仮想通貨Gas(NEO Gas/ガス)とは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

今回は仮想通貨Gas(ガス)とはどんなコインなのかをまとめます。

中国初の仮想通貨NEO(ネオ)との関係も解説。

特徴やチャート価格の解析から解るGasの実力!

2018年Gasの価格は上がるのか?などなどまとめていきます。

Gasとは

名称ガス
単位Gas
最大発行量1億枚
発行日2017年9月
ブロック生成時間15秒
時価総額29,090,256,879円(290億)
時価総額ランキング61位

仮想通貨Gas(ガス)中国初の仮想通貨NEO(ネオ)の燃料通貨として誕生したと言われています。

NEO(ネオ)とはどんな関係性を持っているのか?

燃料通貨とはなんなのか?

Gasの特徴から紐解いていきましょう。

Gasの特徴

それではGasの特徴をまとめていきます。

  • GASはNEOのための通貨
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム
  • NEOの燃料トークン
  • 入手方法が特殊

GASはNEOのための通貨

仮想通貨Gasは仮想通貨NEO(ネオ)の燃料通貨であると前述しましたが、

もう少し詳しく述べると、Gasは中国初の仮想通貨NEOの手数料やマイニングの報酬を支払う為の仮想通貨として誕生しました。

NEOはプラットフォームとして存在しGASはNEOのプラットフォームの中だけで使用する仮想通貨です。

GasはNEOの中でのみ存在する仮想通貨で売買の対象になるものではありませんでした

ところが次々とGasを上場する取引所が現れ、時価総額ランキングトップ100に入るようになりました。

マイニングの報酬や手数料のほかにNEOをウォレットに保管しておくとポイントのようにGasが貸与されます

▼仮想通貨Neoとは

本記事では仮想通貨NEO(ネオ)を解説していきたいと思います。 特徴から将来性、チャート、購入できる取引所までまとめていきます。 忙

▼スマートコントラクトとは

「イーサリアム」を調べていると必ず出会う言葉、「スマートコントラクト」 実はこれ、イーサリアムやその他の仮想通貨を理解するためにも重要な概

独自のコンセンサスアルゴリズム

NEOは独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しており、独自のプログラムでブロック生成者を決めます。

その仕組みはビットコインと比較するとやや複雑です。

①NEO(ネオ)トークン保有者がブックキーパーを選択します。

ブックキーパーとはブロックチェーンへ記帳できる人です。

複数人が選択されます。

②ブックキーパーの中から代表者をランダムに選択

代表者1名はブロックチェンへ記帳が許されます。

残ったブックキーパーは代表者の記帳が正しいかの投票を行います。

③投票の結果66%以上の正を得ることができればブロックチェーンをつなぐことができます

ブロックチェーンがつながればブックキーパーは報酬としてGasを手に出来ます。

ビットコインは不特定多数の人が一斉にマイニングをおこない一番早くマイニングに成功した人にマイニング報酬が支払われます。

66%の正が得られなければ再度代表者の選択からやり直しです。

NEOの燃料トークン

NEOのブロックが生成されるたびにGasは発行され、NEOの燃料トークンとして存在しています。

最大発行数は1億Gasとなります。

発行スピードは初年度が最大で徐々にスピードを緩めていく減退アリコリズムという仕組みになっています。

初年度: 16%Gas発行

4年間  : 52%Gas発行

12年間: 80%Gas発行

22年間:100%Gas発行

1億Gas全てが発行されるまでに約22年かかるとされています。

また、Gasの希少性を担保するためにブロック生成時に発行されるGasの数は毎年減少するようにプログラムされています。

入手方法が特殊

Gasの入手方法は3パターンあります。

①購入する

②ブックキーパーになる

③NEOを保有する

Gasは親通貨でもあるNEOを所有しNeonWalletで保管すると株式の配当のようにGasが貸与される特徴があります。(③)

