取引所BitTrade(ビットトレード)の評判・セキュリティ・手数料・登録方法・使い方を解説!

▼おすすめの取引所ランキング

仮想通貨取引所であるbitTrade(ビットトレード)を徹底解説

ビットトレードの概要から登録方法・使い方・手数料・評判までをまとめます。

取引所えらびに悩んでる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ビットトレードの概要

BitTrade(ビットトレード)
取引時間24時間365日対応

*システムメンテナンス期間は取引が出来ません

 注文方法 現物取引:BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BCC
レバレッジ(FX, 先物)取引なし
公式サイト https://bittrade.co.jp/

ビットトレードは金融庁の仮想通貨交換業にも登録済みの日本の取引所です。

国内の取引所のため日本円で入出金ができ、スマホでもストレスなく取引を行えるのが特徴です。

取り扱い通貨

そんなビットトレードでは下記の仮想通貨の取り扱いをしています。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル
  • モナコイン

ビットコインと人気のある主要アルトコイン併せて6種類の取引ができます。

ビットトレードはビットバンクの取引システムを利用しているため、ビットバンクと同じ種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

▼取引所ビットバンクとは

本記事は仮想通貨取引所である「  」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

ビットトレードの特徴

ここでビットトレードの大きな特徴をチェックしていきましょう!

  • 取引所形式
  • レバレッジ取引なし
  • スマホでトレード

ひとつずつ詳しく見ていきます。

取引所形式

そもそもビットコインの売買サービスには2つの形式があるのをご存知でしょうか?

それは「取引所」「販売所」の2種類です。

  1. 販売所:多くの手数料を払う代わりにすぐにコインを売却・購入可能
  2. 取引所:売却、購入したい人が現れるまで待つ代わりに少ない手数料で取引可能

ビットトレードは2の取引所に当てはまります。そのため安い手数料でコインのトレードができます。

ビットフライヤーなど国内の多くの取引所はビットコインのみ取引所形式で、アルトコインの売買は販売所形式・高手数料という欠点がありました。

対してビットトレードはアルトコインも含めた全銘柄が取引所形式で低手数料を実現。

そのうえビットトレードはメールアドレスのみで簡単な口座登録が可能ですので、さくっと口座開設ができ「取引所形式で売買をしたことがない!」という方へのステップアップとして利用されています。

ビットトレード公式へ

レバレッジ取引なし

多くの取引所で採用しているレバレッジ取引ですが、ビットトレードでは扱っておらず現物取引のみが可能となります。

ハイリスクハイリターンのレバレッジ取引を利用したい方には向きませんが、初心者や長期的で着実な資産運用を考えている方にはビットトレードの現物取引で問題ないかと思います。

スマホでトレード

仮想通貨取引所を利用する上で多くの人が気になるのはスマホで手軽に取引できるかチャートを確認できるかということ。

ビットトレードはその点優れているのが特徴。

スマホアプリのリリースはしていませんが、ウェブ上でチャートの確認ができ取引もさくさく行えます

仮想通貨取引所の多くはまだまだスマホで使いにくいUI(ユーザー・インターフェース)が目立ちますが、この点においてはビットトレードが一歩リードしています。

ビットトレードのメリット

ビットトレードを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

確認していきましょう!

  • 手数料が安い
  • 少額から始められる
  • 堅牢なセキュリティ

手数料が安い

日本国内の大手は販売所形式が多いですが、ビットトレードは上述したように取引所形式で仮想通貨の売買が可能です。

取引手数料は取引すればするほど積み重なっていきます

そのため今後長期的に投資していきたい方には手数料の低い取引所を選ぶことが断然おすすめです。

少額から始められる

仮想通貨の投資を始めたい方のなかには

「ビットコインって高いんじゃないの?」「高そうだから手が出せない!」

こんな風に思う方も多いと思います。

ビットトレードではビットコインは0.0001BTC(2018年3月現在約120円)から購入可能。

少額投資で気軽にビットコインを持てるのはビットトレードの大きなメリットです。

堅牢なセキュリティ

コインチェックのNEM流出事件で注目された取引所のセキュリティ。

ビットトレードはセキュリティ対策として下記を採用しています。

  • Invisible reCAPTCHA
  • ビットコインのコールドウォレット管理
  • マルチシグネチャ

ビットトレードではすべてがコールドウォレット管理ではなく、ホットウォレットとコールドウォレットを併用しています。

しかしどちらもマルチシグネチャでの管理体制を構築していますので高いセキュリティ対策が成されていると言えます。

▼コールドウォレット&マルチシグネチャとは?

