値の裏付けを持つ仮想通貨であるため、価格変動が少なく安定しているといわれます。

Tether(テザー)

Tetherはブロックチェーンの利点と機能性を持ちつつ、ペグ通貨として安定性を備えている仮想通貨となります。

他の仮想通貨と異なり、テザーには明確な中央管理者が存在します。

それは、テザーの運営団体であるTether Limitedです。

法定通貨の管理及びテザーの新規発行はTether Limitedが独占的に行っています。

ドルと連動して常に一定の価値が担保されているのでボラリティの高い仮想通貨からの避難先としてテザーは便利です。また、法定通貨に交換するときには割高な手数料がかかってしまいますが、テザーへの交換は他の仮想通貨と同じ扱いなので、手数料を安く済ませることが可能です。

本記事では仮想通貨Tether(テザー/USDT)についてご紹介します。 2018年初頭に「テザー疑惑」で仮想通貨市場を騒がせたテザーですが、基本的な特徴

取引所トークン系

仮想通貨取引所(中央管理者が存在)でも独自のトークンを発行しています。

このトークンはその取引所毎に上場しており、売買することが可能となっています。

このトークンを利用することで手数料が抑えられるなど、特典を得ることが出来ます。

バイナンス

Binance Coin(BNB)は中国の大手取引所であるBINANCEが発行したトークンです。

BINANCEは「Exchange The World」を掲げており、あらゆる通貨を交換することが出来る取引所になることを目指しています。

Binance CoinはBINANCE上の取引をより活発にすることを目的としている仮想通貨で、大きな特徴は3つあります。「ERC20トークンである」「手数料が下がる」「ユーザーがコイン上場審査に「投票」できる」の3つです。

つまり、バイナンスで取引をされる方にはお得なトークンといえます。

この記事ではバイナンス(binance)取引所について徹底的に解説していきます。 binance(バイナンス)は中国の香港に拠点を置く仮想

クーコイン

この独自トークンである「KCS」を保有すると、KuCoin内での手数料が最大30%になります。さらに、KCSの保有量に合わせて配当を得ることが出来ます。

KCSを保有するとこの2つの特典を受けることができますので、KCS価格も高騰しているようですね。KuCoin(クーコイン)に登録したら、まず、KCSを購入することから始めてみてもいいかもしれませんね。

本記事では仮想通貨取引所であるKuCoin(クーコイン)を解説していこうと思います。 この記事内において、KuCoin(クーコイン)の概要

分散型取引所(DEX)トークン系

まず分散型取引所とは、取引を管理する「運営主体」が存在せず、個人対個人(P2P)で取引が行われる仮想通貨取引所のことを指します。DEXにおける資産の管理や取引記録は、全てその分散型取引所の存在するブロックチェーン上において行われるため、誰でもアカウント上の資産や注文履歴、取引記録などを見ることができます。分散型取引所が提供するのサービスとしては、取引板(売り注文 / 買い注文)を表示したり、取引板を新たに生成できるようなシステムを維持することだけです。

その分散型取引所の中では、上記の取引所トークン系のように、トークンを発行している分散型取引所が存在します。

WAVES

ビットコインや為替などもWAVESで変換して取引することができます。

トークンの発行機能やwallet機能に分散型システムを取り入れた利便性の高い取引所です。

Wavesのウォレットは仮想通貨同士の取引だけでなく法定通貨との両替もできるようになっています。現在はUSドル、ユーロに対応しています。

この記事ではWavesの特徴、将来性、購入できる取引所を紹介していきます。 忙しい人向け!Wavesとは? Wavesは独自トー

DAG系

DAGとは有向非巡回グラフを意味し、ブロックチェーンとは異なる仮想通貨の技術基盤です。この技術によって、Bitcoin同様、中央管理者が存在しない分散型のネットワークを目指します。

DAG採用の仮想通貨の特徴として送金手数料が安い点です。その理由はDAGにはブロッックチェーンと違ってマイナーがいない点にあります。

DAGでは仮想通貨の持ち主がの取引の正当性を自分で承認するので、マイナーによる取引承認を必要としません。したがって、マイナーに支払う報酬が必要ないので、安い手数料で送金が行えます。

また、DAGでのブロック生成はブロックチェーンと異なり、網目状に生成されていきます。したがって、ブロックチェーンに比べて一定時間内に多くのトランザクションを結合できるので、送金時間が早くなります。

そして、送金時間が早いとマイナーへの手数料を高く設定する必要がなくなり、手数料が安くなります。

Byteball

ByteballはブロックチェーンではなくDAGを用います。

スマートコントラクトを利用して資金のやり取りを安い手数料で円滑に行うことを指向する暗号通貨プロジェクトとなります。byteballはスマートコントラクトを実装しているため、イーサリアムのようなプラットフォームとしての機能も持ちます。

本記事では仮想通貨Byteballについてご紹介します。 特徴、過去チャート、将来性、購入できる取引所までをまとめていきます。 忙し

まとめ

本記事では仮想通貨の種類・系統別に紹介してきました。

このように仮想通貨は様々な種類系統が存在することがわかりました。

是非、今後はこの通貨はどのような種類系統なのかを気にしてみてみましょう!


アルトコイン イーサリアム (ethereum) ネム (NEM) ビットコイン (bitcoin) モナコイン リスク リップル (ripple) 仮想通貨