1NEOをNeonWalletで保管した場合を計算してみます。

1NEO=約約139ドル

1NEOの1年間の配当=0.1073Gas

0.1073Gas=約6.1ドル

1NEOを1年間保管すると0.1073Gasの配当があります。

日本円に換算して約15300円を一年間保管すると671円の配当を受けられます。

当然ですがNEO、Gasのチャート価格によってこの値は増減しますが、Gasが値上がりすればより多くの配当を得られるチャンスもあります。

Gasの過去のチャート推移・時価総額

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/gas/

発行当初からの時価総額ランキングです。

青いラインがGasのラインで黄色が対BTCになります。

Gasは単体では存在できない仮想通貨です。NEOを引き立てるために存在しています。

チャート価格もNEOを基準に考えたほうが良いでしょう。

NEOとGasを比較してみます。

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/gas/

これがGasの価格チャートです。

このチャート価格と同じ期間を切り出したNEOの価格チャートと比較してみます。

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/neo/

ほとんど同じ価格チャートです。

Gasのチャート価格はNEOに大きく影響されているのが分かります。

GasとNEOのチャート価格を分析してみます。

GAS 2017年

最低価格:約1.7ドル 

最高価格:約42.7ドル

約25倍の値上がり

NEOは2017年で800倍の値上がりをしました。

NEOは超巨大企業アリババとの事業提携を発表しています。

NEOの持つスマートコントラクトの技術でアリババのセキュリティー向上と決済の利便性を図る目的のようです。

1月の大きなチャート価格上昇は「2018年ブロックチェーングローバル開発フォーラム」でNEOとGasの開発者が登壇し発表したことがきっかけのようです。

他の仮想通貨の多くが2018年以降チャート価格を下げているのに対しNEO、Gasともにチャート価格は下がっていません。

中国の仮想通貨は他の仮想通貨とは違う動きをするのかもしれません。

自由経済から大きく統制経済へ舵を切っている中国は仮想通貨のチャート価格も当然に国が関与するでしょう。

Gasの開発状況

Gasのチャート価格はNEOに引っ張られていることがわかりましたのでNEOに絞って記載します。

  • スマートコントラクト
  • ソーシャルネットワーキング
  • 未来予測事業
  • データ交換事業
  • 知的財産取引事業
  • 広告配信事業
  • 分散型取引所
  • 自動トークンプロバイダ

ここに挙げたものはNEOに実装が可能だと言われています。

汎用性の高さがNEOの特徴でしょう。

プラットフォームとしてNEOを利用するエンジニアもいます。

NEOのプラットフォーム上で活動するアプリが増えればNEOの利用価値はさらに高まりそうです。

NEOのチャート価格が上がればGasも同じように価格が上がります。

Gasの将来性

良くも悪くも中国の仮想通貨です。

中国当局の規制次第ではどのようにでも転がるでしょう。

2017年ICOに対する規制を中国当局が発表しました。

今後も当局の規制は厳しくなると予想がされています。

同時に2020年までに全ての分野をデジタル化するという計画も発表されています。

デジタル化のキーになるのはNEOでしょう。

当局の指導のもと急速にNEOは拡大するという見方もあります。

デジタル化は大きな流れです。

NEOは右肩上がりで上昇を続けていくと予想します。

Gasを購入できる取引所

国内では購入できませんので海外の取引所で購入する必要があります。

・binance

中国の取引所です。

仮想通貨取引高が世界1位の取引所です。

・Kucoin

独自通貨であるKuCoinを購入できる取引所です。

70種類以上の取り扱い仮想通貨があります。

[adsLink11]

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Gasはこんな仮想通貨でした。

  • NEOの燃料トークン(仮想通貨)
  • Gasの価格はNEOによって決まる
  • NEOはアリババと業務提携している
  • 2018年NEOは大きく価格上昇するかも!?

高い確率で価格チャートが上昇すると予想できる仮想通貨がNEOです。

長期保有で購入してみたい通貨です。

中国当局は大きな流れの中で仮想通貨容認へ進んでいくと思われます。

仮想通貨での人民元の海外持ち出しは規制を受けるでしょう。

調整局面を繰り返しながらも右肩上がりは続くのではないでしょうか。


アルトコイン コイン一覧