今回は仮想通貨で使われる用語、ホットウォレット・コールドウォレットについてご紹介していきます。 1月26日に発生した国内大手仮想通貨取引所コインチ
忙しい人に!3秒で分かるマルチシグ(マルチシグネチャ) マルチシグとは1つのウォレットアドレスに複数の鍵を所有すること セキュリティーが

ビットトレードのデメリット

ビットトレードを利用するデメリットはこちら

  • 取引量が少ない
  • 抜きんでた長所がない

取引量が少ない

ビットトレードは他の取引所と比較すると取引量が少なく、流動性が低いです。

取引量が少ない(売買している人が少ない)ということは希望条件での取引がしにくくなりますので、この流動性の低さはユーザーにとってデメリットと言えます。

抜きんでた長所のない

ビットトレードは良く言うと弱点の少ないバランス型ですが、悪く言うと比較的抜きんでた特徴のない取引所かもしれません。

手数料も使いやすさも標準的ですが、ほかの国内取引所では「初心者が使いやすい」「手数料が格段に安い」など、大きな特徴があるため、ビットトレードは埋もれてしまっていて知名度もまだまだないのが現状と言えます。

ビットトレードの口コミ・評判

ここでビットトレードの口コミ・評判を見てみましょう!

ビットトレードはツイッター、LINE@で独自の情報発信を行っていますが、この情報発信能力は多くのトレーダーたちにとって非常に重宝されているようです。

他の取引所ではなかなかここまで積極的にユーザーに寄り添った発信をしてくれるところは存在しないため、そういった点がビットトレードの大きなメリットと言えそうです。

また、通常の取引所では口座開設までに長い時間がかかりますが、ビットトレードの簡単・早い会員登録も評価されているポイントです。

ビットトレードの登録方法

それでは早速ビットトレードの登録方法を見ていきます。

簡単な登録手順はこちら

  1. ビットトレード にアクセス
  2. メールアドレス登録
  3. 届いたメールからパスワード・個人情報登録
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 登録完了!

実際の操作画面とともに見ていきます。

引用:https://bittrade.co.jp/

ビットトレード にアクセス!

右上のメニューから新規会員登録を選択します。

引用:https://bittrade.co.jp/app/register

ここでメールアドレスを登録。すると登録したメールアドレスに本登録用のURLが記載されたメールが届きますのでそちらを確認しましょう。

引用:https://bittrade.co.jp/

メールに記載されたURLを選択するとパスワード設定の画面となります。

好きなパスワードを入力し利用規約を確認して次に進みます。

引用:https://bittrade.co.jp/

次に基本情報の登録画面となります。

氏名・フリガナ・生年月日・住所などを間違いなく記入していきます。

引用:https://bittrade.co.jp/

次に本人確認書類のアップを行っていきます。

利用できるものはこちら

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

表裏両面のアップが必要であったり、一部が欠けていると承認されないため説明書きの指示に従って正しい状態でアップします。

ここまでできたら後はビットトレード側の承認を待つだけ!終了です!

登録はとってもシンプルでカンタン。このプロセスまで3分でできます。

他の取引所の登録には、複雑なプロセスがあったり説明書きが長かったり…登録までに結構時間がかかってしまいがちです。

そのためこの登録の簡潔さがビットトレードの魅力です。

ビットトレード公式へ

二段階認証

二段階認証は第三者が情報をハックしてアカウントにログインすることを防ぐ大切なセキュリティ対策です。

多くの取引所で採用されていて、ビットトレードでも設定が可能なので必ずこの設定は済ませておきましょう。

「メニュー」→「セキュリティ」→二段階認証を選択。「Google Authenticator」などのスマホアプリを利用し設定をします。

ビットトレードの使い方

入出金

引用:https://bittrade.co.jp/

入出金は右上の人物のアイコンからメニューを開くと「入出金」のタブが表れ、ここから行うことができます。

次のページで入出金する日本円や仮想通貨の種類を選択しましょう。

とりあえず仮想通貨を買ってみたい!」という方はまず日本円を入金してみましょう!

トレード

引用:https://bittrade.co.jp/

入金が完了したら次はさっそくトレードです。

トレードは画面左上(①)で通貨ペアを切り替えて、右側の板(②)で取引します。

指値・成行など希望に合わせた方法を選択して注文を出します。

成行(なりゆき)注文:

今すぐに売り買いできる値段で売買を行う方式です。

例えば「今すぐ購入できる値段で1BTC買いたい」というとき、その時の購入価格で買う、これが成行注文です。

注文は即時成立します。

指値(さしね)注文:

決めた値段で注文できるまで待つ方法です。

例えば、現在1BTCが105万円だとした場合、「1BTC100万円で買う」という指値注文を出した場合、ビットコインの値段が100万円以下に下がるまで注文は完了しません。

できる限り安く買いたい、高く売りたいという場合は指値で注文を出しますが、もちろん希望価格にならず取引が不成立になることもあります。

まとめ

今回は取引所ビットトレードについてご紹介しました。

ビットトレードはスマホでもストレスなく取引できる登録が早く簡単にできるという点で優れている取引所です。

登録は無料ですので、分散投資の選択肢として利用してみてはいかがでしょうか

ビットトレード公式へ

[adsLink14]


仮想通貨取引所