【3月8日海外NEWS速報】Binanceで不正アクセス 米国、SECが取引所に警告

▼おすすめの取引所ランキング

Binanceで不正アクセスによる仮想通貨売買

中国の仮想通貨取引所「Binance」でユーザーへの不正アクセスによる仮想通貨売買が起こっていたことが判明しました。

その後「すべての資産は安全だ」と、BinanceのCEOはツイッターで報告しました。

APIキーが流出していた可能性が指摘されており、Binance側は「できるだけ早くアップデートを実施する」と述べました。

参考サイト:https://www.coindesk.com/funds-safe-binance-denies-crypto-hack-rumors/

https://thenextweb.com/hardfork/2018/03/07/binance-accidentally-selling-users-cryptocurrency-bitcoin/

http://www.mag2.com/p/money/398958

SECが声明発表、規制外の仮想通貨取引所での売買に警告

米証券取引委員会(SEC)は7日、規制されていない仮想通貨取引に関する声明を発表し、仮想通貨取引所での売買に関して十分に注意するように警告しました。

SECは発表の中で、「もし取引所が連邦証券法下の取引所としてサービスを提供している場合、SECに登録しなければならない。」と発表しました。

この日はバイナンスの不正アクセスによる仮想通貨売買が行われたことへの不安もあり、ビットコイン価格は一時急落し、10%の下落が起こりました。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/us-cryptocurrency-trading-platforms-must-be-registered-with-sec

https://www.zaikei.co.jp/article/20180308/430439.html

マウントゴックス社の管財人、仮想通貨430億円分売却が判明

以前破産した仮想通貨取引所「マウントゴックス社」の管財人を務める小林信明弁護士は財団の保有するビットコインとビットコインキャッシュ約430億円相当を昨年9月頃に売却していたことを明らかにしました。

財団はさらに2000億円相当の仮想通貨を管理しており、債権者への弁済のために売却することを検討しています。

参考サイト:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-07/P581256TTDS201

http://bitcoinist.com/tokyos-bitcoin-whale-has-sold-400-million-and-thats-just-the-start/


ニュース