【5月追記】イーサリアムクラシック(ETC)がハードフォーク!価格上昇なるか!?

▼おすすめの取引所ランキング

2018年3月、イーサリアムクラシック(ETC)ハードフォークをして新たなコインが誕生しました!その名は「カリスト(Callisto network/ CLO)」です!

本記事では、イーサリアムクラシックのハードフォークやエアドロップ、またカリストについてご紹介いたします。

※2018年5月29日追記

2018年5月30日に予定しているイーサリアムクラシック のハードフォークに関しては、記事の一番下で情報を追記しています!

イーサリアムクラシックがハードフォーク

イーサリアムクラシックが3月にハードフォークを実行しました。ハードフォークが行われたのは5500000 ブロック目です。

▼ハードフォーク・ソフトフォークの違いとは?

ハードフォークとは? ハードフォークとは何でしょうか?仮想通貨を知らない方でも2017年8月のビットコイン分裂というニュースを聞いた事があるのではないでしょう

また、イーサリアムクラシックはハードフォークでブロックチェーンが分岐し、イーサリアムクラシックの保有者には1:1の割合で仮想通貨カリスト(Callisto / CLO)が配布されました。

▼Airdrop(エアドロップ)とは?

エアドロップとは、プロジェクト運営側が流動性や知名度の向上を目的に仮想通貨を無料で配布することです。

カリストとは

開発チーム名Ethereum Commonwealth
プロジェクト名カリスト(Callisto)
通貨単位 CLO
 取引承認システムProof of Work
取引承認時間

~15秒

ブロック報酬600CLO
 発行上限枚数65億CLO

カリストの特徴

カリストはイーサリアムプロトコルをベースにした独自のブロックチェーンです。

主な特徴として3つあります。

・サイドチェーンとしてETCブロックチェーンとCallistoブロックチェーン両方のスケーラビリティを向上させることができる

・Callistoスマートコントラクトを使用することでETCブロックチェーンの帯域幅の簡素化を可能にする

・ステーキングの一種である「Cold staking protocol」の導入により、カリスト保有者がカリストを1ヶ月以上保有していると報酬を貰える

カリストの実態は、スケーラビリティ問題解決実験段階のプロトコルをテストするために開発された新たなブロックチェーンであると言われています。

カリストのロードマップ

2018年の第2四半期に行われることとして以下があります。

・CallistoネットワークによるClassicMaskのアップデート

・POSとDPOSプロトコルの実装可能性に関する研究

2018年5月30日のハードフォーク

日本時間2018年5月30日にもイーサリアムクラシック がハードフォークされることが明らかになりました。

なお、正確にはハードフォークは5,900,000ブロック目に行われるため、5月30日を前後することもあります。

今回、イーサリアムクラシックは※ディフィカルティボムを除去することを目的としたハードフォークとなり、今回のハードフォークではブロックチェーンが分岐する(新しいコインが誕生する)可能性は低いと見られます。

※ディフィカルティボムとは?

イーサリアムのアルゴリズム。

特定のブロックでマイニングの難易度(ディフィカルティ)が任意に上がることで、これにより将来的にはマイニングが不可能になってしまいます。

今回のイーサリアムクラシックの場合、5,900,000ブロック目にディフィカルティボムを控えており、これを除去しなければ2018年9月にはマイニングができなくなることが推測されています

イーサリアムはPoSに移行することでこのディフィカルティボムを避けることができますが、対してイーサリアムクラシックはPoSへの移行予定がないためこのようにハードフォークで対応するものと見られます。

また、ハードフォーク前後は取引所が該当通貨(今回はイーサリアムクラシック)の取引を一時的に中止するなどの措置が取られますのでご注意ください。

bitFlyerは下記のようなアナウンスを発表しています。

bitFlyer(以下、当社)では、ハードフォークの約 1 時間前からイーサリアムクラシックのお預入・ご送付サービスを停止させていただきます。

アルトコイン販売所での ETC/JPY 売買サービスは通常どおり稼動いたします。

新たなチェーンへの移行は自動的に行われるためお客様ご自身で行っていただくお手続きはございません。

イーサリアムクラシックのお預入・ご送付サービスの再開はハードフォーク後、イーサリアムクラシック・ブロックチェーンの安定稼動を確認した後に行う予定です。再開の際には改めてご連絡いたします。

bitFlyerメールより転載

イーサリアムクラシック の値動きは?

引用:https://www.newscrypto.jp/chart

2018年5月29日現在、イーサリアムクラシックの価格は地まで落ちています。

ハードフォークは一概に「上がる」「下がる」と明言できませんが、値動きに影響を与えるのは確かです。当日まで価格変動に注視しましょう。

イーサリアムクラシックを買うならこの取引所

イーサリアムクラシックを手に入れるためにお勧めなのがbitFlyerです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所でイーサリアムクラシックを購入するならば、ビットフライヤーがおすすめになります。セキュリティ面でも国内のその他取引所と比較して、しっかりと整備されているように思えます。しかしあくまで取引所で管理するならば、少額で管理しましょう。

ビットフライヤー公式へ

▼取引所についてもっと詳しく

1位ビットフライヤー(bitFlyer)←イーサリアムクラシック購入に最もおすすめな取引所 オススメの取引所はビットフライヤーです。

まとめ

本記事では、イーサリアムクラシックのハードフォークについてご紹介しました。

今度のハードフォークはイーサリアムクラシックの価格にどのような影響を及ぼすのか注目です。

イーサリアムクラシックをまだお持ちでない方は、bitFlyer等で是非購入してみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤー公式へ


アルトコイン ニュース 仮想通貨