仮想通貨Raiden-network(ライデンネットワーク)とは? 特徴、チャート、取引所、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

本記事ではRaiden Networkについてご紹介します。

一般的に仮想通貨は、ひとつのブロックチェーン上にトランザクションを記載していくにつれて、情報量が増え、処理速度が遅くなるというスケーラビリティの問題を抱えています。

この問題に対して様々な解決策が講じられており、Raiden Networkもそのひとつです。

そんなRaiden Nerworkについて特徴や、購入できる取引所を徹底解説していきます!

Raiden Networkとは

 
プロジェクト名Raiden Network
トークン名(規格)RDN(ERC20)
総流通量1億RDN(うち、トークンセール:50%、運営保有分:33%、今後の開発費:16%)
トークンセール2017年10月18日~同年11月1日

Raiden Networkは、二者間のトランザクションを随時記入するのではなく、オフチェーンのチャネル上で仮の取引を積み重ねて、決済の瞬間にトランザクションの確定した結果のみを書き込むというものです。

この技術により、チャネル内のユーザーは、お金やトークンを大量かつ迅速に送り合うことが出来、流動性が増します。ただし、デポジットと呼ばれる保証金のようなものをネットワークにロックする必要があります。

また、チャネル同士をリンクし、ネットワークを形成することで、ユーザーネットワーク内で誰とも取引を行えるようになります。

Raiden Networkを利用することで、低手数料でEthereumのトランザクションを実行することが可能になります。

この仕組みはビットコインにおけるライトニングネットワークに近いものです。

▼ライトニングネットワークとは?

仮想通貨取引をしていると一回は聞いたことはある、 ライトニングネットワーク 一体どういった技術でしょうか? 今回はライ

ステートチャネルの開閉手順

1.ブロックチェーンの一部をマルチシグナチャーかスマートコントラクトでロックし、参加者がステートの更新を同意の上で行える、参加手数料を支払う

2.参加者はブロックチェーンに記載することが可能なトランザクションを用いてステートを更新する、この時点でブロックチェーンへの書き込みは行わないことがミソ

3.参加者はチャネルを閉じる際に、最終的なステートを確定し、ブロックチェーンに書き込み、ステートのロックを閉じる、ここで手数料を支払う

手数料は2種類

Raiden Networkには「プロトコルレベル手数料」と「プリフェラル手数料」が存在し、その内プリフェラル手数料はRDNで支払う必要がある点が、このRaiden Networkの懸念です。

まず、プロトコル手数料とは、各チャンネルの開閉時に支払う手数料のことです。

ノードはプロトコルレベル手数料を支払うことでチャネルを開設し、チャネルが閉じないようにロックして維持します。ステートの確定時にもう一度手数料を支払い、トランザクションを処理します。

この手数料は比較的少額であり、マイクロペイメント(少額決済)を目的としたRaiden Networkと相性がいいといえます。

Raiden Networkの特徴

ここからはRiden Networkの特徴を紹介していきます。

  • イーサリアム上のインフラストラクチャーレイヤー
  • 小売支払いに適している
  • インスタントトークンスワップ

イーサリアム上のインフラストラクチャーレイヤー

イーサリアムのブロックチェーン上ではなくオフチェーンで取引を行う点がポイントです。

これにより、個々の転送がすべてパブリックなブロックチェーン上に記録されるわけではなく、記録だけ書き込まれる形となり、スケーラビリティ及びトランザクション性能が向上します。

小売支払いに適している

通常、一回の取引を行う際にも、定額で数十円から数百円の手数料を取られてしまいます。しかしながらraiden networkを利用すれば、低手数料で少額の支払いを行うことができます。

ただし、raiden networkを利用するためには、チャネル開閉時に資金をロックする必要があります。そしてロックする資産はチャネル内の最大取引量に比例します。

そのため、大量の資産を持っている人以外は大口の決済はできず、小口の少額決済の仕組みであると言えます。

インスタントトークンスワップ

Raiden-Networkは、イーサリアムブロックチェーンの標準規格であるトークンERC20を採用しており、同じ規格のトークンの、高速かつ低手数料での交換に適していると言えます。

Raiden Networkの過去のチャート推移・時価総額

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/raiden-network-token/#charts より

公開当初(2017年11月8日)は1RDN=0.5$でした。その後11月27日のピークまで上昇し、緩やかに下落しています。現在は3$前後を動いています。

Raiden Networkの開発状況と将来性

開発状況

Brainbot Technologyという会社によって運営されるオープンソースプロジェクトです。

イーサリアムがGithubのレポジトリとして公開されて間もなく、2015年9月から始まりました。Raiden Networkの簡略版として、開発者向けにμRaidenが実装されていますが、これは二者間の一方向のペイメントに利用されています。

Raiden Networkが複数人間での少額決済を目指しているのに対して、μRaidenは2者間に機能を限定しているため実装が簡易になります。

将来性

raiden networkはethereumのスケーラビリティに関わる非常に大きな課題に取り組んでいるといえます。ではいつraiden networkは実現されるでしょうか?

公式のブログによると、開発者においても実用化がいつになるかは不明のようです。現時点でほぼ基本的なコンセプトは実装完了しており、μRaidenは実用化レベルに達しているものの、安定性を保証できるのはいつになるのか不明です。

これには8割に到達するのは早いが残りの2割を埋めるのは非常に大変であるという80/20の法則が関わっているようです。

Raiden Networkを購入できる取引所

現在Raiden Networkを取り扱っている代表的な取引所はこちら

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、仮想通貨取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

Raiden Networkは、ビットコインのライトニングネットワークの技術の基盤を採用したものであり、仮想通貨の抱えるスケーラビリティの問題を解消するソリューションです。

手数料やステートチャンネルの問題が生じている一方で、このスケーラビリティの問題はトランザクション処理の改善という点では、必要な技術といえます。

今後、改良が加えられていく過程で、どういった進化をみせるのか期待です。

Ethereumのその他のスケーリング技術、sharding(ブロックチェーンの分割)やplasma(サイドチェーン技術)と合わせて動向には注意して行きましょう。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