【ビットコインの使い方】VISAでも使える便利な仮想通貨!

▼おすすめの取引所ランキング

ビットコインを始めとする仮想通貨は、「投資」の対象として、「購入する」ことに注目が集まっています。

しかし、本来の目的は、それを通貨として、お金として「使う」ことにあります

ビットコインは送金など、お金として使われることを想定し開発されました。

今回は、ビットコインの本来の目的である「使い方」を中心に、導入店舗や、使う流れを見ていきます。

ビットコイン決済の流れ

ビットコインを使う流れはシンプルでとても簡単です。

1. 日本の取引所でアカウントを開設し、ビットコインを購入する。

2. 取引所にあるビットコインをウォレットに移動する。

3. ビットコイン決済を導入しているところで買い物をする。

4. 会計の際に、導入店舗のビットコインアドレス宛に送金する。
※基本的にはQRコードでのやり取りになります。

以上の4つの行程があります。

ひとつずつ見ていきましょう!

1. 日本の取引所で、アカウントを開設し、ビットコインを購入する。

ビットコインを使ってみるにはビットコインを入手する必要があります。

ビットコインを購入するには仮想通貨の取引所へまず登録し、登録が完了すると初めてビットコインを購入することができます。

口座の開設はとても簡単ですが、本人確認等で時間がかかる場合がありますので、思い立った時に行ってしまいましょう!

初心者におすすめの日本国内の取引所はこちら!

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

*bitFlyer、bitbankの詳細についてはこの記事をご覧ください。

仮想通貨取引所である「 」について徹底解説! 評判・口コミをまとめていきます。 bitFlyerは国内大手の仮想通貨取引所です。
本記事は仮想通貨取引所である「  」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

2. 取引所にあるビットコインを、ウォレットに移動する。

ビットコインはウォレットと呼ばれる仮想通貨専用の財布で管理することが基本で、これは銀行口座のような役割を果たします。

今回はそんなウォレットの中で代表的なものを4種類ご紹介します。

bitFlyerウォレット

bitFlyerユーザーであれば、いちいち外部のウォレットに送金する手間はありません。

bitFlyerで購入した仮想通貨は自動的に取引所の自分のウォレットに入れられます。それがbitFlyerのウォレットです。

購入したままにしておける、いつでも売買できるということで大変便利ですが、取引所が管理主体のウォレットなので取引所ハッキングなどのリスクもあります。

そのため保管は少額にしておきましょう。

Blockchain.info

ビットコインのウォレットの中で一番使われている王道中の王道です。
日本語対応もしています。

ホットウォレットと呼ばれる、Webに繋がった状態でビットコインを保存しているため、セキュリティのリスクはあります。

2段階認証などの設定をし、セキュリティを高めて利用するようにしましょう。

breadwallet(Bread)

こちらはWebウォレットとは違い、利用者のスマートフォンの端末自体に情報を保存しています。

つまり、breadwalletを作っているところが攻撃にあっても、使用者は影響がないというメリットがあります。

しかし当然ながら、自身のスマートフォンの管理(ウイルス感染対策など)はしっかり行っておく必要があります。

copay

こちらは、マルチシグネチャに対応しているビットコインウォレットです。

マルチシグネチャとは簡単に言うと、鍵を複数所有しリスクを分散させておく技術です。

マルチシグネチャとは

忙しい人に!3秒で分かるマルチシグ(マルチシグネチャ) マルチシグとは1つのウォレットアドレスに複数の鍵を所有すること セキュリティーが

copayとは

今回は日本語対応しているビットコインウォレット Copay(コペイ) の使い方を紹介します。Copayはアメリカのbitpa

ポイント:
ビットコインのウォレットは数多く存在しますが、
ビットコインを店舗の決済手段として使用するためには携帯で送金操作できるものを選びましょう。

3. ビットコイン決済を導入しているところで、買い物をする。

こちらは次のセクションでビットコイン決済導入店舗を詳しく紹介します。

4. レジの際に、導入店舗のビットコインアドレス宛に送金する。

ビットコイン決済用のQRコードが用意されているので、そちらを

ウォレットアプリ内の「送金」ページから読み取って、金額を指定した上で送ってください。

※ここで利益が出た分があれば、課税の計算対象になりますので、税金の計算はしっかりしておきましょう。

仮想通貨の税金に関してはこちら

2017年は仮想通貨への投資が加熱し、仮想通貨投資だけで数億円の利益を出す億り人といわれる人も出てきました。 一方で、仮想

どこで使えるの??

