ステラ(XLM)はリップルを超えるのか?海外サイトから見る現状と将来性

▼おすすめの取引所ランキング

この記事ではステラ(Stellar/XLM)の将来性について海外メディアの情報をもとに考察していきます。

ステラはリップルを超えることは可能なのか、また近々1ドルを突破可能なのか、ステラについて、よくある疑問を徹底解説していきます!

海外メディアにおけるステラの評価

まずは海外メディアのステラの評価を見ていきましょう。

(参考サイトはこちらですhttp://bitcoinist.com/stellar-xlm-headed-towards-1/

ステラは1ドルに到達するのか

このメディアではステラの価格が1ドルに到達するかという疑問に対し、1ドルに到達しうる要因に関して次の4つをあげています。

  • 2018年1月の最高値更新
  • 取引所数の増加
  • 新たな提携先
  • 新興ICOプラットフォーム

ではそれぞれ本文による解説を見ていきましょう。

2018年1月の最高値更新

ステラは1月3日にATH(最高値)を記録し、その額は90円を上回りました。

その後、すぐに下落したものの、一度90円近くまで上昇したということで、ステラは次回の市場全体の上昇時に1ドル周辺まで上昇する可能性があります。

取引所数の増加

ステラは以前までは3つの主要取引所、「Poloniex」「Kraken」「Bittrex」でのみ取り扱っていました。

しかし、現在では「Binance」「CEX」「Gate」などの多くの取引所で取引可能です。

取引所増加にともなって、取引量が増えると、購入や取引が容易となり価格上昇への大きな要因となります。

新たな提携先

2017年にステラは多くの提携を結びました。最近の提携先としてはSatoshiPay、EXCH One GmbH、PundiX、MoneyMatch、NeoFrame、Streaml、SureRemitなどがあります。

数多くある中でも、SatoshiPayとの提携は影響力が大きく、ステラにとって非常に重要です。

新興ICOプラットフォーム

プラットフォーム系の仮想通貨としてはイーサリアムがメジャーですが、ステラもまたプラットフォーム系通貨です。

さらに、ステラの取引処理スピードはイーサリアムよりもはるかに早く、次世代のICOプラットフォームになる可能性があります。

これらの要因により、ステラの将来性は比較的期待されているというのが海外メディアの見方です。

そもそもステラ(Stellar/XLM)ってどんなコイン?

そもそもステラはどんな仮想通貨なのか、特徴を見ていきましょう。

  • リップルをベースに開発
  • 次世代の送金決済手段
  • 価格変動の抑制システム

では簡単にそれぞれ解説を加えていきます。

リップルをベースに開発

ステラはリップルをベースとして開発された仮想通貨です。

主な共通点は

  • 送金スピードが早い
  • 送金手数料が安い
  • ブリッジ通貨としての機能を持つ

という点です。

リップルが金融機関などの大きな送金の利用を前提としているのに対して、ステラは個人間での送金・決済を目的に開発されています。

次世代の送金決済手段

前項でも説明した通り、ステラは個人間での送金・決済に適しており、ビットコインやリップルに比べて、少額の取引に特化しています。

価格変動の抑制システム

ステラは総発行枚数が1兆枚で、1年ごとに1%ずつ総量が増えていくシステムを採用しています。

また、総数のうち、ステラの開発会社の保有分を5%に設定しているため、大部分が市場に出回るようにしています。

これによって、ステラの価格安定の実現を図っています。

現状、まだ価格の安定の実現には至っていませんが、今後他の通貨よりも安定しやすいシステム作りをしているのは確かです。

リップルを超えることは可能か

今後ステラがリップルを超えられるかどうかの焦点は

  • 時価総額
  • 日本の取引所上場
  • 大手会社との提携

だと考えられます。

時価総額

現状ではステラとリップルの時価総額は大きな差があります。

ステラがリップルを超えるためにはさらに時価総額を高めなければなりません。

日本の取引所上場

リップルの時価総額が高い一つの要因として、「日本の取引所で取り扱っている」ということが挙げられます。日本の仮想通貨取引のボリュームはとても多く、その中でもリップルは日本人にとって人気の銘柄となっています。

日本の取引所に上場し日本人にうまく売り込むことがステラの今後の成長のカギになると予想されます。

大手会社との提携

リップルは多くの金融会社や企業と提携を結び、実用化に向けて開発が進んでいます。

リップルを超えるためには、ステラもまた社会の大きな送金インフラとなれるよう、大手企業との提携が必要だと思われます。

まとめ

この記事では海外メディアのステラへの評論記事を参考に、ステラの将来性、リップルを超えることができるのか、について考察してきました。

仮想通貨の作り出す送金システムの将来には大きな注目が集まっています。

これを機にステラの情報に関して積極的に取り入れていきましょう。


アルトコイン ニュース リップル (ripple) 仮想通貨