ビットコインは今後どうなるか。価格は上がるのか?将来性を解説します!

▼おすすめの取引所ランキング
<本記事の要約>

忙しい人向け!ビットコインの将来性

  • ビットコインはメールのように送受信できるお金
  • ビットコインの技術は革新的で応用が利くため将来性が期待されている
  • ビットコインの世界が来るかは今後のお楽しみ


最近何かと話題になっているビットコインなどの仮想通貨

株やFXのようなものというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

そのようなイメージが先行してしまい、ビットコインは何なのか・どういう風に使われるものなのかあまり知られていないように思います。

「ビットコインや仮想通貨って何がすごいの?」

「その将来性は?」

「未来で使われるようになるの?」

「新しい経済を作るの?」

こんな疑問を解決できるようにわかりやすく解説していきます。

そもそもビットコインとは?

ビットコインや仮想通貨とは、一言で表すと”メールのように気軽に送受信出来るお金”です。

まさしくメールのように、仮想通貨はインターネット上にしか存在しません

▼ビットコインをより詳しく

本記事では初めての方向けにビットコインについて分かりやすく説明をしてみようと思います。 初めての人にとって、ビットコインは何に使われるのかもよくわ

なぜ実態のないものが価値を持つのか、また、電子マネーとはどう違うのか?

ビットコインの革新性

ビットコインは将来性を持っているのか。

ビットコインの革新的な点は何よりも、暗号化技術にインセンティブ設計を組み込んだブロックチェーンを利用することで、P2Pのやりとりでもトラストレスな状況を作り出した点です。

この概念こそがビットコインの最も革新的な部分なのです。

ビットコインは何がすごいのか

それではビットコインはなぜここまで注目され、将来性を期待されるのか?

主にこのような点が挙げられます。

  • ブロックチェーン技術を利用
  • 国境なく送金、支払いなどが可能
  • テクノロジーが応用できる

ブロックチェーン技術を利用

ビットコインのすごさを語る上で、一番最初に挙げられるのが「ブロックチェーン」の存在でしょう。

ブロックチェーンはビットコインを動かしている基盤的なネットワークのことで、元々はビットコインのために生み出されたものです。

これまでの銀行などによる中央集権型の管理では資産の管理に多額の人件費が発生したり、中央システムへのハッキングのリスクが存在するなどしていました。

ブロックチェーンによる分散型の管理が進めば、取引の手数料が削減され、ハッキングに対するセキュリティも向上させることが可能です。

▼ブロックチェーンとは?

忙しい方向け!ブロックチェーンとは? ブロックチェーンとは、一言で言えば新しいネットワークシステム ブロックチェーンの特徴は「非中央集権

国境なく送金、決済が可能

ビットコイン送金には国境に関係なく、一律の手数料で送金、支払いをすることが可能です。

既存の金融システムでは、国境をまたぐ送金の場合、人間が手作業で不正な送金が行われていないかを入念にチェックするため多額の手数料が発生することが課題でした。

ビットコインの取引の正当性はマイナーと呼ばれる有志の人たちによって証明され、マイニングの報酬として、新規発行されたビットコインがマイナーに与えられるので、高額な手数料は発生しません。

ただし、近年ビットコインの利用者数が増加し、送金遅延による手数料の高騰が生じている課題があるのも事実です。

▼送金速度が遅く、送金手数料が高くなる

ビットコインの「スケーラビリティ問題」

仮想通貨やビットコインを勉強し始めるとよく聞く「スケーラビリティ問題」。 これはビットコインの将来性を大きく左右する問題だと言われ

テクノロジーが応用できる

現在1000種類以上あると言われる仮想通貨ですが、元々はビットコインから派生して広がったものです。

そして、ビットコインのテクノロジーは他の多くの分野に応用することが可能です。

例えば、時価総額第2位の仮想通貨、イーサリアムにはスマートコントラクトという、ブロックチェーンに契約を保存する機能があります。

この機能を用いれば、ICOという株式でいうIPOのシステムを導入し、資金調達を容易に行うことができます。

このように、ビットコインの持つブロックチェーンの技術を応用すれば、通貨の枠をも超えたあらゆる分野への応用が可能となります。

ビットコインの未来

インターネットやメールの出現は、情報を自由にしました。

それら以前にもリアルタイム性を持った通信手段は電話や電報等ありましたが、国や企業の固有のサービスに依存していていつでも誰でも自由に使えるという状態からは遠いものでした。

現在のビットコインを取り巻く状態はこれに似ています。

価値の移転をリアルタイムに実現する技術はありますが、それらは国や銀行・大企業に依存していて、自由からは遠いです。ビットコインは誰でも自由に使える価値の移転方法としてメールのように日常的に利用されるようになるかも知れません

ただし、ビットコインの技術はインターネットに比べると複雑で課題が多い事は否定できません。本当に理想通りの自由なお金が実現可能であるか?については結論が出ていません。技術だけではなく政治的な側面でも問題を多く抱えています。

ビットコインが今後、いかに理想と現実、技術と折り合いをつけて社会に広がっていくのか?本当に未来を変えるのか?今は非常に面白い状態です。

まとめ

  • ビットコインはメールのように送受信できるお金
  • ビットコインはいつでもどこでも誰でも使える
  • ビットコインの世界が来るかは今後のお楽しみ

もしこの記事を読んで少しでもビットコインの今後に興味を持ったら、ちょっとだけ買ってみたり使ってみたりする事をお勧めします(あくまで取れる範囲のリスクで)。

実際に投資をしてみる、お金を払ってみる事で興味や情報感度が格段に変わってきますので。

▼こちらのバナーから登録可能です。

GMOコイン公式へ


ビットコイン (bitcoin) 仮想通貨