【3月12日海外NEWS速報】マイクロソフト、1日で40万件以上のハッキングを阻止 バイナンス、ハッキング犯の逮捕に25万ドルの賞金

▼おすすめの取引所ランキング

マイクロソフト、1日で40万件以上のハッキングを阻止

マイクロソフト社のWindows Defender Antivirusは3月7日のMicrosoftのブログ記事にて、12時間に渡り40万回以上のマイニングプログラムを埋め込むサイバー攻撃を阻止したと発表しました。

このサイバー攻撃の大半(73%)はロシアからのもので、その他トルコからが18%、ウクライナからが4%でした。

最近では暗号通貨に関するサイバー攻撃が増加しており、2018年の1月時点で、世界中の企業の55%以上が仮想通貨マイニングの被害を受けています。

参考記事:https://cointelegraph.com/news/microsoft-blocked-more-than-400000-malicious-cryptojacking-attempts-in-one-day

バイナンス、ハッキング犯の逮捕に25万ドルの賞金

中国の仮想通貨取引所Binanceは3月11日、3月7日に起こったハッキング事件の犯人の逮捕の賞金として25万ドル相当のBNB(Binance Coin)を提供することを発表しました。

この発表によると、賞金を与える対象となるのは、法的逮捕の結果となる情報を最初に提供した人です。

最終的な逮捕に繋がる情報源が複数ある場合、賞金は出所の数に応じて分散して支払われるとのことです。

参考サイト:https://cointelegraph.com/news/binance-offers-250000-bounty-for-arrest-of-hackers

FSMAが取引所の不正行為に関して警告

ベルギーの金融監視機関のFSMA(Financial Services and Markets Authority)は不正行為に関与する全ての仮想通貨取引所に対して、警告を発表しました。

FSMAは消費者から苦情の寄せられている19の仮想通貨取引所の一覧を公開し、「詐欺の兆候を確立している」と述べました。

苦情の種類としては「投資した資金が返還されない」「投資をした後、取引所へのアクセスができない」といったものがありました。

参考サイト:https://ambcrypto.com/fsma-warning-19-cryptocurrency-trading-platforms-involved-for-fraudulent-activities-in-belgium/

CboeのBTC先物期限、水曜日に迫る

シカゴ・オプション取引所(Cboe)でのBTC先物取引の取引期限が、最も近いもので今週の水曜日に迫っています。

先週、最高値は11710ドル、最低値は8380ドルのボラティリティを記録しました。

仮想通貨取引業者はSECに登録しなければならないと発表したことが、価格変動の大きな理由と考えられます。

ビットコインには物理的な側面がないので、先物取引の全ての契約は水曜日14時45分に締め切られます。

締め切りに向けてさらにボラティリティが大きくなる可能性があり、値動きに注目です。

参考サイト:https://www.forbes.com/sites/chuckjones/2018/03/11/bitcoins-next-futures-expiration-is-this-wednesday/#7ae972595ef9

Bithumb、韓国のレストランに仮想通貨用のキオスク整備を計画

韓国の大手仮想通貨取引所Bithmbはレストランやカフェに仮想通貨用のキオスクを整備する計画を発表しました。

Bithumbは声明で、「キオスク事業への参入は、中小企業の経営者に大きな利益と低コストのサービスを提供し、私たちはBlockchain技術に基づいて様々な業界で活動を続けるつもりだ。」と発表しました。

参考サイト:https://coinjournal.net/bithumb-to-bring-cryptocurrency-kiosks-to-south-korean-restaurants/


ニュース 仮想通貨