仮想通貨Bitshares(ビットシェアーズ/BTS)とは? 特徴、チャート、取引所、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

この記事ではBitsharesの特徴、将来性、購入できる取引所を紹介していきます。

Bitsharesは、開発が2014年であり、歴史が長い仮想通貨です。最近、高騰している注目の通貨です。その要因などを探っていきましょう。

<本記事の要約>

忙しい人向け!Bitsharesとは?

  • ブロックチェーンをビジネスに普及させることが目的
  • 実際に分散型取引所を運営している
  • DPoSによる承認

Bitsharesとは

和名呼称ビットシェアーズ
開発者Cryptonomex社
設立年2014年7月19日
通貨記号BTS
総発行枚数約3,700,000,000BTS
コンセンサスアルゴリズムDPoS公式サイトの説明
公式サイトURLhttps://www.ardorplatform.org/

Bitsharesはブロックチェーンをビジネスに応用させるために開発された分散型金融プラットフォームです。

実際に分散型取引所である「OpenLedger」を運営しています。分散型の取引所であるため仮想通貨を盗まれる心配がなくセキュリティ面で高い信頼を得ています。

さらにBitsharesはブロックチェーン技術をより高度に用いた分散型自立企業(DAC)や分散型取引所(DEX)の構築を目指しています。

今後もビジネスの世界にブロックチェーンを生かしていくために様々なプロダクトを発表していく予定なので今後も注目の仮想通貨です。

Bitsharesの特徴

それではBitsharesの特徴をひとつずつ見ていきましょう!

Bitsharesの主な特徴はこちら

  • DPoS(Delegated Proof of Stake)による承認
  • Decentralized Exchange(DEX)としての利用

DPoS(Delegated Proof of Stake)による承認

PoSの発展系として開発されたDPoSは、BTS保有者の投票によって選出された20人前後の承認者によりブロックの生成を行うシステムです。これは多くのコインで採用されているPoS(Proof of Stake)の仕組みを改善したものであると言えます。

投票により選ばれた限られた承認者のみがブロックチェーンの承認を行える点において、リップルのPoC(Proof of Consensus)に似ているということもできます。

同様にDPoSの仕組みを採用している通貨としてLiskやSteemなどが存在します。

本記事では仮想通貨Liskについてご紹介していきます。 仮想通貨Liskは2017年初頭から価格が50倍以上になっている注目銘柄。 Lisk
本記事では仮想通貨Steem(スチーム)についてご紹介します。 Steem(スチーム)とは、インセンティブ設計がなされたブロックチェーンベースのコンテンツ

Decentralized Exchange(DEX)としての利用

BitsharesはDEXを実行するためのプラットフォームとして利用されています。具体的には、Open ledgerやCryptoBridgeといった分散型の取引所に利用されています。

Bitsharesは以下のような特性によって分散型取引所のプラットフォームとしての機能を実現しています。

Graphereによる高いトランザクション性能

スケーラビリティの問題を解消するために開発されたブロックチェーン技術です。1秒あたり100000トランザクション処理を可能にします。

SmartCoinによる価値のペグ

実物の資産や通貨の価格にリンクした金融資産で、価値が一定です。SmartCoinには、常に1ドルの価値を保つbitUSD、常に1ドルの価値を保つbitBTCなどがあります。

Referral Rewards Programによるアフィリエイトシステム

Bitsharesでは、会員システムが存在し、会員となった他ユーザーは、コード付きのリンクを通じて他ユーザーを紹介することで、紹介されたユーザーが支払う手数料の一部を還元することが出来ます。

このシステムは、Bitsharesネットワーク参加者を増やすために導入されています。このアフィリエイトシステムを利用すると、紹介したメンバーの手数料の何割かを収入としてもらうことができます。binanceなどで導入されているアフィリエイトと似た仕組みであると考えていいでしょう。

このアフィリエイトシステムを運用するためにbitsharesでは、basic、annual、lifetimeという3つのアカウントシステムがあり、登録料なども必要となっています。

