仮想通貨0x(ZRX)プロジェクトとは?特徴と過去チャート、将来性をまとめ

▼おすすめの取引所ランキング

このところ耳にするようになった0xプロジェクト。これを知れば、仮想通貨の将来像を先取りできるかもしれません。この0xプロジェクトは、イーサリアム上で発行されたトークンを自由に交換する仕組みを実現するためのものです。

0xとは

0xとは、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたトークンを自由に手軽に交換するための仕組みです。0xを利用すると様々な分散型のアプリ(Dapps)の専用トークンを低コストに交換することが可能になります。

今後、独自のトークンを持った様々なアプリが登場してくることを想定すると、0xのような仕組みは必須のものといっていいでしょう。

0xで交換が可能なものは、ERC20トークンと呼ばれるイーサリアム上で発行されたトークンです。

ERC20トークンについてはこちらの記事をご参照ください。

本記事では仮想通貨のイーサリアムやトークンを調べているとよく出てくる「ERC20」とは何かをわかりやすく解説していきます。 これを読んでERCの意

0xの特徴

名称0x /ゼロエックス
単位0x
発行日2017年8月11日
発行上限枚数1,000,000,000 ZRX
最大発行枚数1,000,000,000 ZRX
海外取引所Binanceなど
国内取引所

0xを利用した分散型取引所はこれまでの分散型取引所とどう違うのか?

0xはイーサリアム上で発行されているERC20トークンを交換する分散型取引所を実現するための仕組みです。分散型取引所というのは、「コインチェック」や「ビットフライヤー」などに代表される中央集権的な取引所に対比した表現で、管理者のいないブロックチェーンによって運営される取引所のことを指します。分散型取引所(DEX)については以下の記事をご参照ください。

今回は、現在注目を集めている分散型取引所(DEX)についてご紹介します。 コインチェック事件にあったように、中央集権型の取引所はハッキングリスクが高いのは

イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型取引所は、これまでもEtherDeltaなどが存在していました。0xがこれらの分散型取引所と異なる点は、注文情報の管理をブロックチェーン外で行う点です。EtherDeltaなどの既存の分散型取引所は、注文の作成処理やその管理をブロックチェーン上で行っていたため、手数料が高く性能もよくなかったのです。

0xでは、リレイヤーと呼ばれうノードが注文情報の管理をブロックチェーン外で行うことで、低手数料で高性能なDEXの実現を目指します。ただし、注意してほしいのは0xは分散型取引所を実現するための仕組みであって、取引所自体ではない点です。分散型取引所の通信仕様を定めている規格(プロトコルと呼ばれる)と思った方がいいでしょう。

0xのリレイヤー

0xでは、リレイヤーと呼ばれる存在が、イーサリアム上にあるスマートコントラクトと通信し、取引情報をユーザの利用しやすい形にして提供します。

0xの仕組みでは、リレイヤーがユーザに向けて公開するAPIは標準化された仕様が存在します。通信規格が明確に決められていることによって、ユーザ及びリレイヤーがそれぞれ0xを利用しやすくなり、トレードの流通量を確保することができます。

以上のことから、0xは、分散型の取引所というよりはトークン交換のための通信仕様であると理解した方がいいでしょう。この通信仕様を利用すると、アプリやブラウザ上で簡単にトークンを交換することができるようになります。

今後は0xの通信仕様を搭載したEthereum互換のアプリケーションが多く登場してくるかも知れません。0xの機能を組み込むことで、ユーザが取引所を利用しなくても独自トークン対応アプリを利用することができるようになります。

0xの過去のチャート推移・時価総額

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/0x/ より引用

2017年2月末の時点で時価総額は、55,554,862,423円で価格は107.98円、ランキングは43位となっています。公開から数日で価格は0.429ドル(47.19円)まで上がり、その後0.35ドル前後で推移しています。

2017年9月初旬には、0.21ドルまで下がったものの、3日ほどで0.29ドルまで持ち直しています。しかしそれも束の間で、すぐに0.21ドルに下がり、それ以降そのまま推移しています。

2017年12月上旬頃から動きが見られ、12月22日には0.585ドルを越え、2018年1月14日の2.39ドル(262.9円)まで上がっています。しかしその直後急落し、下がり傾向は続き1月17日には、1.11ドルまで下がります。

この一連の暴騰暴落の原因は、税金対策による利益確定などが考えられます。また中国人民銀行の副総裁の取引禁止を示唆する発言で1月の仮想通貨が軒並み下がった時もほぼ同様な動きをしていたと言えます。

その後1月から2月にかけて、2回ほど上昇に転じますが、2月6日には、0.73ドルまで落ち込みます。それ以降1.01ドル(111.1円)前後で推移しています。ビットコインダークなどは2018年2月のBittrex上場入れ替えの際に廃止となっていますが、0x(ZRX)は上場されています。

0xの開発状況と将来性

開発状況

0xプロジェクトは、Will Warren氏とAmir Bandeali氏が立ち上げています。CEOのWarren氏は、UC San Diegoで機械工学を学びLos Alamos 国立研究所に所属し、CTOのBandeali氏は、イリノイ大学でファイナンスを学び、DRWで債権トレーダーでした。

これらのメンバーがイーサリアム上で発行されたERC20トークンをより手軽にトレードする方法を実現するために開発に取り組んでいます。既に0xはスマートコントラクト、リレイヤー、DEXなどがそれぞれ開発されており利用可能な状況になりつつあります。

つい先日も(テストネットですが)国内初の0xを利用した分散型取引所が実現されたと話題になりました。興味がある方はこちらで利用可能ですのでご参照ください。

https://zoomex.fun/

将来性

今後、ERC20トークンを搭載した分散型のアプリケーションが増えてくるという状況を想定すると、0xのように手軽なトークン交換の仕組みは非常に将来性のある分野であると考えられます。

ただし、0xの仕組みが流行ることと、ICOで発行された0xトークンに価値がつくことはまた別の問題ですので注意しましょう。

0xを購入できる取引所

中国の取引所のBinanceが全取引量の半分以上を占めていますが、Ethfinex、Bittrex、Bithfinex、Poloniexなども扱っています。しかしいずれも海外の取引所になりますので、国内取引所でビットコインなどを購入してから、Binanceなどに送金して購入することになります。

まだビットコインやイーサリアムを持たれていない方は ビットフライヤー などの取引所で購入することをオススメします。

日本語表示もあるBinanceは、手数料が0.1%になっています。取扱う仮想通貨の数は70種類以上なので、他の狙い目の通貨も購入できます。また0x(ZRX)は、ビットコイン建て以外にもイーサリアム建てで購入ができます。今後国内の取引所で扱うことを期待したいところです。

まとめ

  • 0xはERC20トークンを手軽に交換可能なDEXを実現するための通信仕様。
  • レレイヤーと呼ばれる存在がイーサリアムとの通信を簡単な形にしてユーザに提供してくれる
  • 今後、ERC20トークンを利用したDappsが増えてくると活躍するかも

アルトコイン コイン一覧 仮想通貨