【初心者向け】ビットコイン投資初心者が知っておきたい5つのポイント

▼おすすめの取引所ランキング

連日世間を賑わせている、ビットコイン

ビットコインという単語を聞かない日はない、

というぐらい注目をされていますね。

本記事では、ビットコインを始めてみたい投資初心者の方々に向けた、

ビットコイン投資を始める前に確認しておきたい5つのポイントを書きます。

ここでは技術の話はほぼしません。わかりやすさ重視で説明させていただきます!

ビットコインとは?

まず、ビットコインとはそもそも何か?のお話から簡単にしていきます。

ビットコインとは、仮想通貨デシタル通貨と呼ばれるものの中の1つです。

一言で言えば、インターネット上に存在する形として存在しない電子通貨です。

ということは、PASMOなどの電子マネーと同じ?

いえ、そうではありません。

電子マネーとは明らかな違いがあります。

違いは、発行元(管理方法)と換金にあります。

SUICAの発行元はJR東日本ですが、
ビットコインは、発行元がそもそも存在しません。

よって、発行元が存在しないため、管理の方法も違います。
(発行元が特定のものではないといった方が正確です。)

またビットコインは換金することができます。

発行元が存在しないのなら、管理できないということ?危ないのでは?

いえ、そこがビットコインを始めとする仮想通貨のすごいところで、

ブロックチェーンという技術が、管理し、安全を担保しています。

ブロックチェーンに関する技術はこちらから。

以上が、「ビットコインとは?」の簡単な説明になります。

まとめると、ビットコインとは、

PASMOなどの電子マネーとは違う、

インターネット上に存在する形として存在しない電子通貨です。

ビットコイン投資は儲かる?

最近は、ニュースやTwitterで「億り人」というキーワードを見る機会が増えてきました。

「億り人」とは、ビットコインを始めとする仮想通貨投資で、1億円以上を稼いだ人を指す言葉です。

はたして、ビットコイン投資は儲かるのでしょうか?

答えは、必ずしも儲かるとはいえないし、損する可能性も十分ありますが、儲かる可能性もある。

といったところだと筆者は考えています。

まず「儲かる」仕組みを紐解いていきます。

儲かるには、投資したコインの価値が上がることが不可欠ですね。当たり前ですが、これが重要な事だと思っています。

価値が上がるためには、そのコインを「買いたい!」という需要が高くならなければいけません。

この需要が高まるためには、多くの人々に使われたり、そのコインの安心感を担保する技術があったり、CEOのビジョンや世界観に魅力があること等が重要になってきます。

それを見極めるためには、ホワイトペーパーというものがあります。

これは仮想通貨(トークンも含む)を扱っているところはほとんど出しています。

このホワイトペーパーに技術やビジョン、将来性の根拠が載っているので、一度読んでみることをおすすめします。

2018年はICOの年?

ICO 

(イニシャル・コイン・オファリング)の訳で、

「仮想通貨で儲ける」=「ICOに投資する」

となっている方もいるかもしれません。

たしかに、過去の事例を見れば100倍を達成したといったケースもあります。

しかしこのICOは必ず成功するわけではありません。

集まった資金だけ取って逃げてしまったり、技術的に実装ができませんという形で予告なく終わってしまったりしています。

2018年はICOがさらに増えていますので、しっかりと判断していきましょう。

さきほどのホワイトペーパーをしっかり読めば、判断できるものが多いので、ホワイトペーパーと友達になるぐらいの意気込みでいましょう。

重要な視点は、そのコインがしっかり一般に浸透するのか使われるのかというところだと筆者は思っています。

ビットコインの買い方

ビットコインの買い方はとてもシンプルです。

まずは日本の取引所で自分のアカウントを開設して、そこに日本円を送金し、ビットコインに換えます。

日本の取引所でおすすめは、こちら。

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

*ビットフライヤーとzaifの詳細についてはこの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所である「 」について徹底解説! 評判・口コミをまとめていきます。 bitFlyerは国内大手の仮想通貨取引所です。
『』は、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロ社は、実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するためのICOプラットフ

ビットコインの将来性

ビットコインの将来は、どうなるのでしょうか?

ここは完璧に予想できる人はいないので、筆者の考えを少し書きます。

筆者は、トークンエコノミーが、これからの時代に徐々にフィットしていくのではないか、と考えています。
(トークンエコノミーに関する記事はこちら。)

トークンエコノミーの世界では、ビットコインを始めとする仮想通貨(トークンを含む)が使われています。

この理由は、法定通貨のデメリットを補えることや、ブロックチェーン技術の躍進や、評価経済という指標が浸透してきていることなど、様々なものがあります。

もちろん、現在の法定通貨がなくなるわけではなく、共存する形で、徐々に浸透していくと思います。

そして、そこにビットコインが残っているのかは、定かでありません。

他のコインかもしれませんが、仮想通貨が完全になくなることは、ほぼないに等しいと考えています。

現在数多くあるコインたちが、淘汰を繰り返しながら、洗練されていくと思います。

話題の書籍「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」(幻冬舎出版、株式会社メタップス代表取締役社長 佐藤航陽著)

において、

デジタルネイティブからトークンネイティブへの移行

という示唆がありました。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、今後の経済で重要なキーワードになっていくと考えています。

ビットコイン投資の心構え

最後のポイントは、心構え、マインドセットのところです。

3つあります。

1.投資は、損しても痛くない額でやりましょう。

これは、よく言われていますね。
なくなっては困る資金を入れて、毎日ドキドキしながら過ごすのは、本末転倒な気がします。

2. 資金は自分で守りましょう。

先日、コインチェックのネム流出事件がありました。
コインは基本的にウォレットと呼ばれるお財布で管理しましょう。

取引所に買ったまま置きっぱなしにしておくと、コインチェックのように、攻撃にあって、盗まれてしまう可能性もあります。
ブロックチェーンは安全でも、取引所は安全というわけではありません。

3.未来の技術に投資しましょう。

「儲かる、儲からない」は正直分かりません。

仮想通貨の情報を集めていると、「絶対儲かる」「◯◯のコインが10倍になる」という煽りが、多くあります。

こういったものは基本的に疑ってください。

しかし、仮想通貨を代表とするブロックチェーン技術には、未来があると筆者は思っています。

単なるお金儲けのために始めるのも良いですが、せっかくなら未来の技術に投資しているという気持ちを持って、未来を想像しながら投資してみてはいかがでしょうか?

※これを読んで投資を始めようと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、投資はあくまで自己責任ですので、慎重に判断してください。


ビットコイン 仮想通貨