詳しくは公式サイトの説明をご覧ください。設計にはPaypalのアフィリエイトシステムが参考にされたようです。

独自発行資産

ユーザーは独自に通貨を発行することが出来ます。自分の資産の保有や、独自通貨を利用した取引を行うことが出来ます。

また、独自通貨の発行者が手数料プール(Fee Pool)と呼ばれる場所に一定量のBTSを溜めておけば、利用者は手数料プールを通じて自動的に両替することにより、独自通貨の送金の手数料をBTSではなくその独自通貨建てで送信することができるようになります。

DAO (自立分散組織)的な運営

bitsharesでは、以下の3つの役割を持つノードがネットワークに参加することでブロックチェーンの運営が実現されています。これらの仕組みは中央集権的な管理者がいなくても運営がなされる自立分散組織的な特質を持ちます。

Witness

WitnessはDPoSの承認によって選ばれたノードで、取引履歴の承認を行います。ビットコインのネットワークにおけるマイナーのような存在で、ブロックチェーンの維持に欠かせない存在です。Witnessには誰でも立候補することができます。

Committee

bitsharesのブロックチェーンの仕様変更に関する提案を行う参加者です。ブロックチェーンの取引手数料やwitnessへの報酬金額等に関する提案を行うことができます。witnessと同様に誰でも立候補することができます。

Worker

bitsharesの関連サービスの開発を行う参加者です。workerも誰でも立候補することができますが、自身の行う作業とその報酬に対する提案を行い、投票によって可決されることが必要です。

以上の3つの役割を持つ参加者がそれぞれに役割を果たすことでbitsharesのエコシステムは自立分散的に発展していくことができます。

Bitsharesの過去のチャート推移・時価総額

(引用)

bitsharesは2回程度大きな高騰を見せています。高騰している理由としては実際にプロダクトが開発されていることや、値段が低く投資家の参入が容易であったことが考えられます。

その後は仮想通貨バブルの影響があり値段を大きく下げていますが現在値段が回復傾向にあるため今後も注目が必要です。

Bitsharesの開発状況と将来性

開発状況

現在は、bitsharesの初代開発者はSteemの開発に移行してしまいました。bitsharesが分散型プラットフォームであることから初代開発者が開発を辞めてしまったとしても、開発自体が止まるわけではありません。

しかし、バックエンドのプロトコルのアップデートが進まず、フロントエンドの開発が先行している状況です。

将来性

Bitsharesは、Rippleに似たアルゴリズムであるDPoSを採用しており、ブロック生成の承認を投票により選出された承認者がトランザクション処理をします。PoS(Proof of Stake)では資産を評価しますが、これはコインの独占という問題を生じさせます。DPoSについても投票の過程で適正な競争が生まれなければ同様の問題が生じると考えられます。

また、取引履歴の承認についても、どうようの問題から、十分な安全性が確保できるかは議論の余地があります。

一方で、実際に利用可能なBitsharesベースのDEXなどは多く存在しており、有用なブロックチェーンです。コインチェックのハッキング事件などの影響でDEXへの需要も高まってくることが想定されており、今後に期待です。

Bitsharesを購入出来る取引所

仮想通貨Bitsharesは現在のところ日本国内の取引所では取扱がないため、購入するには海外の取引所を利用する必要があります。

Bitsharesを取り扱う主な取引所はこちら

  • Binance
  • poloniex

海外の取引所で購入するにしても、まずは国内の取引所でビットコインを購入した後に、送金する必要があるため、国内の取引所の登録は必須です!

まだ、国内取引所の登録が済んでいない方は、以下より簡単に開設が可能です。

「はじめてのビットコイン」では、「GMOコイン」をおすすめしています。

GMOコイン公式へ

まとめ

Bitsharesを要約すると以下のようになります

  • ブロックチェーンをビジネスに普及させることが目的
  • 実際に分散型取引所を運営している
  • DPoSによる承認

以上になります。Bitsharesが目材している世界が実現されることとなれば今後の世界は大きく変化していくことでしょう。


アルトコイン コイン一覧 仮想通貨