現在世界中でビットコイン決済を導入している店舗が増えてきています。

導入している世界中の店舗の規模感を確認したい場合は、

CoinMapから確認することができます。

日本でもその数は増えていて、ここで紹介しきれないほど。

有名なサービスは下記が挙げられます。

  • ビッグカメラ
  • VISA

それぞれ解説していきます。

ビックカメラ

ビットコイン決済を導入する店舗は増加していますが、その中でも対応店舗数で群を抜いているのがビックカメラです。

2017年の4月から一部店舗でビットコイン決済を実施し、現在では全店舗で使えるだけでなく、決済限度を10万円から30万円に引き上げました。

支払われたビットコインはその日のレートでビットフライヤーに送金され、手数料を引いた分の日本円がビックカメラに支払われるというシステムです。

VISAのプリペイドカード

ビットコインはビットフライヤーのサービスである、VISA搭載型プリペイドカードで使用することもできます。

ビットフライヤーはビットコインを円建てでプリペイドカードにチャージできるサービスを開始しました。

ウェブやアプリから簡単にチャージできるのでとても便利です。

デビットカードも誕生?

現在ウォレットのQRコードを利用した決済だけでなく、ビットコインを使うことができるデビットカードが続々と誕生しています。

ビットコインのデビットカードを利用するメリットは2点あります。

1つ目はビットコイン決済を導入していない店舗でもデビットカード決済として使えること

そしてもう1つは資産が増えた時にすぐ使える点です。

ビットコインを始めとする仮想通貨は価格変動が激しく、価格が急に上がったり下がったりします。

価格が上がった時にすぐ日本円に換えることはなかなか難しいですし、取引所でいちいち売買するのは手間となります。

その際にデビットカードで決済をすることによって、価格が上がっている時は上がった価格で支払いができるため注目が集まっています。

日本初!筑波大学、落合陽一氏がReadyforでビットコイン寄付の受付を開始

筑波大学の准教授である落合陽一氏が、クラウドファンディングサービスの1つ「Readyfor」を通して、ビットコインで寄付を受け付けることを発表したことで、話題になっています。

ビットコイン寄付の仕組みではbitFlyerが運営する「fundFlyer」を活用するとのこと。

ReadyforとbitFlyerの両社が、提携することも視野に入れている話もあり、ビットコインの活用の幅が広がりを見せるかもしれません。

寄付者に関しては、確定申告時に寄付金控除を受けられるとのことです。

同様にCAMPFIREも決済を導入しており、クラウドファンディング界隈でも仮想通貨利用がスタンダードになりつつあります。

資産の価値保存も可能

ビットコインは投資して、価値の上がり下がりが注目されがちですが、金融資産としての価値保存も可能です。

日本においては日本銀行や円に対する信頼が高いので、あまり意識しませんが海外ではいつ中央銀行が破綻して残高の価値が保証されなくなる時が来るのかわからない場合もあります。

そういった自国情勢に対する不安の気持ちから、資産の一部をビットコインに変えてリスク分散をしておこうという動きが増えつつあります。

日本も今後少子化によって新たな経済段階に入っていくので、ビットコインによる価値保存というのは選択肢の一つとして有力なものとなるかもしれません。

まとめ

今回はビットコインの具体的な使い方をご紹介しました。

今後更に多くのお店で導入されることが予想されるので、

そうなった時にすぐ対応できるように、ビットコインを始めとする仮想通貨の扱いには慣れておいた方が良いかもしれません。

現在はまだ投機的側面が否めないですが、将来的にしっかり浸透して、本来の目的である「使う」という場面が増えることを筆者は願っています。

ビットコイン、仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所への登録が必要です。

日本国内のおすすめ大手取引所はこちら

ビットフライヤー公式へ

ビットバンク公式へ

GMOコイン公式へ


ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