【3月1日海外NEWS速報】ポルシェとブロックチェーン、仮想通貨バブルと世界経済、マーシャル諸島が仮想通貨発行?、SegWit普及率が急上昇

▼おすすめの取引所ランキング

参照元: shutterstock

ポルシェが自動車業界で初めて車にブロックチェーンを導入

ポルシェはドイツのベンチャー企業XAINと協力し、ブロックチェーンを使った自動車の実験を成功させたと発表。ブロックチェーンを利用することによってアプリを使った自動車のロックの解除、一時的なアクセスの譲渡、運転データの保存や暗号化、駐車料金や高速料金の支払い等をより安全にできるとされています。
https://cointelegraph.com/news/porsche-first-to-test-blockchain-technology-for-cars

仮想通貨バブルが崩壊しても経済危機は起こらない?

ゴールドマン・サックスの最高投資責任者(CIO)Sharmin Mossavar-Rahmani氏は仮想通貨はバブル状態であり、崩壊しても世界GDPの1%ぐらいの影響しかないと主張。現在の取引量ではバブルが弾けても世界的な経済危機は起きないという見解を示した。
https://cointelegraph.com/news/goldman-sachs-investment-chief-crypto-bubble-burst-will-affect-1-of-global-gdp

マーシャル諸島が仮想通貨を発行予定

太平洋上に浮かぶ島国マーシャル諸島共和国はSovereign(SOV)という国家仮想通貨を発行することを28日に発表した。マーシャル諸島は米ドルを国家の公式通貨としているが、SOV発行後も変わらないとしている。年内にはICOを行い、ICOで調達したお金は5万人しかいない国民の生活改善に利用される予定です。
https://cointelegraph.com/news/marshall-islands-plans-to-launch-national-cryptocurrency-and-ico-govt-officials-report

SegWitを使ったトランズアクションが初めて30%超え

ビットコインネットワークにおけるSegWit利用率が初めて30%を超えた。大手取引所Coinbaseやbitfinexが最近SegWitをサポートし始めたのが大きく影響している。今後もSegWitは更に普及し、トランズアクションコストはますます安くなっていくでしょう。

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

http://bitcoinist.com/segwit-now-used-30-bitcoin-transactions-first-time/


ニュース