ビットバンクトレード(bitbankTrade)の特徴・評判・手数料まとめ!

▼おすすめの取引所ランキング

この記事ではbitbankTrade(ビットバンクトレード)について、特徴・評判・手数料を徹底的に解説していきます。

ビットバンクトレード(bitbankTade)は安全にビットコインFXを行うための取引所です。

ちなみに現物取引はビットバンクの方なので注意してください。

本記事は仮想通貨取引所である「  」の概要から登録方法・使い方・手数料・評判をまとめていきます。 ビットバンクは他の国内取引所と比べて比較

概要

運営会社ビットバンク株式会社
資本金11億3100万円
設立2014年5月
取り扱い通貨BTC
セキリュティ2段階認証ログイン

コールドウォレット

マルチシグネチャウォレット

現物取引手数料0%
信用取引/先物取引手数料最大20倍
日本円出金手数料324円
BTC出金手数料0.0005BTC
入金方法銀行振込

ビットバンクトレードの特徴

bitbankTradeの特徴を見ていきましょう。主な特徴は以下の通りです。

  • レバレッジ20倍まで可能
  • 追証がない
  • 簡単に登録できる
  • 24時間年中取引可能

それではそれぞれ解説を加えていきます。

レバレッジ20倍まで可能

bitbankTradeのレバレッジは最大20倍まで可能です。レバレッジとは小さな資金で大きな資金を動かすことのできるFXならではの特徴です。

そのレバレッジが最大20倍まで可能なので、利益も最大20倍にすることができます。このシステムによって効率よくレバレッジ取引を行うことが可能です。

追証(おいしょう)がない

bitbankTradeでは追証がないというのが大きな特徴です。

レバレッジをかけるときに一定の金額を口座に預けなくてはいけません。これを証拠金と言うのですが、その証拠金を下回ると追証となり、追加で資金を支払う必要が出てきます。

しかし、ビットバンクトレードでは追証がないので、そのまま持っておくか、決済するかを選べます。

簡単に登録できる

bitbankTradeはとても簡単に登録することができます。

Lv.1tpとLv.2の登録段階がありますが、Lv.1の登録はメールアドレスと携帯番号の登録のみで完了するのでとても簡単です。

国内FX事業者はどこも口座開設に1週間くらいかかりますが、ビットバンクトレードは2分程度で登録がすみます。

身分証の登録などは時間の空いた休日にすればいので、Lv.1までの登録は手早く終わらせてしましましょう。

bitbank TRADE公式へ

24時間年中取引可能

bitbankTradeでは24時間年中無休で取引を行うことができます。

平日の夜や休日にまとめて取引を行うことができるので、平日の日中の忙しい人にはぴったりです。

手数料

bitbankTradeの手数料を紹介していきます。

手数料がどれくらいかかるのかを把握しておくのは損益計算において大事なのでぜひ知っておきましょう。

手数料の種類

手数料は多く分けて、

  • 「取引手数料」
  • 「BTC預入引出手数料」
  • 「キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)」

の3つが存在します。

それぞれ表にして見ていきましょう。

手数料一覧

取引手数料0.01%
BTC預入引出手数料0.0005BTC
キャピタルゲインフィー0.20%

手数料はこのようになっています。

ちなみに、預入に関しては手数料は発生せず、出金の時のみの徴収になります。

▼忙しい人向けにまとめ!仮想通貨取引所の手数料ランキング! 【1位】bitbank(ビットバンク) イーサリアム、リップル、MONAなどの厳

世間での評判

ツイッターに書き込まれていたビットバンクトレードの評判を紹介します。

少額から始めることができる

追証がないビットバンクトレードでは少額からFXを始めることが可能です。

興味があるだけであまりお金は使いたくないと言う人は、少額だけ入金してトレードすることが可能です。

手数料はやや割高

ビットバンクトレードは手数料がやや割高だという印象があります。

トレードの際には手数料分でマイナスにならないように計算しておきましょう。

まとめ

この記事ではbitbankTradeの特徴・手数料・評判について解説してきました。

レバレッジ取引はうまく倍率を調節すれば効率よく利益を伸ばすことができる取引方法です。

現物取引に慣れてきた方はぜひ始めてみてください。


仮想通貨取引所 未分類