【3月2日海外NEWS速報】テレグラムICOを装う詐欺サイト、仮想通貨と不動産、マイニングでGPU価格が高騰、国連とブロックチェーン

▼おすすめの取引所ランキング

参照元:shutterstock

テレグラム(Telegram)のICOを装う詐欺サイトにはご注意を!

テレグラム(Telegram)の公式サイトを装ってICO投資家を騙そうとしているサイトが登場している。TelegramのICOはまだ始まっておらず、“Telegram Foundation”と名乗るサイトやツィッターのアカウントには注意が必要です。

大手メッセージアプリのテレグラム(telegram)が過去最大のICOを実施するということで話題になっています。 テレグラムはすでに世界的なSNS
https://www.coindesk.com/fake-website-scam-targets-aspiring-telegram-ico-investors/

仮想通貨を使った不動産売買

仮想通貨を使った不動産売買がアメリカで増えている。仲介役がいらず、多額のお金を安くかつ速く送金できることが要因とされている。一方で、仮想通貨で得た利益でローンを組めない等まだまだ完全に普及するまでには多くのハードルが存在しています。
https://www.newsbtc.com/2018/03/02/cryptocurrency-proving-popular-means-payment-real-estate/

マイニングでGPU価格が高騰、AMD社は懸念

パソコンの画像処理を高速化させるGPU(画像処理装置)の価格が高騰している。仮想通貨のマイニング(採掘)にGPUを使うユーザーが増えているからだ。GPUも製造するアメリカの大手半導体製造会社AMD社はGPUの需要は仮想通貨の市場に影響されやすく、予測するのは難しいと懸念を示している。本来GPUを必要とするゲーマー等がGPU不足のため購入できないという問題にも直面している。

本記事では仮想通貨の採掘者(マイナー)について紹介いたします。 マイニングやマイナーという言葉を聞いたことはあるけど、詳しくは知らないという方のために、一

https://www.inverse.com/article/41801-cryptocurrency-gpu-mining-amd

国際問題解決のためにブロックチェーンを採用、国連と協力

イギリスのBlockchain社は1日国連とのパートナーシップを締結し、環境保全、民主主義システムの保護など様々な国際問題解決のためにブロックチェーン技術を使っていく方針を発表した。Blockchain社は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)、世界経済フォーラム(WEF)等と協力して今後のプランを記したホワイトペーパーも公開しました。
https://www.scribd.com/document/372729188/The-Future-is-Decentralised#from_embed
https://www.coindesk.com/crypto-startup-blockchain-partners-un-sustainability-goals/


ニュース